夏だ!としまえんのプール&ナイトプールへ行こう!割引チケットあり

あそびのジャンル
遊園地・テーマパーク
プール
タグ

東京都心から約30分。都会のオアシス「としまえん」のプールは、毎年多くの方が訪れる夏のレジャースポットです。としまえんのプールエリアには、ウォータースライダーや流れるプール、話題のナイトプールイベントなどが目白押し。今回は、料金や割引クーポン情報からテントや浮き輪などの必要な持ち物まで、気になる情報を紹介します!

「としまえん」ってこんなところ

ウェーブスインガー

「としまえん」は東京都心から30分以内で行ける遊園地。ジェットコースターやメリーゴーランドなどの32種類のアトラクションと、「ふれあいペットガーデン」や「屋外アイススケートリンク」などの10種類のアミューズメントがあります。

夏季はプールエリアも開放され、多くの方が訪れるレジャースポットに。としまえんのプールは、「波のプール」、「流れるプール」、「ナイアガラプール」、「こどものプール」、「ふわふわウォーターランド」の5つ。そのほか5種類のウォータースライダーも楽しめます。

 

プールとウォータースライダーの種類

としまえんの5つのプール

浮かんでいるだけで楽しい「波のプール」

波のプール

波のプールは、長さ160m・幅60mの大型プール。深さは0mから1.6mまでだんだんと深くなっていくので、いろんな遊び方ができることが魅力です。波打ち際で座ったり寝そべったりしてお話するのもよし、奥まで泳いで浮き輪で波に乗るのもよし。

レジャープールの定番、「流れるプール」!

流れるプール

水流で流される感覚を楽しめる「流れるプール」は、友達グループで遊びに来た時にオススメ。2人乗り、3人乗りの浮き輪をレンタルすれば、より楽しく泳げます。1周350m、水深は1.2mです。

「ナイアガラプール」夜はプロジェクションマッピングも!

滝に打たれて遊ぶこともできる、長さ50mのプール。水深は0.8~1.1mなので、小学生の子どもも安心して遊べます。ナイトプールが開催されている期間は、音楽とプロジェクションマッピングを融合させたショーを浮き輪で浮かびながら観られます!

仕掛けがいっぱい!「こどものプール」

こどものプール

深さ25~50cmのプールに色々な滑り台が設置された「こどものプール」は、身長90cm未満の幼児にもオススメのプール。パイプから水が流れる仕掛けやクルクルと回るメリーゴーランド風の仕掛けなどがあり、飽きずに遊べます。

競泳プールが変身!「ふわふわウォーターランド」

親子で楽しめる「ふわふわウォーターランド」

ふだん競泳プールとして利用されている場所が、浮き島やスライダーを浮かべたアトラクションに大変身!水深が深いので、ライフジャケットを着用して参加します。よじ登ったり、滑ったり、小さな子どもが楽しめる遊具がたくさんあるので、ファミリーにオススメ。有料ゾーンなので、受付でリストバンドを購入してください。1日1,000円で、何度でも再入場できます。

他のプールより一段下がった場所にあります。

・料金:1日1,000円
・制限:なし
※身長110cm未満は要付添。身長110cm未満の子どもは一部利用できないエリアがあります。

人気のウォータースライダー!おすすめは?

「BODYRIDE MOUNTAIN Aタワー」の7コース

「ハイドロポリス」は、Aタワー、Bタワー、Cタワーの3箇所に分かれた巨大なウォータースライダー。丸いパイプの中を滑る「アクアチューブスライダー」や、 外が見えるハーフパイプを滑るジャイアントスライダー、インナーチューブ(浮き輪)に乗って滑る「リバーランスライダー」などのさまざまな種類のコースが楽しめます。

スリルを求めるならCタワー!

「THRILL SLIDE TOWER Cタワー」の9コース

迫力のあるスライダーを探しているなら、スタート地点が最も高いCタワーがぴったり。高さ22mから一気に滑り降りる「スピード・スライダー」は中間の起伏で体が浮くほどの速さ。

・料金:無料
・制限:身長110cm以上で利用可

二人で滑るならBタワー

「INNERTUBE HILL Bタワー」

Bタワーでは、インナーチューブに乗り込み、左右に揺られながら滑る「リバーランスライダー」が楽しめます。1人乗りのチューブのほかに2人乗りのチューブもあるので、1人で滑るのが不安な子どもや、カップル・友達同士で滑りたい方などにおすすめ。

横から見たBタワー。らせん状に降りるエキサイティングなコースです。

・料金:ハイドロポリス専用のインナーチューブが必須。1人1日600円。
・制限:身長110cm以上で利用可

バラエティに富んだコースを楽しめるAタワー

らせん状のコースがエキサイティングな「BODYRIDE MOUNTAIN Aタワー」

トンネルをくぐったり、ぐるんと回転したりと予想できない動きが楽しめるAタワー。全部制覇してお気に入りを見つけて見てください!

・料金:無料
・制限:身長110cm以上で利用可

有料席で優雅にステイ。料金や予約は?

プレミアムシート(定員10名)
昼:平日 15,000円、土・日・祝および8/11から8/15 20,000円
ナイトプール:5,000円

としまえんのプールには、快適に過ごせる有料席があります。事前申し込みができるので、当日の場所取りをする必要がなく、朝早く行かなくても日陰を確保できます。有料席は、波のプール近くの「ペアシート(定員2名)」やこどもプール前の「こどもプールシート(定員6名)」など各エリアに点在しているので、遊びたいプールや利用人数にあわせて選んでください。

ペアシート(定員2名)
昼:平日3,500円、土・日・祝および8/11~15 5,500円
ナイトプール:1,000円

有料席の料金は、1日1人あたり1,000円~3,000円程度。詳しくはこちらをご参照ください。

としまえんのナイトプール。子供・大人どっち向け?

ナイトプールでの遊び方

カクテル片手にリゾート気分

ナイトプールは、お仕事帰りでも大人が気軽に楽しめる新しいプールのかたち。としまえんのナイトプールは2018年7月27日(金)~9月2日(日)の金・土・日および 8月13日~16日の21時まで営業しています。売店では、夜限定のカクテルやお酒に合うローストビーフ、BBQフライドチキンなどが購入できます。そのほか、ロコモコ丼やフルーツ盛りだくさんのパンケーキなどのハワイアンメニューも充実。食事を楽しんだり、浮き輪で浮かびながらトークを楽しんだりするのがナイトプールの醍醐味です。

ナイアガラプール限定「レンタルペアフロート」2,000円

また二人乗りのフロート(浮き輪)をレンタルできるのも魅力的。プロジェクションマッピングが行われるナイアガラプールで使えるので、ゆったり足を伸ばしてショーを楽しめます。

子供・大人どっち向け?

ナイアガラプールで9/2まで開催されるプロジェクションマッピング(画像はイメージです)

としまえんのナイトプールは年齢制限がないのでどなたでも入場できます。ただし、夜は「ナイアガラプール」と「波のプール」のみ開放されるので、思いきり水遊びを楽しみたい場合は、昼のあいだに訪れるのがオススメです。

ナイトプールはどちらかといえば大人向けですが、プロジェクションマッピングのショーなどもあるため、ファミリーで訪れても楽しめます。


ナイトプールの予約は必要?

フォトジェニックな写真も撮れます♪

ナイトプールは18時以降に販売されるチケットを購入すれば予約なしで利用できます。確実に場所取りをしたい方は事前に予約できる有料席を利用するのもおすすめです。ご予約に関してはこちら

としまえんでフェス気分?!夏のイベント情報

アトラクションに囲まれた「それいゆ広場」でビアガーデン!

アトラクション側のゲート。プールエリアから水着で入ることもできます。

夏のイベントを多く開催しているとしまえん。2018年は7月20日(金)から9月2日(日)までの金・土・日およびお盆期間(8/13~16)に「ジャックダニエル ビアガーデン」を開催しています。アーティストのライブを楽しみながら、生ビールやハイボールを味わいましょう!お得な飲み放題プランも要チェック。

ビアガーデンと同時開催!DJ&スプラッシュ泡パーティー

泡が放出されるなか、水着で盛り上がるオーディエンス

それいゆ広場にあるステージでは、7月20日(金)~9月2日(日)の金・土・日およびお盆(8/13~16)の間、「DJ&スプラッシュ泡パーティー」が開催されます。イベントの時間になるとプールエリアからもステージに行けるようになるため、水着でも参加OK。ビアガーデンのスタート時間とも重なるので、一緒に楽しむのがオススメです。

料金・混雑情報

一般料金

大人(中学生以上)4,000円
子供A(身長110cm以上)3,000円
子供B(身長110cm未満)2,000円

大人(中学生以上)4,500円
子供A(身長110cm以上)3,500円
子供B(身長110cm未満)2,900円
 

プールエリアの営業期間

2018年は、6月30日(土)、7月1日(日)、7月7日(土)、8日(日)、7月14日(土)~9月2日(日)のあいだ営業しています。

混雑情報

プールエリアがもっとも混雑するシーズンはお盆の期間です。そのため、比較的空いているお盆以外の平日を狙うとよいでしょう。また、人が多い時間帯は10時頃から16時頃。なるべく空いている時間帯に利用したい場合は、9時の開場と同時に入るのがおすすめです。また、ナイトプールの開催日であれば、16時頃に入場して少し遊び、そのままナイトプールでのんびり過ごすという楽しみ方もあります。

お得な割引クーポン

1.アソビューの電子チケットを購入する!

アソビューでとしまえんのチケットを購入すると、最大300円割引になります。事前に購入できる電子チケットなので、チケットカウンターが混雑しているときもストレスフリーで入場できます。

2.年間フリーパス「木馬の会」を購入する

木馬の会に入会すると、入園、のりもの、夏季プールが1年間フリーになります。また園内のレストランや併設のスパ「豊島園 庭の湯」が割引になる特典もあるため、1年のうち何度も利用する方は入会を検討してみるとよいかもしれません。

大人:新規 21,600円、更新 18,900円
中学生・高校生:新規 16,740円、更新 14,580円

ファミリーで利用するとお得になります!詳しくはこちら

来園前に知っておきたい情報

プールでテントを使用してもいい?

周りの方に迷惑にならない大きさであればOKです。ただし、風で倒れやすいものは設置できない場合もあるので、簡易的なビーチテントやレジャーシートを利用するのがおすすめです。


持ち物は何が必要?

現地でレンタルできるものは?

取材日は、午後に行ったら2人乗りのうきわが売り切れでした。

プールエリアでレンタルできるものは、デッキチェア・氷入りのクーラーボックス・うきわ(1~3人乗り)です。

数量限定なのでお早めに!

波のプール側の更衣室入り口付近にあります。

無料の空気入れを利用すれば、持参したビーチボールや浮き輪を一瞬で膨らませられます。一刻も早く遊びたいときに、すごくありがたい機械です。

貴重品はどうする?

貴重品は各自で管理するか、更衣室のロッカーを利用しましょう。

キャッシュレス・タグの受付

またプールでのお買い物は、プール入口で購入できるキャッシュレスタグを利用するのが便利です。プリペイド式のタグなので、お財布を持っていかなくてもプールエリアでお買い物ができます。

水着を忘れてしまった!プールには入れない?

水着、浮き輪、ビーチサンダル、飲み物、お菓子などがあります。

としまえんのプールの更衣室には、ゲームセンター、売店、スポーツショップなどが揃っています。万が一、水着やうきわを忘れた場合も、現地で購入できるのは便利ですね。

ちなみに・・・

かわいい……

沖縄に関連したものづくりが体験できる「手作り体験工房」も更衣室のある屋内エリアに入っています。この日は、シーサーの絵付け体験が開催されていました。愛嬌のあるシーサーたちが並んでワクワクを盛り上げてくれます!

 

前の記事へ 次の記事へ