10月14日・15日限定!日本の歴史文化がデジタルアートに?「岐阜関ケ原古戦場記念館」で大スケールの歴史の授業に参加しよう【岐阜】

あそびのジャンル
タグ

プロジェクターなどを用いて、立体物に映像を投影させ、リアルとバーチャルが融合したアートをつくり出す「プロジェクションマッピング」。その幻想的で未来的な世界観に魅了されている子どもたちも多いのではないでしょうか。

岐阜県・関ヶ原にある「岐阜関ケ原古戦場記念館」では、10月14日・15日の2日間、関ヶ原に関連するデジタルアニメーションが建物に投影されるプロジェクションマッピングイベント「岐阜関ケ原古戦場記念館 歴史絵巻 プロジェクションマッピング 2023」が開催されます。

「関ヶ原合戦図屏風」や「徳川二十将図」など、日本の歴史やモチーフが落とし込まれたアートは、まさに未来と過去の交錯を感じさせます。デジタルアートに関心の高い子どもはもちろん、歴史に興味がある子どもも楽しめること間違いなし!

「岐阜関ケ原古戦場記念館」といえば、大河ドラマ『どうする家康』で今注目を集めるスポット。天下分け目の戦いの舞台となったこの場所で、最新技術を駆使したプロジェクションマッピングイベントが行われます。

投影されるのは、「岐阜関ケ原古戦場記念館」が所蔵する徳川二十将図」や「太平記英勇伝」、そして「関ケ原町歴史民俗学習館」が所蔵する「関ヶ原合戦図屏風」が躍動するデジタルアニメーションや、関ヶ原の戦いが描かれた浮世絵など。

古くから所蔵されてきた歴史絵巻が、現代のデジタル技術によってダイナミックに表現されるさまは、子どもだけでなく大人も感動してしまうこと間違いなし。

フラッシュ撮影やドローン撮影、混雑時の三脚を使用しての撮影や連写不可などの撮影ルールを守れば、プロジェクションマッピングと一緒に撮影することも可能です。

現代的な歴史絵巻が投影された建物を背景に、クールな1枚を撮影してみてはいかがですか?

なお、当日2日間は18時から20時30分までの間に、約6分間のコンテンツが、約4分間の休憩を挟みながら連続投影される予定。どの時間帯でも同じ映像が観られるので、観光の帰りにふらりと立ち寄ってみるのもおすすめです。

ぜひ、観光とプロジェクションマッピングをセットで楽しんで、新たな関ヶ原の魅力を堪能してみてはいかがでしょうか?

<文=藤間紗花>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆軽井沢でSDGsがテーマのハロウィンイベントが開催!体験型フォトスポットにアート鑑賞、スカイランタンと見どころがいっぱい【長野】

◆毎年恒例の秋冬の風物詩!新色アースブルーも登場する「よみうりランド ジュエルミネーション」で美しい夜の遊園地を楽しもう【東京】

◆クロミやポムポムプリンたちと楽しく英語を学ぼう!「サンリオピューロランド」に体験型の英語学習アトラクションが新登場【東京】

不破郡関ケ原町(岐阜県)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
アソビュー!のアプリをダウンロードして
週末のお出かけをもっと便利に!もっとお得に!
 
  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS