アソビューの特徴

ボディボード体験

ボディボード体験できる19店舗から検索・比較。初心者でも安心して楽しめるボディボード体験が最安値で見つかります。みんなの体験・思い出やお得な割引情報など、ボディボード体験を探すならアソビュー!

最短で 12/11(今日)のお出かけへ!

本日のいちおしプラン

ボディボード体験の店舗一覧

誰でも気軽に波乗り体験!ボディボードの魅力とは?

■ボディボードとは?
「ボディボード」は、大きなビート板のようなボードの上に乗って波に乗るアクティビティ。サーフィンとの大きな違いは腹ばいで乗ることと、足にフィンをつけること。サーフィンよりも筋力や体力がなくてもはじめられ、初心者でも比較的簡単に波に乗れることから、女性人気の高いマリンスポーツとしても知られています。

■ボディボードに必要な持ち物・服装
ボディボードを体験する際に必要な持ち物は以下の通り。ウエットスーツやボードなど、専門的な道具に関しては、体験プラン参加時に無料でレンタルできるところがほとんどです。したがって、一人でボディボードをはじめるという方以外は、基本的に水着、日焼け止め、着替え、飲み物、ビーチサンダル、タオル、洗面道具などを持っていれば安心です。

・水着
当然ですが、ボディボードは海の中でおこなうスポーツです。そのため水着は必ず用意しましょう。

・ウエットスーツ(ラッシュガード)
擦れや怪我防止、日焼け防止の観点でもウエットスーツはあったほうがいいアイテムです。夏場であればラッシュガードでも代用可能。体験プラン参加時には、無料でレンタルできるところがほとんどです。

・タオル
海から上がった際に身体を拭くのに使用します。またシャワーを浴びる際などにも重宝するので、必ず持っておくようにしましょう。吸水性の高いスイムタオルなどがあればより便利です。

・日焼け止め
海上は日陰がなく、直射日光を受けやすい環境にあります。そのため、短時間の体験でも、すぐに全身が焼けてしまいますので、日焼け止めは必ず塗っておくようにしましょう。

・ビーチサンダル
夏場の砂浜は、砂が熱されてとても熱くなります。そのため、裸足で海まで移動すると足の裏をやけどしてしまうことも。普通のスニーカーでも大丈夫ですが、海から上がった際に濡れた足ではかなければならなかったり、砂が入ったりと面倒ですので、安いものでいいのでビーチサンダルを持っていくことをおすすめします。

■ボディボードの板はどんなものを選べばいい?
ボディボード選びの基準は、腰骨にボードをあてて掴んだ時に、肘の角度が90度になるものがいいといわれています。また、板をたてて持った時に、自分のおへそくらいの高さになるものがいいという説もありますので、どちらかの方法でボードを選んで、しっくりくるものにするといいでしょう。

■リーシュコードの取り付け方
「リーシュコード」とは、ボードから落ちた際にボードが流されないように、自分とボードを繋ぐ流れ止めの紐です。リーシュコードを取り付けるプラグは、購入時にお店で付けてもらえます。しっかりと自分と他のボディーボーダーの安全を確保しながら、ボディボードを楽しんでくださいね。