異次元の心地良さを求めて“絶頂解凍”へ!さらなる快感に導くスパ「悟空SPA」で育児疲れを解消しちゃおう【東京】

あそびのジャンル
タグ

子育ってとっても楽しい反面、やっぱり疲れが溜まってしまうもの。頑張り続けるのはいいけれど、疲れすぎているとちょっとしたことでイラっとしてしまい、後でそんな自分に反省しちゃうことってありますよね。だからこそ、ときには自分をいたわることも大切!“極上の癒やし体験”ができるスパで、心も体もしっかり癒やしてはいかがでしょう。

「極上のスパはどこにあるの?」とお悩みならば、1月11日に東京・渋谷にグランドオープンしたばかりの「悟空SPA」がおすすめ!スパ好きの人なら、“悟空”の名前を聞いてピンとくる人も多いのでは!?そう悟空SPAは、あの絶頂睡眠でおなじみの超人気店「悟空のきもち」が手がける、新たなエンタメ&解凍リラクゼーションスペースなんです。

「悟空のきもち」は、頭の筋肉に精通し、独自のふれ方で快楽を高め、10分ほどで一気に寝落ちさせてくれるドライヘッドスパブランド。その気持ち良さにハマる人が続出で、日本一予約が難しいスパと言われています。

そんな人気店が新たに手掛けたのが「悟空SPA」。こちらは体に特化したエンターテインメント型筋弛緩リラクゼーションブランドとして発足。“絶頂解凍”をコンセプトに、未体験の気持ち良さを提供してくれます。

気になる施術内容は、まず全体の血流量を下げ快感を感じやすくするため、マイナス7度の「増幅と冷凍の部屋 」へ。手足のみ温め、体(皮膚全体)を冷やします。準備が整ったら、専用リラクゼーションベッドに横になり、セラピストによる施術がスタート。火おこしからインスピレーションを受けた新技術法“ほむら弛緩術”で一気に血流を開放し、気持ち良さを増幅していきます。

快感のポイントをわかりやすく解説すると、氷点下で強制的に緊張状態となった体を温めることで、血流を増やして気持ち良くしてくというもの。サウナの“ととのう”体験の逆バージョンと理解するのが早いかもしれません。

なお、心地良さを得るための準備を行う「増幅と冷凍の部屋」は、服と時間で4段階の調節が可能。とはいっても、レベルが上がるにつれて氷点下の時間も長くなるので忍耐も必須。初めての場合はLv1、またはLv2がおすすめとのこと。慣れてきたらレベルアップすることで、より自分好みの快感を求められるんです。

コースは60分の背面中心の施術から、背面&正面の80分、さらに人気の頭のほぐしも体験できる100分の3種類を用意。ちなみに現在は予約満席で、次の募集待ちの状態。「気になる!」と思ったならば、公式サイトを随時チェック&予約争奪戦への準備をぬかりなく!「悟空SPA」で最高のリラクゼーション体験を手に入れましょう。

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆北欧で人気の新スポーツ「パデル」にチャレンジ!東京ミズマチでアウトドア・グルメ・エンタメを堪能しよう【東京】

◆お菓子パークの1日工場長に!パティシエと一緒にお菓子づくりの裏側を学べる限定体験の抽選がスタート【北海道】

◆まるで北欧の冬景色!雪の森で楽しむバレルサウナ体験で最高の“ととのう”を感じちゃお【群馬】

渋谷区(東京都)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS