神戸の大規模イルミ!神戸イルミナージュの見どころや基本情報を徹底紹介

あそびのジャンル
タグ

寒くなってくると見たくなるのがイルミネーション。全国各地で開催されているのでどこに行こうか考えている人も多いのではないでしょうか。イルミネーションといっても最近は光だけに限らず、音や香りなど趣向を凝らしたものが増えていて、場所によって規模も内容も異なっています。ここでは道の駅神戸フルーツ・フラワーパーク大沢で開催される「神戸イルミナージュ」の見所や営業時間、アクセス方法など、詳細について解説していきます。

神戸イルミナージュとは

神戸イルミナージュは兵庫県神戸市北区にある道の駅「神戸フルーツ・フラワーパーク大沢(おおぞう)」で開催されるイルミネーションです。神戸のイルミネーションというと有名なのはルミナリエですが、イルミナージュはルミナリエとは違った魅力があります。
ルミナリエは荘厳なイメージですが、イルミナージュはカラフルでロマンチックな印象です。

ナージュとはイタリア語で「泳ぐ」を意味するので、光がオーロラのように泳ぎ輝く、という意味が込められています。会場が広く、周りも自然に囲まれているのでより一層きれいに見えるのが特徴で、カップルはもちろん、子供やペット連れでも楽しめるイルミネーションとなっています。年を重ねるごとにスケールアップしていて、毎年たくさんの人が来場します。

360度光の世界、巨大イルミネーション迷路

神戸イルミナージュには日本初の巨大サークルイルミネーション迷路があります。全身をまばゆい光が包み、360度どこを見てもキラキラと輝きに満ちています。通常のイルミネーションは上部のみだったり、側面のみのことが多いですが、イルミナージュではひと味違ったイルミネーションを体感できます。

ただ見るだけでなく、ゴール目指して家族や恋人と光の中を歩き回るのも楽しいですよ。難易度はそこまで高くないので、小さな子供から大人まで皆でワイワイ楽しめる空間となっています。

巨大迷路は光の壁に囲まれた空間で、普通のイルミネーションと違った雰囲気を楽しむことができるのが最大の魅力です。会場がとても広いので他の人との距離も近すぎず、ゆったり見られるのもポイントでしょう。会場の駐車場が17:00から無料となるため17:00~18:00は混み合いますが、平日20:00前後は土日と比べると人も少ないので他の人を気にせずゆっくり楽しみたいカップルにはおすすめです。もちろん人混みが苦手な人や子供連れ、ベビーカーが必要なファミリー、ペット連れの人も気兼ねせず楽しめますよ。

テーマに合わせた色とりどりのイルミネーション

入り口のゲートをくぐると目の前にキラキラと輝く大きなツリーがお出迎えしてくれます。さらにアニマルランドや妖精の国、花回廊などそれぞれテーマにちなんだイルミネーションが輝いているのが特徴です。大公城とシャンパン通りにはシャンパンをモチーフにした街路樹が並んでいて、シャンパンの上質な気泡がグラスから溢れ出てくるような演出がとてもおしゃれ。ヨーロッパの街並みへと誘う光はとてもロマンチックなので特にカップルにおすすめのポイントです。

また、他にもパーク内にはひまわりや赤ずきんちゃん、ペンギンなどモチーフが分かりやすい装飾が多いです。パッと見て分かるモチーフは子供も喜ぶでしょう。そして、以前行っていて好評だった「白亜の世界」がバージョンアップし「白金の世界」となって登場しています。華やかな光の舞台は美しく迫力満点です。イルミナージュではパーク全体のイルミネーションで約500万球の電飾が使用されています。イルミネーションで有名な「なばなの里」では約750万球なのでそれには及びませんが、関西では最大規模のイルミネーションです。

音と光のカーニバルギミックショー

入場するとすぐに行われる音と光のカーニバルギミックショーも見所です。ノリの良い音楽と鮮やかな光に思わず踊りたくなってしまいますよ。目まぐるしく色とりどりに変わる木々は幻想的で、不思議な国に迷いこんでしまったような気分になります。他のイルミネーションではプロジェクションマッピングによる音の演出はありますが、イルミナージュのような空間全体を使った音と光の演出は会場の広さによる利点と言って良いでしょう。見るだけではなく参加型のイルミネーションが他とはちょっと違う点です。

リズム感が心地よく、色彩豊かな光も相まってワクワク楽しい気分にさせてくれるイルミネーションです。緑や赤白などビビッドな色合いが特徴的で、螺旋状に動いたり、上下に動いたり思わず目を奪われます。ちょっとの時間なのでぜひ立ち止まって眺めたり、動画を撮って後で見返すのも良い思い出になるのでおすすめです。

SNS映えもばっちりフォトスポット

神戸イルミナージュではただ美しいだけのイルミネーションではなく、様々な写真撮影スポットが用意されています。光輝くツリーや木々のライトアップもそうですが、見た人から「どこで撮ったの?」と聞かれるような写真が撮れちゃいます。巨大なハイヒールやリップの飾り、妖精など可愛らしい演出だったり、シャンパングラスやアンティークな街並みの雰囲気あるイルミネーションなど、タイプの異なるフォトジェニックなスポットがたくさんあるのが魅力です。せっかく写真を撮るなら他の人に自慢できるような魅力的な写真を撮りましょう。

神戸イルミナージュの会場は自然に囲まれたところで、駅や市街地と比べると気温もグッと下がります。しかし周辺に余計な光や写真に写り込むような高い建物もなく、さらに空気が澄んでいるのでイルミネーションがより一層きれいに見えます。もちろん写真写りも抜群なのでSNS映えする写真がたくさん撮れますよ。

動物もイルミネーションの一部に変身

神戸イルミナージュの会場は日中、神戸フルーツ・フラワーパークとして営業していて、園内を移動するための乗り物があります。チューチュートレインという乗り物で、夜間はお休みしていますがイルミナージュ開催中は美しく電飾が飾り付けられていて、キラキラ輝く動物たちが搭乗して見る人を楽しませてくれます。子供にも人気が高いイルミネーションです。

また、会場内にある神戸モンキーズ劇場では約20分間お猿さんによる光の大道芸も見られます。複数回公演は行っているので、時間が合わずに見られなかった、ということもないので安心です。他のイルミネーションではこのような動物と光のショーはなかなかみられないので魅力のひとつですよ。園内はペット同伴可能なので一緒に光や音、ショーを楽しむのもおすすめです。

パーク内にはグルメも充実

会場となる神戸フルーツ・フラワーパークは道の駅でその面積の広さがメリットです。様々なショップや飲食店、サービスがあり、イルミネーション開始の17:00にはショップは閉まってしまいますが、飲食店は営業しています。さらに日中バーベキュー場として利用されているところはフードコートになっていて、屋台グルメが楽しめます。からあげやたこ焼き、フライドポテトなど食べ歩きにも適したスナック類が並んでいます。また、うどんやラーメンなど温かい軽食も購入することができますよ。

椅子やテーブルもあるので、食事をする他にも休憩場所として小さな子供や年配者でも安心です。とはいえ、屋外なので寒さ対策はしっかりしておきましょう。おすすめメニューは讃岐うどんで、遠くにイルミネーションを眺めながら体の芯から暖まることができますよ。他にも温かいお茶や各種ドリンクも充実しているので、イルミネーションの光同様、冷えた体を癒してくれます。

また、パーク外になりますが近くにあるハンバーグ屋さんも人気です。北欧を基調としたナチュラルな空間で、オーダーを受けてから成型する出来立てハンバーグを食べることができます。

人が多くても大丈夫、広大な敷地

神戸イルミナージュはフルーツ・フラワーパークが会場となっていて、その敷地面積はかなり広いです。そのため、アクセスの良い駅前や商業施設でのイルミネーションに比べて規模が大きいのが特徴です。初めに紹介したように広い敷地があるからこそ、巨大なサークル迷路や音楽と鮮やかな光による演出が可能となっています。就寝する人も多い21:00~22:00頃の夜遅くまでピカピカと輝くため、市街地や住宅街ではなかなかできない演出が可能なのもメリットでしょう。

また、人混みではぐれたり、混雑していてうまく歩けない可能性のある小さい子供や年配者にとっても、広い敷地は安全です。自分のペースでゆっくり見ながら歩くことができるので、後ろや横から押されて転んだり、迷子になることも少ないです。写真を撮る際に人の頭や手が邪魔できれいに撮れない、といった心配もありません。もちろんベビーカーでも安心してイルミネーションを楽しむことができますよ。都市部では広い土地が少ないため、神戸イルミナージュは幅広い年齢層に人気があります。

遠方からでも安心、近隣ホテルでゆったり

会場周辺には宿泊施設や飲食店も多く、遠方からでも時間を気にせずイルミネーションを楽しむことができます。ホテルフルーツ・フラワー、三田ホテル、神戸有馬温泉・元湯龍泉閣などがおすすめです。ホテルフルーツ・フラワーはパーク内にあるので閉園ギリギリまで遊ぶことができるので便利です。外観はオランダ国立美術館を模した美しいホテルで、全129室の客室は洋室、和室の両方が用意されているので好みによって使い分けができます。一泊朝食付きか一泊2食付きかが選べますよ。

三田ホテルは神戸三田ICから車で約7分、神戸電鉄「ウッディタウン中央駅」から徒歩1分という立地にあります。イルミナージュの会場からは車で約15分なのでアクセスも抜群です。ホテルにはレストランやバーのほか、地元食材を使用した鉄板料理なども楽しめます。龍泉閣では子供のことを第一に考えています。基本的に客室で食事が楽しめるようになっていて、小さい子供がいると何かと気を遣うので嬉しいサービスですね。他にも露天風呂付き客室、キッズルームの利用や絵本の貸し出し、小学6年生まで一律料金など、子供や子連れファミリーに優しい宿となっています。

神戸イルミナージュの料金

一般料金

  • 大人(中学生以上):1,200円
  • 小人(小学生以下):600円
  • 3歳未満:無料

神戸イルミナージュの割引クーポン

団体割引

20人以上の団体で利用する場合、料金から1割引となります。

  • 大人(20人の場合):通常24,000円→21,600円
  • 小人(20人の場合):通常12,000円→10,800円

前売券

各コンビニやネットで購入できる前売り券。

  • 大人(中学生以上):通常1,200円→1,000円
  • 小人(小学生以下):通常600円→500円
  • 3歳未満:無料

神戸イルミナージュの営業時間

点灯時間

  • 17:30~21:30(開場は17:00~22:00)
    ※年によって多少異なりますが、概ね11月初旬~次の年の2月中旬頃まで開催。

定休日

  • なし

神戸イルミナージュのアクセス

公共交通機関を利用する場合

  • JR福知山線「三田」駅から無料バースデイ約20分(開催時期の土・日・祝日、クリスマス運行)
  • 神戸電鉄「岡場」駅からバースデイ約15分、バス停「フルーツ・パーク下車」徒歩すぐ
  • JR「三ノ宮駅」から神姫バス(38系統)で約35分(土日祝のみ運行)

車を利用する場合

  • 大阪、京都方面:中国自動車道、神戸JCTから山陽自動車道へ乗り継ぎ。山陽自動車道神戸北ICから六甲北有料道路大沢IC降りてすぐ。
  • 神戸(三ノ宮)方面:新神戸トンネル~阪神高速北神戸線・柳谷JCTから六甲北有料道路大沢IC降りてすぐ。
  • 阪神高速31号神戸山手線から7号北神戸線柳谷JCT、六甲北有料道路大沢IC降りてすぐ。
  • 明石、加古川方面:加古川バイパス~第二神明道路伊川谷JCTから阪神高速北神戸線へ。柳谷JCTから六甲北有料道路へ乗り継ぎ、大沢IC降りてすぐ。
  • 岡山方面:山陽自動車道・神戸北ICから六甲北有料道路・大沢IC降りてすぐ。

神戸イルミナージュの駐車場

  • 住所:兵庫県神戸市北区大沢町上大沢2150
  • 営業時間:施設により異なる
  • 駐車台数:1,500台
  • 料金:17:00までは一台500円、17:00~無料、割引無し
  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS