石垣島の厳選ビーチ9! 定番から今すぐ行きたいリゾート系に穴場までご紹介

あそびのジャンル
タグ

沖縄県・石垣島は澄んだ海と自然が魅力の人気リゾートアイランド。東京や関西から直行便が飛んでおり、東京からは最短約3時間で到着。沖縄本島からは約1時間。八重山諸島の玄関口です。その石垣ブルーの海はハネムーンからご褒美旅、ファミリーでの思い出作りに海を愛するダイバーの有名ダイビングスポット訪問など国内外の多くの訪問者を魅了しています。

海開きは3月上旬、冬以外はほぼいつ訪れても泳げる部分も二重丸。とはいえ、数あるビーチのなかからどこを訪れるのがベストなの? という疑問も。そこで今回は、石垣島のオススメビーチを厳選。リゾート気分満載の定番&人気ビーチから手付かずのワイルド系まで幅広くご紹介します。

1.サンセットビーチ

写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー

石垣島の西海岸に位置する夏季限定の有料ビーチ「石垣島サンセットビーチ」。久宇良海岸にあり、映画『花より団子』のロケ地に採用され、その海の美しさが話題となりました。シャワー、トイレ、更衣室を完備。メインのシーズン中は海中にハブクラゲ防止ネットが設置されファミリーも安心して海を楽しめます。

コーラルリーフが防波堤の役割を担い、波が穏やかであるのもうれしい部分。干潮時も泳げます。シュノーケル4点セットにウェットスーツ、ライフジャケットまで一通りレンタルができ、水着だけあればOK。アクティビティはシュノーケリングツアーからSUP、マリンジェットツアーにバナナボートまでいろいろ。

要予約のバーベキューランチを頬張って、夕方はサンセットにうっとり。1日中遊べるうえ、有料ゆえに混雑もなく快適なビーチタイムが過ごせます。

2.シャニシャニビーチ

PIXTA

八重山地方の方言で「心がウキウキ・ワクワク」を意味する「シャニシャニ」。そんな心踊る名前が付いたビーチはとってもアットホームな雰囲気が大きな特徴です。目の前に建つ「石垣島ビーチホテルサンシャイン」では、最大5名まで乗れるロデオボートや最大2名で遊べるチューブライディングなど、各種アクティビティを提供。アクティブに海を楽しみたい人にもぴったりです。

なお、自然保全活動が活発なエリアで、海岸線の林には天然記念物のカンムリワシやダイサギなど多くの生き物が生息しています。

3.米原ビーチ

写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー

石垣島屈指の人気ビーチ「米原ビーチ」。西表石垣国立公園に指定されており全長約1kmの白い砂浜と目の前に広がるエメラルドブルーの海はまさに南国の海そのもの。遠浅のコーラルリールが続き、ハマサンゴや枝サンゴとともに、ハマクマノミなどカラフルな熱帯魚たちが伸び伸びと暮らす海の世界をシュノーケル初心者やファミリーも手軽に楽しめます。

ビーチから200mほど先のリーフエッジまで向かえば大型の魚たちも。さらに、米原沖合1km地点のWリーフと呼ばれるエリアでは、より活き活きとしたサンゴの姿や誰もが想像する理想の海の楽園を見ることができるとダイバーたちの間で人気のスポットとなっています。ただし、離岸流の発生するポイントや遊泳禁止エリアがあるため海に入る際は注意が必要です。

なお、フリースタイルのキャンプ場「米原キャンプ場」も併設しています。

 

石垣島の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

4.フサキビーチ

写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー

「フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ」に隣接する白い砂浜が印象的な「フサキビーチ」。石垣島西部に位置し、石垣島最大の名蔵湾に面しています。その自然豊かな天然ビーチにはウミガメが産卵に訪れるほど。ホテル管理のビーチは監視員常駐で安心、宿泊者以外も利用ができます。

パラソル&チェアの貸し出しやシュノーケル3点セットのレンタルに温水・冷水シャワーなど設備も完璧。定番のSUP、クリアーカヤックなどをはじめアクティビティも充実しています。

写真提供:沖縄観光コンベンションビューロー

八重山の海ならではの亜熱帯魚も多く生息しているエリアのためシュノーケル講習を受けたらさっそく海へダイブ!キッズプログラムや子供用の窓付きボートで気軽に参加できるリーフシュノーケルのツアーもあります。また同ビーチではサンセットも必見。ビーチ横の桟橋で波の音を聞きながらの奇跡のグラデーションが眺められるマジックアワーは忘れられない思い出になるはず。

5.底地(すくじ)ビーチ

 

PIXTA

石垣市の指定海水浴場「底地ビーチ」は日本一早く夏を宣言するビーチとして有名。石垣島を代表するビーチでゆるやかに大きな弧を描いた約1km続く砂浜が特徴です。

入り口の生い茂ったモクマオウを抜けた瞬間に一気に広がる砂浜と青い海の景観は感動もの。浅瀬のエメラルドグリーンから奥に向かうにつれて濃くなるコバルトブルーの海色の変化も美しく、のんびり木陰で海を眺めるだけでも癒されます。ビーチ向かって右側の石崎半島は世界屈指のマンタポイント。もちろんマリンアクティビティも各種揃っており、レンタルSUPで海上散歩を満喫したり、マンタとの出会いを期待してダイビングもいいでしょう。透明度の高さと遠浅で穏やかな海はシュノーケリング初心者の練習場としてもぴったりです。

またシャワー、トイレも完備、ハブクラゲに刺された時の応急処置に使う酢まで常備され、至れり尽せりです。

6.大浜海岸

PIXTA

地元民御用達で観光客がほぼ訪れない穴場的ビーチの「大浜海岸」。南十字星観察のベストポイントとして名高く、2月から4月にかけてがベストシーズン。ビーチ自体はゴツゴツした岩やサンゴが多く、あまり遊泳が推奨されていませんが、その分自然そのままの海岸線が残っており浜辺の植物観察やムナグロにナキオカヤドカリなどの生物観察など干潟散策にぴったりです。

さらにビーチコーミングでお気に入りの漂流物を見つけてみるのもいいでしょう。一般的なリゾートビーチとは景色は異なりますが、もうひとつの石垣のビーチの表情を発見できます。近隣の「崎原公園」の整備された散策路を利用すればのんびりと海岸線をお散歩できるのももうひとつの楽しみ。さらに海岸の西部に点在する「奇岩」も見所です。ぜひ八重山の英雄「オヤケアカハチの足跡」を探してみて。

7.真栄里ビーチ

 

PIXTA

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート敷地前の「真栄里ビーチ」は宿泊者だけでなく、一般にも開放されているビーチでホテルクオリティの体験ができると人気です。シャワーや更衣室、トイレなども完備し、ホテル内の一部施設も利用可能。海までの道もしっかり整備されており、リゾート気分満載で訪れることができます。シーズン中は監視員やハブクラゲ防止ネットもあるため子供連れも安心です。

ビーチハウスではバナナボートをはじめとするマリンアクティビティとともに、ファミリーで楽しめる海上アスレチック「マエサトオーシャンパーク」も提供中。ライフジャケットを着用し、家族全員で遊具での海遊びが楽しめますよ。また沖合の穏やかなエリアではボートシュノーケルツアーも。もちろんビーチシュノーケルツアーもあるので初心者はこちらへの参加がおすすめです。

8.平野ビーチ

 

PIXTA

石垣島最北端、観光名所「平久保崎灯台」にほど近い「平野ビーチ」。前述の灯台からも場所は確認できますが、看板もなくアクセスしづらいため島民もあまり足を運ばない静かなビーチです。知る人ぞ知るシークレットビーチは、見晴らしがよくロングビーチが続くうえ、美しいコバルトブルーの海もあいまって散策にはぴったり。と同時に人間の手が入っていない自然豊かなエリアのためシュノーケルでの魚やサンゴ観察にはもってこいです。

なお、比較的浅いエリアにサンゴが生息しており、岩も多いためサンゴと自身の両方を傷つけないように装備をきちんとしましょう。シャワーやトイレなど一般的な施設はもちろんありません。監視員やネットの設置もないためハブクラゲやカツオノエボシに対する対策は万全に。また、自己責任で海に入りましょう。たっぷり泳いだあとは先ほどの灯台へ。見晴らしがよく屈指の美しさを誇る海岸線を眺めて2度楽しんでみるのもいいですよ!

9.大崎ビーチ

 

石垣島北西部の名蔵湾の先に位置する「大崎ビーチ」は、ダイビングスポットとして非常に認知度が高い場所。沖に300mほど出るとダイビングで有名な「大崎ミノカサゴ宮殿」に到着。サンゴの群生とともに集まるミノカサゴたちをフィッシュウォッチングしたり、アカネハナゴイや美しい海の世界に生きる逞しい魚の姿を間近に感じることができます。

もちろんシュノーケルポイントとしても優秀。カラフルなサンゴやクマノミを眺めながら、透明度の高い水のなかで時間の許す限りぷかぷかと浮かんでみましょう。また、サーフィンスポットとしても地元民の間では定番。北風の影響を受けた高低差のある波はサーファーがこぞって訪れます。浜辺から海までの距離が短いため、ビーチでのんびり過ごすのではなくガッツリ海に入りアクティビティを思う存分楽しみたい人向けと言えるでしょう。

石垣島の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

憧れの石垣ブルーの海に白い砂浜、そして自然の残るワイルド系まで! 石垣島のビーチは個性豊か

エメラルドグリーンの海に白い砂浜。絵に描いたようなサンセットにのんびり過ごすホリデー。シュノーケルやダイビングで透明度の高い海での素晴らしい世界との出会いにマリンアクティビティで大はしゃぎ!もちろん、手付かずの浜辺で石垣島のワイルドな部分を垣間見るなど、ビーチの数だけ楽しみがあるのも石垣島だからこそ。

お気に入りのビーチやダイビング&シュノーケルポイントを見つけて毎年通える距離にあるのもうれしい部分です。一度行ったらすぐにまた行きたいと心をくすぐる石垣島の海とビーチに出会いに、ぜひ家族、カップル仲間と島を訪れてみてはいかがでしょう。

 

【こちらの記事も要チェック!】

【石垣島完全ガイド】 観光名所・グルメ・お土産厳選27選!

石垣島観光ならココ!絶対おさえておきたいスポット25選

石垣島の大自然を体感できる注目アクティビティ9選

 

(※2021年6月30日に公開された記事を再編集したものです。掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式HPでご確認ください)

 

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS