境界線ゼロの世界でアートが自由自在に行き来する!作品と一体化できる「チームラボボーダレス」で新感覚のアートを体験しよう【東京】

あそびのジャンル
タグ

麻布台ヒルズといえば、2023年11月末に開業した話題のスポット。多彩なアートが点在する緑豊かな空間で、厳選されたショップ・レストランを巡りながらお買い物や食事が楽しめると、アート好きの方を中心に人気を集めています。

そんな中、2月9日より公開となったのが、アートコレクティブ・チームラボの「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」(以下、チームラボボーダレス)。名前の通り、境界線を超えて独立したアートが縦横無尽に飛び回る驚きの空間で、今までの作品鑑賞の概念を超えるスペシャルな体験ができるんです!

チームラボ《増殖する無量の生命 - A Whole Year per Year》、《Moving Creates Vortices and Vortices Create Movement》© チームラボ

「チームラボボーダレス」は、境界のないアート群による“地図のないミュージアム”。展示された作品は部屋から飛び出し、ほかの作品に影響を与えながらボーダレスに混ざり合うのが大きな特徴。ゲストは全身でその中に没入し、あたかも作品と一体になったかのような“境界のない連続する世界”を体感できるのです。

チームラボ《花と人、コントロールできないけれども共に生きる – A Whole Year per Hour》、《追われるカラス、追うカラスも追われるカラス:境界を越えて飛ぶ》© チームラボ

常に進化するアート群はさまざまな場所へと移動し、複雑に絡み合い永遠に変化し続けます。まさに“一期一会の出会い”を、主観的な視点で楽しむことが可能。眺めるだけでなく、中にいるからこそ見える部分にもきっと気付けるはず。

チームラボ《人間はカメラのように世界を見ていない》© チームラボ

ボーダレスな体験は、入場前のエントランス作品「人間はカメラのように世界を見ていない」からすでに始まっています。ある場所からレンズを覗くと、突如ぶわっと文字が浮かび上がるギミックが!自分の視点とレンズから見た風景の違いにきっと驚くはず。

チームラボ《マイクロコスモス - ぷるんぷるんの光》© チームラボ

館内には、世界初公開作品を含む約50作品を用意。無限の空間を無数の光が走り続ける「マイクロコスモス - ぷるんぷるんの光」では、柔らかく揺れる不思議な物体に思わず釘付けに!宇宙の中で静かに紡がれる異なる秩序に心奪われますよ。

チームラボ《Bubble Universe: 実体光、光のシャボン玉、ぷるんぷるんの光、環境によって生み出される光 》© チームラボ

また「Bubble Universe: 実体光、光のシャボン玉、ぷるんぷるんの光、環境によって生み出される光」では、異なる光が入り混じり、無数の球体が揺れる空間で特別なひとときを過ごせます。

チームラボ《The Way of the Sea: 虚空の宇宙》© チームラボ

立体的に描かれる魚群の軌跡を眺めつつ、全身がふわりと浮かぶ感覚が味わえる「The Way of the Sea: 虚空の宇宙」も、ぜひ体験してほしい作品。自身の周囲すべてがアートとなり、作品に自らが溶けていく感覚を味わえます。

チームラボ《地形の記憶》、《境界のない群蝶 - 地形の記憶(仮)》© チームラボ

イベントでは、世界初公開作品を含む約50作品が登場。ぜひお気に入りの作品と一体化しながら、主観と客観の異なる視点でアートを鑑賞してみましょう。究極のアートを体感できる「チームラボボーダレス」で、世にも不思議な世界に没入してみては?!

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆3月7日「サウナの日」をお祝い!「ウッドデザインパーク岡崎」で期間限定のサウナweekが開催決定!サウナーさん集まれ〜!【愛知】

◆体力&ひらめきで優勝を狙えっ!綱引きから障害物競走、雪サウナづくり、サウナ交流まで楽しめる「雪上サウナ〜大運動会」が開幕!【長野】

◆小豆島に新たな妖怪スポットが誕生! 小豆島大観音の足元にあるカフェで楽しむ妖怪彫刻ギャラリー「怪廊」展が気になる!【香川】

港区(東京都)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

  • 1
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS