【石垣島完全ガイド】 観光名所・グルメ・お土産厳選15選!

あそびのジャンル
タグ

石垣島は沖縄・八重山諸島の中心となっている島です。沖縄らしい文化、南国ならではの自然が多くの人を惹きつけています。ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で3つ星にも選ばれた川平湾など、世界的に見ても素晴らしいスポットが点在する石垣島の「本当におすすめできる」スポットを、石垣市観光交流協会会長の高嶺さんに聞いてきました!

フサキリゾートヴィレッジ提供

石垣島観光協会会長 高嶺良晴さんにお話を伺いました!

石垣市観光交流協会会長であり、八重山ビジターズビューロー理事長でもある高嶺良晴さんです。石垣生まれ石垣育ちの根っからの石垣島の男です。石垣島で最も有名な観光地「川平湾」でグラスボート遊覧事業を手掛ける老舗の事業者、川平マリンサービスの代表でもあります。地域と手を取り合って、石垣島の観光の発展に尽力されている高嶺さん。「話するならお酒があったほうが話しやすいね~」と言いながら、気さくに石垣島の魅力についてお話してくれました!

石垣島とは

石垣市観光交流協会提供

石垣島は沖縄県石垣市に属し、石垣市の中心は那覇から約410km、東京から約1,950kmの距離に位置しています。石垣島は沖縄の中では沖縄本島、西表島に次いで3番めに大きな島で、周囲は約160km。北東に長く伸びた岬が特徴的です。
島の中央には沖縄最高峰、標高526mの於茂登(おもと)岳がそびえ、山岳部には亜熱帯の木々の森があり、平野にはサトウキビや牧草地が広がります。海の青さも素晴らしく、特に川平湾や白保など、世界屈指の青珊瑚が見られる場所もあります。川平湾はミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで3つ星の観光地に選ばれ、世界にその名を知られるようになりました。
 

日本より台湾に近い?八重山エリアの中心地、石垣島

石垣市観光交流協会提供

石垣島は八重山エリアの約9割の人口が集中している政治・経済・文化の中心です。離島ターミナルからは西表島・竹富島など各島へ向かう定期船が発着しています。石垣市街地からは島内各地へ向かう路線バスを利用できます。

石垣島と台湾との距離は270kmと那覇よりはるかに近いこともあり、昔から台湾との関係が深い島でもあります。台湾北東部の蘇澳鎭と石垣市が姉妹都市の提携を結んだり、台湾~石垣間の飛行機が運行されたりなど、人の行き来も活発です。特に近年では台湾から豪華客船によるツアーが増加し、スーパーなどで「爆買い」をする様子も見られます。

石垣島の歴史

石垣島は古くは日本書紀にも登場していますが、その後の歴史については記録がなく定かではありません。中世の1500年に豪族であったオヤケアカハチが琉球王府に敗れ、八重山が琉球王府の支配下に入ったという記録があります。その後琉球王府が薩摩藩に実効支配されると、人々は重税に苦しんだという辛い歴史もあります。
太平洋戦争後には沖縄本島から多くの人々が新天地を求めて渡り、石垣島・八重山地方が次第に発展していきました。

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS