鳥取でしか体験できない、日頃のストレスを発散できるアクティビティを一挙に紹介!

あそびのジャンル
タグ

砂丘で有名な鳥取ですが、砂丘を北に超えるとすぐ日本海が広がります。鳥取では独特の地形を利用したアクティビティが盛んに行われていて、旅行のメインにアクティブ体験を入れる人も珍しくありません。この記事では、鳥取ならではのアクティビティをたっぷりご紹介します!

空から海に向かってテイクオフ!砂丘上飛行はここならでは

日本で唯一、砂丘での空中散歩を楽しめる「砂丘パラグライダー」。30年以上の実績を誇る「ゼロパラグライダースクール」が実施しているため、初心者でも安心して楽しむことができます。

まずは砂丘前のお土産販売店「らくだや」に集合し、パラグライダーを自ら担いで砂丘へ。テイクオフポイント(離陸地点)は、砂丘の「馬の背」と呼ばれる一番高い丘をさらに北へ越えた地点です。夏場は体力の消耗と共に汗をたくさんかくため、最低でも2Lの水を必ず持っていきます。

テイクオフポイントに着いたら、インストラクターの片岡さんによるレクチャーが始まります。離陸後は自分でパラグライダーを操作するため、身の安全を守るのも自分自身。きっちり説明を受け、わからない部分があれば何度でも確認をしましょう。

それでは、パラグライダーをしっかり身に着けてトライです。緊張はするものの、片岡さんたちが離陸直前まで声を掛けながら一緒に助走してくれるので安心。教えていただいたとおりに行えば、まず怪我等の心配はありません。

離陸時は砂丘を一気に駆け下りながら、パラグライダーを開きます。走っているうちに自然と身体が浮き上がり、あっという間に空中へ。目の前には空と海と砂だけが広がり、聞こえてくるのは風の音のみ。浜辺に向かってふわふわと不思議な感覚の浮遊体験が楽しめます。飛行しているのは十数秒ほどですが、他の何にも代えがたい未知の感覚がやみつきになってしまいます。

ここでは半日コースと1日コースが選べます。「夏は日中かなり暑くなるため、午後からの体験がオススメです」と片岡さん。運動が苦手な人でも心配無用で、実際3歳の幼児から体験が可能です。空を飛ぶような不思議な感覚を味わいたいなら、ぜひ鳥取で挑戦してみましょう。

予約はこちら!

予約はこちら!

大自然が創造した絶壁や奇岩をカヤックで探検!

夏の大人気アクティビティ、浦富海岸(うらどめかいがん)のシーカヤック体験をご紹介。山陰のジオパークとしても知られ、他の岩石よりも硬い岩石である花崗岩(かこうがん)や、規則正しい節理(割れ目)による珍しい海食地形が見られます。そんな壮大な海岸をカヤックで巡るのが、こちらの醍醐味。まずは乗船前に基本となるパドルの持ち方、漕ぎ方、そして乗船の仕方を習います。今回ガイドを務めてくれるのは、鳥取県自然体験塾のガイドさん。

しっかりと基礎を学んだら、2人乗りカヤックに乗って出発です!ちなみに2人乗りの場合は、左右の漕ぐ動きを合わせるのが基本なので、後ろの人が前の人に合わせます。バラバラではなかなか進まず、ぐるぐると回ってしまうことも。

出発してものの数分で断崖絶壁や大きな奇岩、そして洞窟が集まる場所へ。何百万年もの月日をかけてできた自然の芸術に囲まれながらのカヤックは、あまりの迫力に漕ぐ手が止まるほど。ちなみにこちらの見事な松の木が生えた奇岩は、江戸時代の鳥取藩主が「この松の木をわが庭に移せたものには禄千貫を与えよう」と言ったことから「千貫松島」と呼ばれるようになったそうで、山陰海岸のランドマークとしてとても有名です。

浦富海岸はアーチ状の巨岩や洞窟が点在する場所なので、ガイドさんが様々なビューポイントへと誘導してくれます。このエリアはとにかく透明度が高いため、海底まで見えるようなスポットがたくさん。ちなみに、渚交流館ではこの特色を最大限に生かしたクリアカヤック体験も実施しています。全体が透明になったカヤックに乗れば、まるで自分が海に浮いているような感覚が味わえるそうで、足元から透明度の高い海底が覗ける新感覚にハマる人も多いようです。

コースや体験時間によっては、誰もいない浜に上陸してゆったり休憩したり、浜辺でのんびりランチをしたり。どのコースであっても大自然による驚きと感動を目の当たりするのは必至。大迫力の自然美に包まれながら、壮大な海のツーリングを楽しみましょう。

予約はこちら!

神秘的な大自然エネルギーをヨガでチャージ

広大な砂丘の上で行うことにより、身体のバランスとインナーマッスルが自然に鍛えられる砂丘ヨガ。今回は砂丘ヨガの先駆者でもあるインストラクターのErikoさんと共に、砂丘上のフィールドへ。砂丘に入ってからはすぐ裸足になって、ふわふわの砂の感触を楽しみながら歩きます。フィールドへ行く途中には砂を掴んで感触を確かめたり、瞑想しながら歩いたり、時にはヨガポーズで記念撮影をしたり。ヨガを始めるまでに砂を使った様々な体験をし、仲良くなるのがErikoさん流だそうです。

青い空と海、そして砂丘のみが目前に広がり、聞こえてくるのは波や風の音のみ。普段めったに踏み入れることのない静寂のフィールドでヨガが始まります。街なかのスタジオとは違い、天井も雑音もない大自然が演出してくれる非日常のヨガは、心のケアにも良いそうです。

ヨガの体験プログラムのなかでも朝日がのぼるサンライズヨガや、夕暮れ時のサンセットヨガが特に人気だそう。太陽を浴びながらのヨガは自然のエネルギーをたっぷり感じられます。朝早い時間などは、風が作り出した砂の芸術“風紋”が砂丘全面に広がる様子がよく見られるそうです。

ダイエットだけではなく、美肌、アンチエイジング、心の浄化としてもおすすめの砂丘ヨガ。ヨガ未経験者でも楽しめるので、少しでも気になったら気軽に体験してみてください。またErikoさんは、砂丘ヨガ以外にも砂丘の南側にある多鯰ヶ池でボードを使ったSUP(スタンドアップパドル)ヨガも行っているそうです。鳥取でヨガをするなら、こちらもぜひチェックしてみてください。

予約はこちら!

砂丘はもちろん、海も山も豪快に颯爽と駆け抜ける

ファットバイクに乗って鳥取砂丘を疾走する日本で唯一のツアー「トレイルオン」。広大な砂丘をメインに、日本海の波打ち際を走ったり山道を駆け抜けたりと抜群の爽快感が味わえます。そんなファットバイクの特長は何と言っても極太タイヤ。マウンテンバイクの約2倍もの太さがあるので、安定感抜群です。

丘に山道に波打ち際にと、多彩な環境でファットバイクを最大限に楽しめる所は、他にはなかなかないそうです。気持ち良い疾走感が楽しめるこの時期ぴったりの体験をぜひ味わってみてください。

予約はこちら!

安全で気持ちいい!砂上のスリル&エキサイティング

砂漠の多いオーストラリアで生まれたサンドボード。実は柔らかい砂地を利用するため雪上のスノーボードよりも安全性が高いようです。こちらの醍醐味は何と言っても、斜度30度の斜面を海辺に向かって一気に降りる爽快感!ここまで広大なエリアでサンドボードが楽しめるのは、やはり鳥取砂丘ならでは。全国からサンドボードファンが集まるそうです。

全く初めての方でも、インストラクターが丁寧に教えてくれるので安心です。ちなみにサンドボードのレッスンが受けられるのは日本ではここだけ。また3月から12月と長い期間楽しめるのもファンが多い理由だそう。広大な砂丘と海を眺めながら、一気に滑り降りる快感を覚えて新しい喜びを噛み締めましょう!

予約はこちら!

スリル満点の沢登り&水遊び!美しい大自然の渓谷へ

中国地方では大山に次ぐ高さの氷ノ山(ひょうのせん)。ゆるやかな尾根や深く急な谷など変化に富んだ地形が特長的です。そんな氷ノ山を楽しむ施設「氷ノ山自然ふれあい館 響の森」では、山の自然や文化を今に伝えるため、山中で暮らす生物の情報や本物そっくりのブナ林のジオラマ、標本作成の方法など、自然を学ぶための展示がずらり。さらに、野外活動の一環として、登山やキャニオニングなども行っています。今回は、そんな中からシャワークライミングをご紹介。

シャワークライミングとは、簡単に言うと沢登りのこと。下流から上流に向かって進むスリルでエキサイティングな渓谷の遊びです。今回訪れたのは「21世紀に残したい日本の自然100選」にも選出されている氷ノ山の「諸鹿(もろが)渓谷」。ウエットスーツにライフジャケット、ヘルメットに専用シューズをがっちり装着していざ渓谷へ。今回は、「響の森」の館長・高橋さんにガイドいただきながらの挑戦です。

氷ノ山のマイナスイオンをたっぷり浴びながら、美しい沢の水を楽しむのがこちらの醍醐味。透明度が高く冷たい水は、夏の時期は本当に最高です。「装備自体が暑く感じる人もいますが、どれだけ暑くても沢の水に長時間浸かれば想像以上に体は冷えます」と高橋さん。

場所によっては、ロープを使って滝を登ったり、淵を泳いだり、さらには滝へダイブしたりと遊び方は色々。ただし、基本は下流から上流に向かって進んでいくため、体力の調整が必要です。

全てが自然のアトラクションのため、経験豊富な高橋さんでも苦戦することもあるそうです。だからこそ楽しい!のだとか。

上流のゴール地点では、何にも代えがたい達成感に満ち溢れ喜びもひとしお。沢の水と戯れながら、普段では絶対に体験できない大自然とのふれあいがたっぷり味わえます。初めての人でも存分に楽しめるため、カップルや仲間達と夏のアトラクションをお考えの方は、ぜひとも挑戦を!

予約はこちら!

こねて、のばして、切って、湯がく。自分で作る最高の味

鳥取市と倉吉市の中間に位置する鹿野町では、地元の清水と山芋(つくね芋)を合わせて打った十割そばが、伝統の味として親しまれています。ここ「鹿野そば道場」では、そんな「鹿野そば」が食べられるのはもちろん、そば打ちの体験も行っています。「こねる」から「湯がく」までの工程を自分で行い、体験後はそのおそばをいただきます。団体客や海外客からの人気も高いので、予約は必須。ちなみにエプロンなどは全て道場で用意してくれているので、手ぶらで大丈夫です!

体験では、難しい十割そばではなく、そば粉8割、小麦粉2割の粉を使用します。教えてくれたのは、軽快なトークが人気のお母さん「石原さん」。まずは、それらの粉ををしっかりと混ぜ合わせるところからスタートです。

ある程度粉が混ざったら、そこへ水を加えてこねてボール状に。耳たぶの固さぐらいに調整するのがポイントのようです。こねる作業は思った以上に力が必要ですが、ここは麺の食感が決まる大事な作業。石原さん曰く「しっかり力を込めないと、つやと粘りが出ないんですよ」とのこと。だんだんと表面が滑らかになり、石原さんのOKをもらって次の工程へ。

そば打ちでよく目にする麺棒を使った「のばし」。これが意外と難しく、均等に伸ばすことはもちろん、一気に力をいれるとちぎれたり穴が開いたり。せっかく上手にこねてもここで失敗したら最悪の場合はやり直しに。だからこそ慎重に行っていきます。

直径70cm、厚さ2mmほどまでのばせたら、打ち粉を振ってそば切り包丁で2mmの太さに麺を切ります。細かったり太かったりはご愛嬌、それも体験ならではの「味」と言えるでしょう。コツは、腕や手の力だけで切るのではなく、全身を使ってゆっくりリズムよく切ることだそうです。

最後は大鍋で麺をほぐしながら湯がき、熱とぬめりを取って盛り付けすれば完成です。通常は、麺の味がしっかり味わえる「ざるそば」でいただきます。一から自分で作ったそばは、売り物とはまた違った格別の味。自分で作った打ちたて、湯がきたての新鮮な鹿野そばを心ゆくまでお楽しみください。

予約はこちら!

手びねりで作る、世界にふたつとないマイうつわ

高濃度のラドンを含む世界屈指の放射能泉として知られる三朝温泉。風情にあふれる三朝橋やかじか橋に加え、ノスタルジックな町並みが人気の湯治場です。今回はそんな三朝温泉から目と鼻の先にある工房で行われる陶芸体験をご紹介。こちらの工房は一般的な陶芸教室とは違って、体験のみ。製作にかかる時間は1時間ほど。基本はテニスボールほどの信楽土を使ってお茶碗やお皿、湯呑みなどを作ります。最近ではビアカップも人気とのことですが、縦に長い器はバランスが難しいので初めての方はご注意を。

陶芸家の津村さんと弟子の中川さんに教わり、手動ロクロの上で作成します。とても丁寧に教えていただけるので、初心者でも安心!まずは土の中に親指を入れて少しずつ穴をあけ筒状にしていきます。この時点で、出来る限りろくろに対して同じような円を描き、さらに器の厚さを何となくでいいので統一するのがコツだそうです。

ろくろを回して、指の腹を使って作りたい形に少しずつ成形していきます。初心者が難しいと感じるのは、土に対する力加減。ぐっと力を入れると、一気に形が変わるのでゆっくり形を変えるイメージで行いましょう。ある程度形が整えば、木べらを使って器の中と外を美しく整えていきます。

器の形が整ったら、凸凹になっていた口縁を切り糸で綺麗に切って終了です。底部分や素焼き、釉薬などの工程は、すぐにかかれないため工房にお任せを。2か月ほどで自宅に届けてくれるので楽しみにお待ちください。

世界に一つだけのマイカップやマイ茶碗を作って、カップルや夫婦の記念日などに双方に贈り合うのもおすすめ。三朝温泉に来たならぜひ体験候補にいれてみてください。

ちなみに、こちらの工房では三朝温泉のお土産としても知られるカジカガエルを制作中。大小の2種のサイズがあって、大きいものは8.5センチほど。笑顔で空を見上げたり、酒を飲んだり、たばこをふかしたり、と表情や仕草が全て違うためこちらもオンリーワン。かなりの人気で、ファンも多いそうです。体験とともにチェックしてみてください。

予約はこちら!

いかがでしたか?さすが鳥取だけあって砂丘を利用したアクティビティが目立ちましたが、国内ではここでしか体験できないものばかりで、それこそが鳥取ならでは。夏らしいアクティブ旅行を楽しむなら、たくさんの初体験を楽しめる鳥取を旅先の候補にしてみてはいかがでしょうか?

前の記事へ 次の記事へ