日光霧降で「ほしぞらツアー」開催、寝っ転がって星観察、本格機材で天体の色と形を見てみよう

あそびのジャンル
タグ

なにかと毎年冬に話題となる天体系ニュース。ふたご座流星群や牡牛座流星群をはじめ、キラリと光る星たちに出会えた瞬間ってなんだか得した気分になるもの。とはいえ、都市部は人工的な光で空も明るめ。「ちょっと星、見てみようかな」と夜空を見上げても、手応え掴めず諦めていませんか? 

ならば、大自然のなかで、思う存分星空観察ができる栃木・大江戸温泉物語「日光霧降」の「ほしぞらツアー」に参加してみては!? 肩肘張らずにのんびり眺められて、静かに星たちと出会える時間がしっかり用意されていますよ。しかも今シーズンラストチャンス。これは行くしかありません!

「日光霧降」は国立公園・霧降高原内に位置する温泉リゾート。”霧降高原の豊かな自然を楽しめる宿”をコンセプトに、標高1,000mの豊かな自然のなか、発見と癒やしを与えてくれるお宿です。そんな最高の環境で楽しめるのは期間限定の「ほしぞらツアー」。

同ツアーでは、“ほしぞらコンシェルジュ”が、ベストシーズンであるこの時期に、夜8時から約1時間かけて、冬の星座をレクチャー。「なぜ冬に星空観察なの?」と思うかもしれませんが、実は12月から2月頃は空気の乾燥で水蒸気が少なく、とくにクリアに星たちが見えるベストシーズン。しかも、霧峰高原は日本で観測できる15個の1等星のうち7個が見える最高のロケーション!空の透明度の高い今だからこそ、自然と星のフルコースが堪能できるんです。

ツアーの目玉は、やっぱりVixen製の本格天体望遠鏡を使っての観察タイム。実際の天体の色や形などを間近に感じられるのは子どもたちにとっても忘れられない思い出に。写真や教科書から飛び出したホンモノの体験が叶いますよ。

さらにブランケットにくるまりながら大地に寝そべっての星空観察も非日常感たっぷり。フォールディングベンチもしっかり用意されているのでご安心を。足元はランタンのほのかな光に照らされ、ワクワク&冒険感もプラス。天然のプラネタリウムを眺めれば、星が瞬くタイミングや夜空がちょっと丸いこと、さらに運が良ければ流れ星にも出会えるかも。

ツアーの後は、ホテル併設の天然温泉で体を温めてリラックス。展望露天風呂からもう一度夜空を眺めながら、出会った星たちを親子で復習するのも良さそう!なお、宿泊者限定で参加費は無料。2月の開催日は5・6・12・26・27日の5日間。定員15名なので、お早めに予約を!

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください

【関連記事】

◆光と音に彩られた淡路島で非日常体験!幻想的な美しさに包まれて心のモヤモヤ吹き飛ばそう

◆カレーにパスタ、ピザだって全部無料!関西最大級のスキー場で衝撃の食べ放題キャンペーン開催

◆心揺さぶる光と音と雪景色の世界!「SAPPORO ART CAMP」でこの冬イチの感動体験

日光周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS