プロジェクションマッピングの国際大会が「明治神宮」で初開催!没入型の光の祭典プログラムで音楽&アートのコラボを楽しもう【東京】

あそびのジャンル
タグ

プロジェクターから空間や物体に映像を投影し、さまざまな作品を生み出すパフォーマンス“プロジェクションマッピング”。最新技術を駆使した光と映像のアートに、高い関心を持つお子さんも少なくないはず。東京・新宿の「明治神宮外苑」では、プロジェクションマッピングと光の空間が楽しめる祭典「TOKYO LIGHTS2023」が初開催されます。

期間中は、世界最大級のプロジェクションマッピング国際大会「1minute Projection Mapping Competition」も開催。新進気鋭のクリエイターたちの織りなす芸術作品には、子どもたちの感性が刺激されること間違いなし!大スケールで行われる光の祭典に、ぜひ親子で参加してみてはいかがでしょうか?

今年初開催となるプロジェクションマッピングと光の祭典「TOKYO LIGHTS」。2012年から続くプロジェクションマッピングの国際大会「1minute Projection Mapping Competition」とともに、極上のエンターテインメント空間が楽しめるイベントです。

今年の国際大会は「LINK」をテーマに、過去最多となる58ヵ国から総勢281組ものクリエイターがエントリー。世界中から1分ほどのプロジェクションマッピング作品が集まり、ユニークかつハイクオリティな作品で観客を魅了してくれます。

9月8日・9日は、2公演に分けて国際大会が開催。9月10日には、国際大会通過者の授賞式も行われます。「自分たちの心に響いた作品はどれだったか?」「その作品は大会を勝ち抜くことができるのか?」など、多彩な視点で作品を鑑賞すれば、現場でしか体感できない熱気や興奮を味わえるはず!ぜひ家族で勝負の行方を見守ってみてください。

総合球技場軟式球場には、光のアートと音楽を融合させたプログラム「光の祭典エリア」も登場。エリア内各所には、先進的な光と音楽のエンターテインメントが配置され、光の世界を旅するような非日常感が味わえます。演出のコンセプトは「LINK TOKYO」。光に照らし出された東京の魅力を繋ぎ合わせ、未来や幸せを世界に発信することがテーマとされています。

広大な会場を大胆に活用したデジタルサウンドアートやリアルパフォーマンスを組み合わせたライブ空間のほか、国際大会の様子を映像で観覧しながら、フードやドリンクを味わえる飲食スペースも登場予定。ここでしか味わえない「光のお祭り」に、子どもたちも大興奮間違いなしですよ。

さらに、オフィシャルアンバサダーとして、世代を超えて愛されるボーカルユニット「GReeeeN」も参加!メンバーが特別に協力して作ったオープニング演出は期間中毎日観られるので、ぜひ親子で楽しんでみてください。

なお、9月の「TOKYO LIGHTS 2023 / Sep. RED 」開催のあと、11月にも「TOKYO LIGHTS 2023 / Nov. BLUE」が開催予定!こちらはメイン企画として、国際大会優勝者エキシビションが行われる予定です。国際大会を最後まで楽しみたいという方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか!

<文=藤間紗花>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆19もの創作キッズプログラムが勢ぞろい!こどもの遊び場「サンシャインシティ プレーパーク」でお手軽アートを体験しよう【東京】

◆富士山の絶景を独り占め!わずか4棟のプライベート空間「スイートグランピング河口湖」で湖畔に暮らすような旅をしてみない?【山梨】

◆ラグーナテンボスで期間限定・鬼滅コラボが実現!原作ストーリーの追体験やフォトスポット、限定グッズ&グルメでワクワクが止まらない!【愛知】

新宿区(東京都)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
アソビュー!のアプリをダウンロードして
週末のお出かけをもっと便利に!もっとお得に!
 
  • 1
前の記事へ 次の記事へ

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS