描いた魚が泳ぎ出す!?島根県立美術館で見て・ふれて・演奏して楽しむカラフルアート体験に出発

あそびのジャンル
タグ

「子どものイマジネーションを刺激するようなアート体験をさせてあげたい!」…けれど、小さな子どもを連れて遠くまで出かけるのは難しそう。そんな方におすすめのアートイベントが、7月1日〜8月28日の夏休みシーズン中に島根県立美術館で開催されます。

会場では、デジタルアートの先駆けとして知られるクリエイター集団「チームラボ」が手掛ける色とりどりのアート作品が登場!アート鑑賞だけでなく、創造性を養えるアトラクションやお絵かき体験など、ワクワクいっぱいの遊びが勢ぞろい。カラフルな花と動物たちの美しいアートに間近でふれあえちゃうんですよ。

「世界とつながったお絵かき水族館」は、子どもが描いた魚たちが泳ぐデジタル水族館。紙に描いた絵に命が吹き込まれ、目の前の巨大な水族館でみんなが描いた魚と一緒に泳ぎ回ります。

自分の絵が動き出すまるで夢の世界のような光景に、子どもの目もキラキラと輝いてしまいそう!泳いでいる魚にふれて反応を楽しんだり、エサをあげたりと、子どもをワクワクさせる驚き要素もいっぱいなんです。

「すべって育てる!フルーツ畑」は、さまざまなフルーツが育つ不思議なすべり台。すべりながら体をデジタルアート内のボールにぶつけると、太陽の光のエネルギーをもらったボールが勢いよく発射!飛んだボールがぶつかることで、フルーツはすくすくと育っていくのです。

水色のボールは水、黄色のボールはミツバチとそれぞれ役割があり、色によって違う変化が起こるのも面白いポイント。親子で一緒にすべりながら「これはどんなボールかな?」と色の効果を想像してみるのも楽しそう。

会場には演奏体験ができるアートアトラクションも登場。「光のボールでオーケストラ」は、色や音が変化する光のボールによるオーケストラ。カラフルなボールを転がすと色が変わり、さまざまな音が鳴り響きます。

頭上のボールはほかのボールと連動しているため、周囲のボールに影響を与えると空間全体がさまざまな色に変化!体を使ってたくさんのボールにふれて、自由に音楽を奏でてみましょう。

そのほかにも、子どもの感性を刺激する多彩な体験型アートが盛りだくさん。それぞれテーマや学べることが異なるので、子どもたちのお気に入りがきっと見つかるはず!チームラボが未体験の方は、ぜひこの機会にアートな世界観を満喫してみては?

<文=宮本沙織>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆ホタルの秘密が丸わかり!仙台うみの杜水族館でホタル観察&ライトアップを楽しんじゃおう

◆手作りバードコールで鳥と会話できる!?日光のネイチャー体験で自然の楽しさを満喫しよう

◆カラフルな傘の下で大はしゃぎ!飯能のムーミンバレーパークなら雨の日のお出かけもめちゃ楽しい

松江市(島根県)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
  • 1
前の記事へ 次の記事へ

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS