全部“ウソ”だからこそ面白い?梅田の大嘘博物館でカプセルトイ2億年の歴史を探ってみよう

あそびのジャンル
タグ

コインを入れ、ガチャを回してドキドキッ!?大人になってもカプセルを開ける“あの瞬間”ってたまらなく楽しい時間ですよね。そんな誰をも魅了するカプセルトイに、なんと2億年の歴史があったって知っていましたか?

「古代文明時代にもガチャマシーンを回して人々は楽しんでいた…」そんなウソの歴史を本気で紹介するユニークなイベント「大嘘博物館 カプセルトイ2億年の歴史」が、6月10日からスタートしました。

(画像左より)「 宇宙からの石板」チャンネル8制作「カプセルトイの歴史(古代篇)」より/「ポーン・チャ・ガーラ遺跡」チャンネル8制作「カプセルトイの歴史(古代篇)」より/「杯淵子と縄文的土器」(重要視文化財)/発見された「カプセラノサウルス」の想像図 ©National Nature graphics 2022

大阪・梅田ロフトで6月10日から7月10日まで開催されるのが、全てがウソの展覧会「大嘘博物館 カプセルトイ2億年の歴史」。タイトルからしてお察しとは思いますが、みんな大好きカプセルトイの“ウソの歴史”を紐解く展覧会です。

映像作家・藤井亮さんがプロデュースする同展は、楽しさとシュールさを絶妙にミックスした展示が魅力。頭にカプセルをのせた恐竜の化石「カプセラノサウルス」などが次々と登場し、真実と嘘が交差する歴史ミステリーの世界へと誘われます。

(画像左より)『ガチャファイター廻(めぐる)』アニメーション作品/日本 ©画茶だいすけ・円合社・ファイタープロジェクト/『ガチャファイター廻(めぐる)』スチール写真/日本 ©関東テレビ・ファイタープロジェクト/ガチャファイターハウス

展示は出土品や化石が並ぶガチャ文明遺跡が中心の「古代ゾーン」から始まり、急に80年代の「近代ゾーン」へ。80年代に一斉を風靡し、カプセルトイブームを牽引したヒーロー「ガチャファイター廻(めぐる)」をフィーチャーし、当時を振り返ります。

「ガチャを続ける人類の危険な進化」 ©Peace Capsule Association

さらに続く「未来ゾーン」では、カプセルトイの発展がもたらす未来への警笛を鳴らします。研究報告によると、このまま人類がカプセルトイとの道を歩んでいくと「ガチャ人間」になっていまう…なんて危険な進化も紹介。もちろん、全部ウソですけど!

なお、ここからは本当の話。会場では入場時にコイン10枚を受け取り、展示エリアに設置されたガチャを回して遊べます。果たして回して出てくるカプセルには何が入っているのか?そんなドキドキ・ワクワク感をきちんと味わえちゃうのも魅力ですよ。

ミュージアムショップには、貰ってうれしい!…でもちょっぴり困るグッズたちが勢ぞろい。定番の「大嘘博物館 アクリルマスコット」や「大嘘博物館 ステッカー」、そしてまさかの「反ガチャTシャツ」まで、ガチャ推進派も反ガチャ派も楽しめる内容です。

ほぼすべてがウソで塗り固められた同展。お茶目で本気なウソの数々に、あえて騙されに行ってみてはいかがでしょうか。

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆『ONE PIECE』ファン大興奮!今夏限定の楽しさあふれるUSJイベントに出発しよう

◆「東京サマーランド」で夏先取り!梅雨空なんて気にせず思いっきり水遊びを楽しもう

◆富士山ビューを独り占め!プライベートガーデン&貸切サウナ併設の豪華グランピングを満喫しよう

大阪市北区(大阪府)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS