雪上バナナボートで大はしゃぎ!「大地の芸術祭」冬プログラムでアートに郷土料理、アクティビティを楽しみ尽くそう【新潟】

あそびのジャンル
タグ

一面白銀の世界で思いっきり遊んで、その土地のおいしいものを食べてのんびりと過ごす。そんな田舎の冬の一日を家族で過ごしてみたいと思ったことはありませんか?新潟県十日町にて1月13日(土)から3月10日(日)まで開催される「越後妻有2024 大地の芸術祭 冬」なら雪上アクティビティや郷土料理、特別なアートプログラムを一度に楽しめちゃいますよ。

イベント期間中は「越後妻有里山現代美術館MonET」や、まつだい「農舞台」フィールドミュージアムをはじめとした拠点施設で企画展や雪上アクティビティ体験を開催。さらに、ガイド&ランチ付きのオフィシャルツアー6コースも実施予定です。今年の冬は東京から2時間で行ける里山へお出かけして、特別な冬の思い出を作りましょう!

アソビュー!でお得なチケットをチェック

まつだい「農舞台」フィールドミュージアムでは、企画展「里山雪の遊園地2024」を開催。イベント中の土日祝日の10:00〜16:00まで、雪上バナナボートや雪上サッカー、雪迷路などさまざまな雪上アクティビティを日替わりで体験できます。

ほかにも、作家の四方謙一とドットアーキテクツによる屋外作品も展示されます。遊んだあとは雪上で焚火コーヒーやお餅、マシュマロを焼いてのんびり休憩しましょう。

越後妻有里山現代美術館 MonETでは、1月20日(土)から作家の鈴木康広の作品「水平の人|雪を見る」を公開中。さらに1月27日(土)からは、MonETの中央の池部分に巨大な人が出現!不思議な展示をぜひその目で確かめてみて。また、2月3日(土)、17日(土)、24日(土)、3月2日(土)の4日間は、食のおもてなしも実施され、おいしい食事とアートを一緒に楽しめちゃいますよ。

交通の整備がまだ整っていなかった時代、豪雪地帯の越後妻有の冬は厳しく、冬は陸の孤島となっていました。イベントでは、そんな厳しい冬を越すために人々が育んできた食文化を復活させた郷土料理「雪見御膳」をいただくツアーも開催されます。

雪見御膳が楽しめるツアーは、2月23日(金・祝)限定開催の「田中泯『雪の良寛』&雪見御膳 日帰りツアー」と、3月2日(土)~10日(日)の毎週土日に開催される「雪見御膳を楽しむツアー」の2種類。地元の集落のお母さんたちが作ったどこか懐かしい料理は、心までほっかほかに温まるおいしさですよ!

ぜひ「越後妻有2024 大地の芸術祭 冬」のツアーバスに参加して、冬のアートや雪見御膳など都会ではできない特別なプログラムを親子で体験してみませんか。各ツアーの詳細は公式サイトで要チェックです!

アソビュー!でお得なチケットをチェック

<文=宮本沙織>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆ハウルの城やキキのパン屋が新登場!ジブリパークの新エリア「魔女の谷」には家族で楽しめる遊びがいっぱい!【愛知】

◆2024年は爬虫詣(はちゅもうで)で新たなスタートへ!真っ白な蛇に黄金のイグアナを見て一気に運気アップしちゃお【奈良】

◆「たべっ子どうぶつ」の仲間たちと一緒にお祭りだっ!ヴィレッジヴァンガードとのコラボ屋台やグッズで2024年を華やかにスタート【奈良】

十日町市(新潟県)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

  • 1

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS