0~9歳|那須りんどう湖レイクビューを【1000円以下】で楽しむには?〔PR〕

あそびのジャンル
タグ

「那須りんどう湖レイクビュー」は、遊んで遊んで遊び尽くす!というよりは、ゆったり過ごしたい家族に最適なテーマパーク。那須唯一の湖からのマイナスイオンを感じながら、「のんびり、時々、アトラクション」のリズムで”家族時間”を過ごしましょう。でもやはり気になるのは、「時々、アトラクション」ですべきこと。ここには30を超えるアトラクション&体験がありますが、「子供の年齢」と「一人1,000円以内」という二つの条件で、コレ!というものを厳選しました。(※1,000円には入場料やランチ代、お土産代などは含みません)

まずは2018年夏のイベントニュースをお届けします!


 「那須りんどう湖レイクビュー」では、7月15日(日)、8月5日(日)、10日(金)~16日(木)、19日(日)の10日間、「第24回りんどう湖花火大会」を開催! りんどう湖史上最大となる3000発は、打ち上げ花火のみならず、水上花火や水中花火もあり。観覧席は全席予約優先のため、迫力ある花火をゆったり、焦らず楽しめます。予約、問い合わせは☎0287-76-3111まで。詳細は公式ホームページをチェック!

 

 

レトロでかわいい園内マップ。左下、うさぎちゃんのいる場所がエントランス。5歳以下におすすめのエリアは、わんちゃんの見える中央広場周辺、6歳以上には右側のアスレチック付近です。ちなみに牧場エリア(右上)は全年齢要チェックなり!

 

INDEX

 

0~2歳の子供と一緒!1人1000円以下の正しい過ごし方は?

 まだアトラクションに挑戦できない0~2歳のお子さんは、パパママとゆったり乗りものを楽しんだり、園内を散策したり、牧場エリアで動物とふれあったり。それでは、1人1,000円以下で過ごす際のおすすめを見ていきましょう。

 

遊覧船|のんびり景色を楽しみます。

実はりんどう湖、那須で唯一の湖なのです。遊覧船は片道1人につき400円。

 この年代のお子さんと過ごすのなら、のんびり過ごせる遊覧船がおすすめです。晴れた日の気持ちよさは格別ですが、雨が降ってしまった時でも問題なく湖上散歩を楽しめます。

 船に乗る体験はそうそうないので、乗り物好きなお子さんならずともワクワク! 高原の涼しい風に吹かれながら、船上から那須連峰を一望できます。船上でのくつろぎ時間は、家族写真を撮るにはとっておきのチャンスです。

 

Cloudy Cream(クラウディクリーム)|パパママにもご褒美を!

ここでの出費は1,000円。お子さんにはちょっとだけ分けてあげましょう。

 パパママは、ここでしか食べられない「Coludy Cream」(クラウディクリーム・500円)を。那須りんどう湖レイクビューに来たからには食べずに帰れない、とっておきのスイーツです。

 クリームはもちろんまっ白なコーンにもこだわりが。濃厚なクリームの甘さを引き立てるためにコーンには塩が含まれているのです。実際に食べてみると、ちょっぴり塩味。ジャージー牛乳で作った濃厚なクリームとコーンの塩味が見事にマッチしています。

りんどう湖のジャージー牛は、緑茶の入った飼料を食べています。だから後味スッキリ!

 でも、食べる前にちょっと待って! クラウディクリームという名前のとおり、雲のようなソフトクリームを空に掲げて写真撮影も忘れずに。フォトジェニックな一枚が撮れますよ。

Rindow Rainbow|かわいい写真、撮り放題!

こんな場所でかわいいお子さんの写真を撮ってみては?

 「我が子の写真をかわいく撮りたい」というのは、どんな親でも抱く共通の願い。那須りんどう湖レイクビューには、写真映えするスポットが多数用意されているんです。

 その最たるものが、「Rindow Rainbow」をテーマにしたアレコレ。アーティストが手がけたウォールアートやレインボーの横断歩道・屋根など、レインボースポットが点在しています。

ウェルカムゲートの屋根にもレインボーが。入園したとたん、ワクワク。

ピンキーダック|りんどう湖の新シンボル!

 
2018年のゴールデンウイーク前に突如として現れた池の主。

 もう一つ、写真撮影に最適なのがピンキーダックです。高さ20mにも及ぶ巨大なアヒルちゃんにはお子さんもビックリ! その高さは日本最大級で、「いつもお風呂に浮かべているアヒルちゃんとは全然違う!」と喜んでくれるでしょう。
 

こんなにキュートな写真だって撮れちゃいます。

 ピンキーダックはとても大きいので、水際まで近づいて写真を撮ろうとすると、どうしても人物が小さくなってしまいます 。そこで提案! あえてちょっと離れた場所に移動してみてください。お子さんとピンキーダックが同じ大きさになったらカメラをパチリと撮ってみましょう。遠近法を使ったユニークな一枚になるはずです。

 

エサあげ体験|動物と仲良くなりたいお子さんに。

ちょっと怖がっている子供も、エサをあげた後には誇らし気な表情に。

 那須りんどう湖レイクビューの魅力は、何といってもたくさんの種類の動物に出会えること。動物とのふれあいは、小さなお子さんにとっては命を感じる大切な体験。エサあげ体験は1カップ300円。毎日牧場(牧舎前)で10:00~17:00まで、ふれあい広場で10:00~15:00まで思う存分動物との時間を楽しめます。

 エサあげ体験は牧舎の中でもできるので、雨の日でも楽しめます。

 

機関車トーマス|乗り物好きならずとも大興奮!

子供たちにとっては、トーマスに乗れるなんて夢のよう!料金は1人1回300円なので、親と子で600円のお支払い。

 牧場エリアの隣には、小さな子供のための広場が用意されています。ここにあるのは、子供が大好きなミニ列車。しかも那須りんどう湖レイクビューにあるのは、大人気キャラクターの「機関車トーマス」です。

 トーマスに乗ってレールを敷かれたスペースをぐるっと一周します。小さなお子様の場合は保護者も一緒に乗るので、安全・安心です。

 

アニマルパレード|動物たちの愉快な行進!

動物たちの大行進。最初から最後までついて行くのもあり!

 アニマルパレードは、まだアスレチックなどで遊べない小さなお子さんでも楽しめるイベントです。毎日14:30から、園内およそ1kmにわたるコースをたくさんの動物たちが行進します。お散歩がてら、最初から最後までパレードについて行くのもGOOD。

 参加する動物は、馬・子牛・ヒツジ・ヤギ・アルパカ・アヒルです。休日にはポニーも加わります。コースは牧場を出発し、プレイハウス前を通過、フラワー階段前を通って、レイクサイド、ふれあい広場へと戻ります。

ふれあい広場は、こちらになります。悪天候の場合は中止になるので注意が必要です。

 

3~5歳の子供と一緒!1人1000円以下の正しい過ごし方は?

 活発に動き回る3~5歳のお子さんにぴったりの過ごし方をご紹介! 好奇心旺盛なちびっ子におすすめなアレコレをチェックしましょう。

 

ペダルボート|湖の上で、一家団欒。

ペダルボートのデザインは定員数によって異なります(小学4年生未満は保護者の同伴が必要)。

 三輪車や自転車に乗れるお子さんと一緒なら、ペダルボートがおすすめです。ボートの形はスワン、ヘリコプター、てんとう虫など、さまざまです。

 湖でペダルボートというと定番すぎてちょっと照れ臭いかもしれませんが、実は「家族水入らずのひと時を過ごせる」と近ごろ再び脚光が! 力強くペダルをこぐ子供の姿に、成長を感じられるでしょう。

湖畔のアクティビティといえば、スワンボート。ちょっとしたスリルも味わえます。

 遊覧船とはひと味違って、ちょっぴりスリルもあるアトラクション。雨が降ってもボートなら屋根が付いているので問題なし。ペダルボートは1人につき30分400円となります。

 

小動物ふれあい体験|初めての動物とのふれあいに。

モグモグとニンジンを食べます!かわいい!! 料金は300円、時間は10:00~15:20です。

 「わんわん館」では、小さいわんちゃんと、うさぎ、モルモットがお待ちかね。扉を開くとわんちゃんの元気な鳴き声がにぎやかに響き渡ります。

 モルモットは抱っこしてエサをあげられます。モルモットのふわっとした手触りと、ポリポリとにんじんを食べる姿は何ともチャーミング!

Cloudy Cream(クラウディクリーム)|ソフトクリームを空に浮かべて!

食べるのがもったいないけど、溶けちゃうので急いで食べます!

 那須りんどう湖レイクビューを訪れたら、クラウディクリームを忘れてはいけません。

 クラウディクリームはクリームだけでなく、コーンまで真っ白!コーンには塩が含まれており、甘いソフトクリームとの相性も抜群。クリームはロイヤルジャージー牛乳をふんだんに使用しています。

 Cloudyという名前が付いているので、せっかくだから空に掲げてみましょう。ほら、こんな感じでフォトジェニックな写真が撮れますよ。

 お母さんとお子さんで、もくもくと2つのクラウディクリームを空に浮かべ、写真を撮ってみるのもおすすめです。

クラウディクリームは、こちら「ジャージーミルク館」など園内各所で購入できます。

 購入できる場所は「ジャージーミルク館」をはじめとした園内各所。値段は税込500円です。出費を1人1000円以下で収める当初の作戦通りで行くのであれば、(3人家族の場合は)2つまで。お父さんはお子さんにお願いして、ひと口分けてもらいましょう。

 

Rindow Rainbow|お散歩をエンターテインメントに!

こちらはレインボーのウォールアート。アーティストが手がけたものです。

 「一緒に虹色を探してみよう!」

 お子さんとのお散歩がてら楽しく遊べるのが、レインボースポット探し。Rindow Rainbowをテーマに、園内各所にはレインボーが隠れています。さりげなくレインボーがひそんでいるので、「こんなところに!?」と驚きの連続です。

 たとえばひと休みしようとしたら、ホラ、こんなところにも。

湖を臨むデッキ上にはレインボーのテーブルが並びます。

 「レインボー見つけたら、ソフトクリーム買ってあげるよ」とお子さんに任せてみれば、夢中になって探してくれるかもしれません!いくつかレインボースポットがあるので、「3つ見つけてみよう!」などと伝え、それを達成したらご褒美を!というようなゲームをしてみるのもおすすめです。

 レインボースポットを見つけたら、親子でカラフル&ポップな写真をたくさん撮りましょう。

 

ピンキーダック|りんどう湖にやってきた「でっかい友達」。

目を疑うほどの大きさ! 高さはなんと20mにも及びます。

 2018年4月、りんどう湖に突如として姿を現したピンキーダックにはお子さんも目が釘付けに。あまりにも大きいため、一緒に写真を撮るのもひと苦労。その大きさを上手く利用して、遠近法を使ってピンキーダックとおもしろい写真を撮るのもおすすめです。

 

子牛のミルクあげ体験|動物の力強さを感じられます。

意外と力が強いので、牛乳タンクはしっかり持ちましょう。

 牧舎前でできるのは、300円で楽しめる子牛のミルクあげ体験。ちびっ子広場で10:00~15:00の間に体験できます。お子さんにとって大人の牛は大きくて近づきがたいけれど、子牛なら安心ですね。

 とはいえ、なかなか力強い子牛たち。ミルクの容器は両手でしっかり持つのが良さそうです。子牛のミルクあげ体験は、雨が降ってもできるので、他のアトラクションに乗れない時にも楽しめますよ。

 

子牛のミルクあげが怖ければ、「エサあげ体験」 という選択肢も。

牛が大きくて怖ければ、小動物へのエサあげ体験という選択肢もあります。

 「なるべくたくさんの動物とふれあいたい!」というお子さんには、エサあげ体験がぴったりです。

 エサは1カップ300円。毎日10:00~17:00の間に牧舎前の牧場で、10:00~15:00の時間帯にふれあい広場で開催されています。1人当たり1,000円以下にするならば、ミルクあげとエサあげはどちらか一方に。

 なお、エサあげ体験は雨天でも利用可能です。雨が降って他のアトラクションが利用できない時には、まったり動物とふれあいましょう。ちなみに雨の日に動物たちが過ごしている牧舎の様子はこんな感じです。

 

たくさんの動物が1つの牧舎に。案外静かです。

 おや、よく見ると牧舎の中にはヤギの赤ちゃんがたくさんいます。

座り込むヤギの赤ちゃん。小さくてかわいらしいですね。

  牧舎には小さな動物だけでなく、比較的大きな動物も。

柵の間から馬がお出迎え。手を伸ばすと「カプッ!」といかれることもあるので、ご注意を。

 馬も大人しく牧舎の中で待機していました。

 そしてこちらは牛の赤ちゃんです。もぐもぐと草を食みながらこちらを向いてくれました。那須りんどう湖レイクビューの動物たちは、人に慣れているので写真を撮るときにも目線を向けてくれます。カメラを持って、お子さんと動物の2ショットを撮るのもいいですね!

お食事中の子牛たちが愛らしい

 ほら、ばっちりカメラ目線です。

 一方、ヒツジはマイペースに群れていました。

ヒツジって牧舎の中でも群れているんですね。もこもこと密集。

 そして見逃してはいけないのがアルパカです。

毛を刈ったばかりのアルパカたち。毛を刈り方にセンスを感じます。

 新潟県山古志村からやってきたというアルパカさん。ちょっとファンキーで個性的な髪形が素敵です。

 ちなみに動物たちは、見ているだけならタダなので、お財布にもやさしいです。

 

アニマルパレード|14時半からの必見パレード!

那須りんどう湖レイクビューに来たからには見ておきたい名物パレード。

 那須りんどう湖ファミリー牧場の新名物、アニマルパレード。動物が列をなして行進する様子は、めったに見られない光景です。

 それぞれの動物の名前を当てっこして遊んでみたり、お気に入りの動物を見つけて行進について行ったりと、実はいろんな楽しみ方ができます。

 パレードに参加する動物は、ヒツジ・アヒル・子牛・アルパカ・ヤギ・馬。土日にはこの他にもポニーが参加して、パレードはいっそう盛り上がります。14:30から始まり、約1kmの区間をたくさんの動物たちが行進します。お昼を食べた後の軽い運動に、お子さんとパレードに参加してみてはいかがでしょうか?

6~9歳の子供と一緒!1人1000円以下の正しい過ごし方は?

 大人がついていなくても、「自分で遊べるもん!」。そんなお年頃の6~9歳のお子さんがのびのび過ごせるエリアは2つ。りんどうファミリー牧場エリアと忍者アスレチック「忍者の里」エリアです。さて、この年代のお子さんのいるファミリーが、一人当たり1,000円以下で楽しく過ごせる場所をチェックしていきましょう。

 

ピンキーダック|フォトジェニックを探そう!

  りんどう湖の主、ピンキーダック。高さはなんと20m、日本最大のアヒルちゃんです。2018年4月にりんどう湖にやってきました。

ピンキーダックを使ったおもしろ写真を撮る方法を、お子さんと一緒に探してみては?

  一般的なルートは「時計回り」ですが、入口から「反時計回り」に進んだ方が、この年代の子供たちが楽しめるエリアには近道です。

 

6人乗り自転車|家族みんなで大はしゃぎ。

かわいらしいデザインも魅力。転ぶ心配もないので小さいお子さんでも安心です。

 那須りんどう湖レイクビューのスタッフさんも「予想外の人気!」と目を丸くしていたのが、6人乗り自転車。2018年4月に新しく導入されたこちらの乗り物は、「ちょっと照れ臭いけれど、家族で息を合わせて自転車を漕ぐのが何とも幸せ!!」と人気が爆発しました。

 ちなみにこちらは、1台30分で1,500円。ペダルボートは一人400円なので、4人以上なら自転車の方が割安になります。

忍者アスレチック 「忍者の里」|忍者修行をはじめよう!

ここは忍者になるための修行場所。てっぺんからは、りんどう湖を見渡せます。

 元々あった施設を増床&改築して、「忍者アスレチック」というコンセプトのもと生まれ変わった 「忍者の里」。ジャングルジムの中にはさまざまな仕掛けが隠れされています。

 迷路のようになっていたり、屈んだり腹ばいになったりしないとくぐり抜けられないようなところがあったりと、なかなか難易度が高めな遊具。確かにここを遊び尽くしたら、忍者になれそうな気がます。

狭くて大人はちょっと大変かも。小学低学年ぐらいの子が年齢としては最適そうです。

 ジャングルジムの裏には木製のフィールドアスレチックも。このエリアの遊具で遊びたい放題で、お値段はたったの1,000円(小学生以上1人。未就学児は親同伴で1,300円)! 放っておけばいつまでも遊んでしまうほど楽しいスペースなので、コストパフォーマンスは随一です。

 

アニマルパレード|動物と一緒にパレードしちゃう?

一度にたくさんの動物を見られる贅沢なパレード。無料で見られるので見逃す理由はありません。

 普段身近にいない動物がパレードしてしまう。動物好きなお子さんには夢のようなイベントが、毎日14:30から行われています。そのイベントとは、アニマルパレード。園内1kmに及ぶ道のりを行進します。ついさっき、牧場エリアでエサをあげた動物もパレードに登場するかもしれません。

 

Rindow Rainbow|りんどう湖の虹を探せ!

ポップな壁を使って、インスタ映えな家族写真を!

 小学校中学年の子供は、ダイナミックな探検に出かけたい歳ごろ。「アスレチックも乗り物も楽しい。でも、もっと遊びたい」という欲張りなお子さんにおすすめなのが、Rindow Rainbowです。

 実は園内にはレインボースポットが各所に点在しています。りんどう湖の周りをぐるりと散策すると、「ここにも!あそこにも!」とウキウキするレインボーがひそんでいます。

横断歩道も虹色に! ほかにもいろいろな虹色が隠れています。

 

ピンキーダックパン|見た目ががかわいい、中身もおいしい。

りんどう湖の主・ピンキーダックの顔がそのまま甘いパンになりました。中にはイチゴのクリームが入っており、外はメロンパンの生地のようにサクサク。

 「いっぱい遊んだから、お腹すいちゃった!」そんなお子さんのおやつにおすすめなのが、ピンキーダックパンです。色鮮やかなかわいいパンに、お子さんの目は釘づけに。

 そしてピンキーダックパン、ただのパンではありません。目はチョコクッキー、くちばしはプレーンクッキーでできています。色んな種類の生地がひとつで楽しめて、お値段は税込400円。普通の菓子パンよりずっしりしているから、腹持ちも◎です。

ピンキーダックパンの他、いろいろなお土産を販売している「Mekke!」。ビュッフェレストランも併設されています。

 ピンキーダックパンは、2か所で販売中。入園ゲート横のMekke!とピンキーダック付近のヌードル屋さんでどうぞ。一人1,000円に収めるなら、ひとつをみんなで分けましょう。

 

お食事とお土産なら「Mekke!」

 那須りんどう湖レイクビューで、お食事&お土産といえば、「Mekke!(メッケ)」。那須りんどう湖レイクビュー入り口の隣にあり、那須りんどう湖レイクビューに入場しない人でも利用できるようになっています。

 

ステーキとデザートが評判です

できたばかりの店内はピカピカ! ファミリーからデートまで、幅広い世代に愛されています。
例えばこんな感じで。ブッフェなので、好きなものを好きなだけどうぞ。


  ランチ、ディナーはMekkeのブッフェレストランで。ランチブッフェの営業時間は、11:00~15:00(最終受付13:30)まで。金・土・日の夜は17:00~20:00(最終入場は18:50)の間まで薪グリルステーキ&ハーフブッフェを堪能できます。

 今回取材したのはランチブッフェ。制限時間は90分で、平日は大人2,700円、小学生は1,890円、3歳~未就学児は1,350円です。土日は同じく税別で大人3,000円、小学生が2,100円、3歳~未就学児が1,500円(すべて税別)となります。夏休みの営業は那須りんどう湖レイクビュー公式HPから確認してください。


 ステーキだけでなく、他の料理も絶品!特に牧場の乳製品を使ったスイーツは、甘党ならずとも食べておきたい逸品です。

一口サイズで食べやすいデザートが揃います。もちろんお味も♡

 園内での出費をちょっと節約してでも、ここで食べ放題を思い切り楽しみたいところ。「開園と同時に園内に入って、ガッツリ遊んだ後にガッツリ食べる」パターンか、「昼前ぐらいに来園して、ガッツリ食べて、午後はガッツリ遊ぶ」パターンのどちらかがおすすめです。

 

きれいなショップでお土産探し。

ガラス張りの明るい店内はとてもきれい。


 帰る前には、「Mekke!」のマルシェで、お土産探しを忘れずに。那須ならではの食材を生かしたお土産の中でも、注目の商品が那須高原の自家製ジャージー牛乳をはじめとした乳製品です。

ジャージー飲むヨーグルト。那須の恵みを自宅でも。

 

那須りんどう湖レイクビューでプレミアムな家族の一日を

 いかがでしたか? 那須りんどう湖レイクビューは、湖と森の空気を吸ってリフレッシュしながら、ちょこっと楽しい体験・アトラクションに挑戦できるスポットです。何気ない散策に特別感を添えるRindow Rainbowやピンキーダックもここならでは。家族でのんびりと過ごすのをメインに、1,000円以内で十分楽しめるリゾートの湖に訪れてみませんか。

 ちなみに、アソビューの割引チケットを使えば、クラウディクリームが(入場料とセットで)200円引きに。浮いたお金で、もうひと遊びできますね!

前の記事へ 次の記事へ