砂丘でヨガ。日本でここだけの、大地のパワーを感じられる瞬間。

あそびのジャンル
タグ

asoview!のサイトに使われている何枚もの写真。
その中でもずっとずっと気になっていたのが、この写真です。

広大な砂丘、それを照らす美しい夕日。
その中で、ヨガ!

日本ではおそらく、ここだけ。
砂丘でヨガをするって、どんな体験なんだろう?

好奇心をおさえきれず、鳥取へと旅立ちました。

日常のすぐそばにある異世界

鳥取砂丘は、南北2.4km、東西16kmに広がる広大な砂丘。
鳥取空港に向かう飛行機からもよく見え、その大きさを実感できます。

鳥取空港や市街地からは、車で約15分。
街がすこし途切れた、と思ったら突然、目の前に砂丘があらわれました。

砂丘の真ん前の「砂丘の家 RAY GARDEN」で集合して、体験スタート。
カラフルなヨガマットを借りたら、「砂丘YOGA®」主催のエリコさんの案内で砂丘へと出発です。

さくっ。足の裏の感触がきもちいい

ヨガをする場所は、砂丘のまんなかあたり。
砂丘の中を15分ほど裸足であるきます。

日が落ち始めた砂丘は、風がすこしひんやり。
でも、足の裏で感じる砂は、驚くほどあたたか。
砂が昼の太陽の熱を持っているのだそうです。

足元には、ちいさな命との出会い。
ちょっと見逃してしまいそうなことも、エリコさんが教えてくれながら歩きます。

なんだか歩いているだけでも、気持ちよくなってきたかも。

海の見える場所についたら、いよいよヨガスタートです。

体全体で地球を感じる

ヨガ初心者のわたし。
まずは呼吸をととのえて、体いっぱいで地球を感じます。

砂丘のなかは、音がほとんどきこえません。
あたたかい砂の上に寝そべって、目を閉じているだけで、
だんだんと自分が空気にとけあっていくような…
そんな気持ちになってきます。



呼吸をあわせて、エリコさんの声を聞きながら体を動かしていると、
いつもはできないポーズも、できるようになってきた気がします。

だんだんと海に沈む夕日。
太陽のパワーも、体いっぱいに受けて…
日が沈むその瞬間も、しっかりと目に焼き付けます。

あたりが夕闇に染まっていく時間。
いつの間にか、海には漁火。

この時間がずっと続いてほしい、そんなことさえ思ってしまいます。

心も体もリフレッシュできる、特別な時間。
このためだけに鳥取に行ってもいい。
それぐらいおすすめできる体験です。

このプランをみてみる

前の記事へ 次の記事へ