伊豆・稲取温泉の伝統「どんつく祭」が4年ぶりに開催!大迫力の神輿や和太鼓、花火に伊豆グルメを堪能しよう【静岡】

あそびのジャンル
タグ

楽しかった夏休みが終わり、少しずつ秋の気配が感じられるようになりました。「夏は終わってしまったけれど、子どもと一緒にお祭りを楽しみたい!」と思うなら、静岡県・伊豆で9月30日、10月1日の2日間開催される「どんつく祭」に参加してみては?

温泉地として人気の高い「稲取温泉」で行われる「どんつく祭」は、子孫繁栄や無病息災にご利益があるといわれる伝統的なお祭り。コロナ禍などのさまざまな事情から一時休止されていましたが、開催を願う人々の声に応え、今年4年ぶりに開催されます。

伊豆の名産品やグルメが楽しめる出店やキッチンカー、伊豆の空に打ち上げられる花火など、子どもも大興奮間違いなしのコンテンツが盛りだくさん。ぜひ家族で一緒に、伝統的なお祭りを楽しんじゃいましょう!

そもそも「どんつく祭」とは、稲取にある「素盞鳴(すさのお)神社」の例大祭にならって、男性器をかたどった御神木をみこしに乗せて会場を練り歩くお祭り。

御神木にはさまざまな大きさがあり、もっとも大きいものはなんと長さ4.2m、総重量2.2トンにもなるそう。その珍しさと、子孫繁栄、夫婦和合などのご利益があるという言い伝えから、国内外でも注目を集めるお祭りとなりました。

一方で、そのユニークな御神木に対する意見や、参加者の減少、コロナ禍による自粛などの影響があり、2018年を最後に「どんつく祭」は長らく休止状態に。しかし、これまで来場した人々を中心に「また開催してほしい」という声も多く上がり、今年4年ぶりに開催するに至ったそうです。

大迫力の練り歩きのあとには、勇ましい「どん太鼓」をBGMに花火の打ち上げも行われます。広々とした伊豆の夜空に輝く花火は、家族みんなの忘れられない思い出になること間違いなし!

2日目の10月1日には、みこしの練り歩きとどん太鼓は行われませんが、打ち上げ花火と「どんつくフードフェス」を楽しめます。

どんつくフードフェスは、伊豆の食材を使ったフードやキッチンカーが登場するイベント。1日目の出店とはまた違った雰囲気を楽しめるので、伊豆旅行のプランのひとつに組み込むのもおすすめですよ!今年の秋は、ぜひ家族みんなでユニークな「どんつく祭り」を体験してみてはいかがでしょうか。

<文=藤間紗花>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆この秋一番の映えスポット!?東京タワー&キャンドル1,000個のコラボを楽しめる「東京プリンスホテル」のお月見でロマンチックな時間を【東京】

◆浅草にものづくりストア「inimu」がオープン!オリジナルの香りをまとってドリンク片手に下町散策を楽しんでみない?【東京】

◆コワかわいいがクセになる!サンシャイン水族館の夜間営業でいつもとは違ういきものたちの怖ろしい一面を覗いてみない?【東京・池袋】

賀茂郡東伊豆町(静岡県)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
アソビュー!のアプリをダウンロードして
週末のお出かけをもっと便利に!もっとお得に!
 
  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS