お台場でVRデート!VirtuaLink(バーチャリンク)で宇宙旅行。〔PR〕

あそびのジャンル
タグ

プラネタリウムを運営するコニカミノルタが、VR施設をオープン!

 

近未来的な新施設から、宇宙旅行に出かけましょう

 東京スカイツリータウン®、池袋サンシャインシティの2か所にプラネタリウムを運営するコニカミノルタプラネタリウムが、「VirtuaLink(バーチャリンク)」と呼ばれる〝人と人がつながる″をテーマにした新しいVR(バーチャル・リアリティ)体験施設をオープン!

 VirtuaLinkは内装にもすごく凝っていて、施設内に入ったその時から異世界感を楽しめます。かっこいい施設は、デートや女子同士のおでかけにぴったり!

東京テレポート駅で待ち合わせ。

東京テレポート駅の改札は1つ。ダイバーシティにはB出口を利用します。フォトジェニックな歩道橋を渡ったらすぐ、ダイバーシティに到着。

 ダイバーシティの最寄り駅はりんかい線の東京テレポート駅、ゆりかもめの台場駅となっていますが、VirtuaLinkに行くのには東京テレポート駅が便利。駅の出口を出るとまっすぐ先にダイバーシティが見えます。歩道橋を渡ったら、もうそこがダイバーシティの入り口。

 VirtuaLinkは、入口からエスカレーターを上がってすぐの場所にあります。歩く時間も少なく、暑い日や寒い日でもあまり気にせず来れる距離です。

 

カウンターで“搭乗券”を受け取ります。

 

デートのときはあらかじめ予約しておくとよりスマートですね

 まずはチケットカウンターで“搭乗券”をゲット。事前予約をしている場合、名前と予約番号を告げると予約した回の分を渡してくれます。入場券ではなく、BORDING PASS、搭乗券というところもかっこいい!

かっこいいデザインにテンションもあがります

 もちろん当日空きがあれば、その場でチケット購入もできます。午前中は比較的空いていますが午後は混み合うこともあるため、確実に予定を押さえておきたいなら、追加料金もかからないオンライン予約が安心です。

オンライン予約はこちらから

席を案内されるので、同行者がいるときは一緒に入場しましょう

 時間になったら搭乗券を渡して、いざ搭乗です。

 

宇宙をイメージしたコスチューム。

宇宙をイメージしたかっこいいコスチューム

 バーチャリンクの体験では、サポーターと呼ばれるクルーの方が体験をサポートしてくれます。サポーターの方のコスチュームにも注目。月面がデザインされた宇宙的なコスチュームは、VirtuaLinkオリジナルのもの。近未来的な雰囲気がかっこいいです。

すごく豪華な席!

 サポーターさんに案内されて、自分の席に到着。タマゴのような宇宙船です!

思わず目を合わせてしまいます。ちょっと照れくさい。

 重厚な革のソファに、すっぽりと包み込まれるようなたまご型のポッド。ここに座っただけでワクワクしてきます。

 席は同行者と隣になるように案内してくれます。みんなと同じ空間で一人ひとり独立しているのに、二人の距離が近い感じがしますね。ちょっとドキドキ。

ヘッドセットは大きいですが軽いです

 体験に向けて準備を開始。目の前にあるモニターの指示にしたがって、ヘッドセットを装着します。

丁寧に説明してくれるサポーターさんがいるので、初めてのVR体験でも安心です

 頭の後ろとゴーグル部分にそれぞれボタンがあるので、そこを押して動かしながら、ゴーグル内でピントが合うようにヘッドセットを調節します。この時、サポーターさんが席にまわってきてくれるので、不安に思ったらなんでも聞いてみてください。ヘッドフォンを装着するとナビゲーターさんが生の声で皆さんの体験をサポートしてくれます。ナビゲーターさんによっても、一緒に参加するお客さんによっても、これから先の体験が変わってくるので、ライブ感を楽しめます。

「ワンダーポッド」を体験!

ゴーグルの中で見える視界がこちら。目線を動かして選択します

 ヘッドセットが装着できたら準備完了。いよいよ「ワンダーポッド」を体験です。最初に性別と星座を選びます。選ぶといってもどこにもレバー的なものがないんだけど…と思っていたら、視線を向けることで見ているものを選択する、という方式。最初はちょっと視線の持っていきかたに戸惑いますが、すぐに慣れてきます。

隣の人は蟹座ですね!

 星座を選ぶと、ヘルメットのデザインが星座をイメージしたものに変わります。隣の人を見たり、隣の人のヘルメットに映っている自分の姿を見たりして話が弾みます。

 ちなみにヘッドホンをしているのですが、実はこのヘッドホン、外の音も拾えるようになっています。少し大きい声を出せば隣の人と会話ができるので、会話も楽しみながら体験をするのがおすすめです。

目の前に広がる宇宙空間に感激!

 宇宙船に乗り込んでくれた小さいナビゲーターとともに、いよいよ宇宙へ出発!宇宙船のシールドが開くと、頭上にも後ろにも、360度ぐるりと星空が広がります。丸いものは他の人が乗っているポッドです。自分の周り、足元までグルっと取り巻く天の川を眺められるのはVRで行く宇宙旅行ならではの貴重な体験。

 しかもこれらの星、適当に散らばっているのではないのです。プラネタリウム直営館ならではのノウハウを生かし、実際の天体の位置に合わせてマッピングされているとのこと。本物の宇宙空間にいると思うと、さらにテンションが高まります!

 

ミッションは地球防衛。

ボールを投げてパズルを完成させます

 まずは地球、月、星座のチームに分かれてパズルに挑戦。視点で選択したボールを投げ、宇宙の景色を完成させていきます。白いボールはチャンスボールなので、ペアの人とタイミングを合わせて投げましょう。制限時間内に地球・月・星座を完成させないと、その後ずっといびつな景色を見続けることに…。

バリアの部分を見つめると、地球を守るバリアが大きくなります!

 のんびり楽しんでいると、地球に隕石が襲来したとの警報が!今度はバリアを張って隕石をどうにか防ぎます。このときは、会場にいる全員で協力!隕石はあらゆる方向から飛んでくるので、参加者全員で分担してバリアを張れるようにがんばります。うまくいっていないときは、ナビゲーターの人が「右、右!」「上からも来てますよ!」と生解説でサポートしてくれます。

 

無事全部の隕石を防いだら、地球防衛成功!

 ミッション完了の証として、特別にシール(配布期間未定)をもらえました。防衛の成功率はなかなか低いとのこと…。失敗すると、せっかく作った地球が…。またチャレンジしてみたくなります。

楽しかったね!思わず笑顔です

 VRというと酔ってしまう、怖いというイメージから敬遠する人もいがちですが、この体験は視点が振られないので変に酔うことが少なく、内容もショッキングなものではありません。VRをやってみたかった人、他のVRをやってちょっと抵抗があった、という人も安心して体験できるので、おすすめです。

 

宇宙にまつわるおみやげをチェック!

グッズコーナーでは施設を利用しなくても購入できます

 チケットカウンター横のスペースでは、宇宙にまつわるアイテムを販売中です。帰りにはこちらもチェックすることをおすすめします。

どっちがいい?彼におねだりしてみても

 何が人気ですか?とクルーの方に聞いたら、やはり宇宙食とのこと。バニラアイスにエビグラタン…⁉うーん、どういう味なのでしょうか。「宇宙グミ」なるものも見つけました。

ガチャっておとなになってもワクワクしてしまいます

 ぜひ挑戦してほしいのが、ガチャガチャ。このガチャガチャの機械は、VirtuaLinkのために作られた世界でここだけのもの。確かに宇宙模様のガチャ機なんて見たことない!今回は「天体観測ハンカチ&ポーチ」のガチャにチャレンジ。何が出るかな…。

宇宙好きは気に入ること間違いなしです

 じゃん!木星のポーチでした。リップやコンパクトを入れるのに使えそう!ガチャガチャのカプセルより大きいサイズのものが出てくるというのもなんだか楽しいです。

 体験自体は30分ほどで、ショッピングや散策の間に気軽に異世界を体験できる施設でした。次の休みは大事な人と一緒に宇宙旅行に出かけてみませんか?

 

コニカミノルタ VirtuaLink in ダイバーシティ東京 プラザの基本情報

料金

1名 1,500円(税込)

※障害者割引 1,500円→750円(税込)
体験当日に障害者手帳を持参。介助の方も1名まで半額で入場可能です。

体験日の14日前より、オンラインチケット予約が可能です。決済はクレジットカードのみとなり、お客様都合による変更・返金はできません。

チケット予約はこちら!

対象年齢

12歳以上

営業時間

10:00~21:00(電話受付は10:00~19:00)

休館日なし、年中無休です。

体験時間

各回約30分です。各開始時間など、詳しくは公式サイトをチェックしてください。

※車いすでの利用可能回あり

 

前の記事へ 次の記事へ