北見 観光スポット12選!サロマ湖など自然を堪能できる名所まとめ

あそびのジャンル
タグ

北海道・北見の観光名所を12スポット厳選しました。北見の観光地には、美しい自然の景観や、冬の厳しい寒さを活かした名所が多くあります。水平線に沈む夕日が美しい「サロマ湖」は必見です。そのほかにも、凍った川の下を魚が泳ぐ「北の大地の水族館 山の水族館」や、60匹ものキタキツネを放し飼いにしている「北きつね牧場」など、どれも北見の自然をたっぷり堪能できます。それでは、北見観光の際におすすめのスポットをご紹介しましょう。

北見周辺の遊び一覧はこちら♪

サロマ湖

北海道で一番大きな湖「サロマ湖」は、夕日の名所として広く知られています。オホーツク海に面したサロマ湖の水平線に、美しい夕日が沈む様子は絶景です。その光景をカメラにおさめようと訪れる人が後を絶ちません。また、サロマ湖に訪れたなら「サロマ湖展望台」は欠かせないスポットです。幌岩山(ほろいわやま)の山頂にあるサロマ湖展望台では、サロマ湖とオホーツク海の大パノラマを一望できます。カメラでは撮りきれない、湖の端の景色まで眺望できる施設です。

北の大地の水族館 山の水族館

 

「北の大地の水族館 山の水族館」の自慢は、日本最大級の淡水魚「イトウ」です。1メートル級に育つまでにおよそ15年もの歳月を要するイトウ。

 

「北の大地の水族館 山の水族館」では、1メートル級のイトウが約40匹も飼育されています。この数は、日本で最も多い飼育数です。「幻の魚」とも呼ばれる希少種のイトウが、この水族館でならたっぷり観察できます。また、冬の留辺蘂町(るべしべちょう)の厳しい寒さを利用した展示も必見です。冬になると水面が凍る「四季の水槽」では、凍った川の下を泳ぐ魚の姿が見られます。魚の四季折々の生活をリアルに再現した「四季の水槽」は、世界初の展示方法です。

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS