映えスポット盛りだくさん!房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+に遊びに行こう

あそびのジャンル
タグ

ちょっとした休日に、何か心が弾む体験がしたい!そんな人におすすめなのが、、2021年11月19日(金)~12月26日(日)に開催される「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+」に体験できる、贅沢なひとときが待っています!写真映えするスポットもたくさんあるので、ぜひ楽しい思い出づくりにお出かけしてみてはいかがでしょう。

市内にアートがあふれる「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+」とは?

「房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020+」は、千葉県の市町村のなかで、もっとも広い面積を誇る市原市を舞台にした体験型の芸術祭。アートと聞くと敷居の高さを感じてしまう方も少なくないと思いますが、「晴れたら市原、行こう。」というキャッチフレーズからもわかるように、誰でも気軽に参加できる芸術祭なんです。

「7つの月を探す旅 第四の駅《三又宇宙基地》」アーティスト:レオニート・チシコフ

特徴は何と言っても、ごく日常的な風景の中に現れるアートの数々。市原市の魅力である美しい田園風景や里山風景、そしてどこか懐かしさを感じるノスタルジックな景色と、現代アートの融合によって生み出される独特な世界観は、非日常的な楽しさでいっぱい!一日中ワクワクが止まらない「とびっきりの体験」が待っています。

「Iventory」アーティスト:アイシャ・エルクメン

2014年からスタートし、3年ごとに開催されてきた「いちはらアート×ミックス」。2020年に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により延期となり、このたび2021年11月19日(金)~12月26日(日)に開催されることに。3年に一度のビッグイベントだけに、絶対見逃せません!

総勢約70組のアーティストが手がけた作品が市内各所に!

「Manmade」アーティスト:ソカリ・ドグラス・カンプ

17の国と地域から総勢約70組のアーティストが参加。造形や絵画的なものはもちろん、演劇や建築物などさまざまな形で表現された作品が市内のいたるところに展示されます。実際にふれたり、体験できたりする作品も多く、現代アートをより身近に感じられるのが魅力です。アートに馴染みのない子どもでも、テーマパークで遊ぶ感覚で楽しめるので家族でお出かけしてみてはいかがでしょう。

「月が生まれたとき」アーティスト:岡田杏里

市原市のさまざまな資源を活用したアートは、その発想や創造力に驚かされるものばかり。展示場所に合わせて創られたものも多く、日常との見事な融合に感動します。

「Toilet in Nature」アーティスト:藤本壮介

作品の中には期間限定ではなく、芸術祭終了後も展示され続けるものもあります。飯給駅に設置された藤本壮介さんの作品「Toilet in Nature」もそのひとつ。約200㎡の敷地を誇る女性用のトイレで、周囲の景色が一望できるのが大きな特徴です。

「conjunction─名詞から接続詞へ─」アーティスト:高山夏希

小学校や保育所の跡地を利用した展示場は、期間限定となる作品がほとんど。旧白鳥保育所に展示される、鑑賞者と自然と生き物の一体をテーマにした高山夏希さんの作品「conjunction─名詞から接続詞へ─」など、見応えがあるものが多いので、開催期間中に要チェックです。

【ライトアップによる演出も見逃せないポイント】

「私の月はいつも旅行中 -7 つの月を探す旅 最終駅 -」アーティスト:レオニート・チシコフ
市原湖畔美術館ライトアップ

作品の中には、日が暮れると昼間とは異なる魅力を放つものもあります。養老渓谷駅に展示されたレオニート・チシコフさんの作品「私の月はいつも旅行中 -7 つの月を探す旅 最終駅 -」は、夜になると光りはじめるのが特徴。オブジェで表現された月の満ち欠けのようすがはっきりと浮かび上がります。また、幻想的な雰囲気が漂う、市原湖畔美術館のライトアップもおすすめです。

ゆったりアート観賞するなら「小湊鉄道」がおすすめ!

1925年に開通した「小湊鉄道」は、「五井駅」から「上総中野駅」まで、全18の駅を結ぶディーゼル列車。駅舎や発電所など、大正時代に建設された建物が今もなお沿線に建ち並び、目の前を流れる美しい田園風景とあわせて、ただ乗っているだけでノスタルジックな気分をたっぷり満喫できます。

「いちはらアート×ミックス2020+」の作品は、この「小湊鉄道」の各駅周辺に展示されていることが多いので、車などを使わず、あえて電車で移動するのもおすすめです。レトロな雰囲気が心地良い、「小湊鉄道」に揺られながらのアート巡りの旅は、ちょっとしたプチ旅行気分が味わえます!

アートとともに市原市の観光名所も満喫したい!


県内屈指の紅葉スポットとして知られる「養老渓谷」や、10コースの遊歩道が整備された緑あふれる公園「いちはらクオードの森」など、市原市には豊かな自然とのふれあいが楽しめる景勝地が数多く存在します。さらに、「市原ぞうの国」や「千葉こどもの国キッズダム」といった親子で楽しめるレジャースポットも豊富。「いちはらアート×ミックス2020+」の作品を見てまわる合間に、このような市原市の観光スポットを訪れれば、より充実した休日が過ごせそうです。

普段なかなか足を運ばないようなエリアに展示された作品を観賞しにいくときは、その周辺をちょっと散策してみてください。きっと、今まで気づかなかった市原市の新たな魅力が発見できますよ!

作品鑑賞パスポートでもっと気軽にアートを楽しもう!

無料で公開されている作品も多々ありますが、「いちはらアート×ミックス2020+」を思いっきり満喫したいのであれば、「作品鑑賞パスポート」を購入するのがおすすめです!期限内であれば、一部イベント・ワークショップを除くすべての作品を観賞できるパスポートなので、日にちを変えてゆったり作品めぐりをしたいときにも便利。ただし、パスポートは1作品につき1 回限り有効となります。同作品を2回以上観賞したい際は、再入場券が必要なのでご注意ください。

【作品鑑賞パスポート】
大人:3,000円(前売り:2,500円)
学生(高校生〜大学院生):1,500円
小中学生:500円
※千葉県内小中学生:各学校よりパスポートの無料交換券を配布します
※未就学児:パスポートの購入は不要です
 

前売りパスポートなら最大500円お得!

お得な前売りパスポートはこちら!

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS