星野リゾートに日本最大級のキッズアトリエが誕生!色遊び・粘土づくり・お絵描きとさまざまな創作体験にチャレンジ【大阪】

あそびのジャンル
タグ

子どもと一緒に行く家族旅行は、全員が思いっきり楽しめるのが一番!でも、ただ旅先で遊ぶだけじゃなくって、「子どもたちの成長につながるような経験をしてほしい」と願ってしまうのが親心です。いつもとは違う環境で、その場所ならではの新しい発見や出会い、興味があるものを見つけて子どもが成長する姿を眺められると、「本当に来てよかった!」って思えますよね。

そんなパパママの心をグッと掴む日本最大級のキッズ向けアトリエが、12月16日「星野リゾート リゾナーレ大阪(ハイアット リージェンシー 大阪内)」にオープンしました。地上28階の大パノラマを見渡せる空間で、“創造力を遊びこむ”をコンセプトに、旅先での学びと想像的思考を育む時間を提供してくれます。

同アトリエを手掛けたのは、保育園や子育て支援センターを運営する「まちの研究所」。事業を運営する中で、教育の比重が「教える」から「学ぶ」に移っている現状を実感し、新しい教育の拠点づくりの一環として新たに生まれました。今回のアトリエでは、“興味”、“探索”、“表現”、“振り返り”の4エリアに分け、子どもたちの興味を育てて自分で探求する仕組みを作っているそうです。

例えば、たっぷり用意された素材の数々。ギャラリーのエントランスには、“あつまる”をテーマに歯車や多彩な形状の木材、キラキラ光るアクリルやカラフルな糸などを展示。それぞれの材料がもつ個性を知ることで、新たな遊びを発見できるようになっています。

色との出会いや感覚を磨きたいなら、“色彩”をテーマしたエリアへ。四季で変化する葉やベンガラ染めの布、美しいグラデーションに光を透過して変色する色との出会いなど、新しい発見&ワクワクと出会える遊びがいっぱいそろっています。

さらに、大人も思わず「うらやましい!」と言わずにはいられないお絵描きエリアも用意。プロ仕様の絵の具を使ったり、大空をキャンバスにして窓ガラスに思う存分絵を描いたり、紙の範囲を超えて空や海の風景に落書きできちゃいます。

定番の粘土遊びも、アトリエならば一味違う体験に!陶芸に使われる巨大な粘土に足型をつけたりと、ダイナミックに遊べるのが魅力です。粘土は4種類あるので、それぞれ異なる質感にびっくりするはず。集中してこねこねすれば、いろいろなアイデアが沸き上がってきそうですね。

なお、常駐する芸術の専門家・アトリエリスタとのプロジェクトで一緒に学べる体験も用意されています。対話によって子どもたちの興味をさらに刺激するので、内に秘めた想像力がグングンと発揮されちゃうかも?ちなみに参加者だけで完成へと導くプランから、サポートありで大きな作品づくりに挑戦するプランまで豊富にそろっています。

広々空間を大胆に使って、想像を超える創作体験に参加できる天空のキッズアトリエ。どんな遊びにも挑戦できる環境に身を置けば、我が子の芸術性や想像力が開花されるはず。旅先でのホテルステイにプラスして、ぜひ遊びながら学びを得てみてはいかがでしょう。

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆不思議な海の生きものについて学ぼう!館内ツアーや飼育員体験で“水族館の仕事の裏側”を覗いてみない?【静岡】

◆ぶら下がったイチゴを楽々ゲット!人気品種や珍しい“白イチゴ”も食べられる最新鋭の農園で一足先にイチゴ狩りへ出発【長野】

◆2023年は“ダブルダイヤモンド富士”からスタート!年末年始は富士山の神秘にふれる鑑賞会に参加してみない?【山梨】

大阪市住之江区(大阪府)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS