熱海で極上の温泉と客室を堪能できる「湯宿一番地」

あそびのジャンル
タグ

関東の人気温泉地といえば、熱海を思い浮かべる人も多いでしょう。都心からのアクセスが便利な熱海には、日頃の疲れを癒そうと、年中多くの観光客が訪れます。また、温泉をはじめ、自然やアート、史跡、海など、観光の魅力が数多く点在しているのも熱海の魅力です。そんな熱海には温泉宿が五万とありますが、なかでも「湯宿一番地」は、天然温泉の源泉掛け流しを楽しめる老舗の旅館として人気です。ここでは、湯宿一番地のおすすめポイントや料金、お得な情報、アクセスなどについて紹介していきます。

「湯宿一番地」とは

静岡県熱海市、熱海駅前の繁華街にほど近い場所にあるのが、温泉旅館「湯宿一番地」です。1946年に「志ほみや旅館」として創業して以来、70年以上も営まれてきた老舗の湯宿として、人気を集めています。2015年には、現在の名称で施設をリニューアルオープンしました。装いを新たに生まれ変わりながらも、「昔懐かしの湯宿」というコンセプトのもと、今も変わらない昔ながらの湯宿のおもてなしと熱海の温泉情緒を残した、風情溢れる旅館です。

この温泉旅館では上質な自家源泉の露天風呂とともに、四季折々に地元でとれる旬の豪華な料理を満喫できます。客室もランクによってさまざまなスタイルが用意されており、予算や希望によって好みの客室を選ぶことが可能です。落ち着いた客室で心地よさを感じながら極上の時間を過ごせると、年々リピーターが増えていることからも、この旅館の魅力がうかがえます。日々の仕事や生活に疲れたときに訪れれば、昔懐かしい非日常に浸るひとときを楽しめるでしょう。

徳川家康も愛した名湯

湯宿一番地の温泉は、熱海エリアでは珍しい2本の自家源泉から湯を引いています。「生き物」と表現されることもあるように、温泉は空気に触れるたびに劣化が進み、本来の効能が失われてしまう繊細な性質を持っています。野菜や魚介類などと同じように、鮮度がとても大切なのです。そのため、自家源泉を多く所有しているということは、それだけ鮮度の良い温泉を多く使えるということになります。源泉掛け流しとは、良質な温泉を提供するためのベストな方法といえるでしょう。2本の自家源泉から源泉掛け流しを提供することのできる湯宿一番地では、新鮮で良質な本物の温泉を体験できるのです。

熱海温泉の泉質は弱アルカリ性塩化物泉で、湯冷めしない塩分の多い源泉です。適応症としては、きりきずややけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病などに効果があるといわれています。熱海温泉は、なんとあの徳川家康も愛したという温泉です。1604年には家康が7日間も熱海に逗留したという記録が残っているほか、約112キロも離れた江戸城まで湯を運ばせたり、吉川広家公のお見舞いに周防(今の山口県)まで湯を届けさせたりと、まさに家康を虜にした名湯なのです。

湯宿一番地では、6つの温泉を楽しめます。熱海の海と町並みを見下ろせる露天風呂「芭蕉の湯」は、夜になると幻想的な夜景が望めると人気です。また、もう一つの露天風呂「紅葉の湯」は江戸城の石垣に使われていた伊豆石をぜいたくに積み上げており、独特な肌触りが楽しめます。2つある内湯は、リニューアルオープンの際にさらに広々と快適な大浴場に生まれ変わりました。レトロな雰囲気のお風呂で古き良き湯の宿を満喫できるでしょう。夜の7時になると男女入替となるので、趣の異なるそれぞれのお風呂を楽しめます。

予約いっぱいの貸切露天風呂

湯宿一番地を訪れたならぜひ体験してもらいたいのが、貸切露天風呂です。誰にも邪魔されることなく、自分だけのプライベートな空間を満喫できる貸切露天風呂は、有料にもかかわらず毎日予約がいっぱいとなっています。貸切露天風呂には「貫一の湯」と「お宮の湯」の2種類があり、もちろんどちらも源泉掛け流しです。

ほのあかりに照らされた露天風呂には木造の浴槽や石灯籠など、上品で落ち着いた雰囲気が漂っています。家族や夫婦、カップルなど、水入らずで静かにゆったりと露天風呂を楽しみたい人にはぴったりの空間といえるでしょう。また、個室にはそれぞれ専用の湯上がり処もついており、湯上がり後にソファでゆったりとくつろぎのひとときが楽しめます。利用プランによってはドリンクサービスがついており、冷えたドリンクで温まった体をクールダウンしながら湯浴みを楽しむ、上質な時間を過ごせるのが魅力です。

貸切露天風呂の営業時間は午後3時~11時で、利用時間は1回50分。利用料金は4,200円ですが、貸切露天風呂をお得に楽しめる宿泊プランも用意されています。常に人気が高く予約でいっぱいなので、利用するなら早めに予約しておくことをおすすめします。

料理長こだわりの地産地消の料理

伊豆半島のつけ根に位置する熱海は、駿河湾と相模湾の海に囲まれた新鮮な魚介の宝庫です。そんな良質な食材に恵まれた湯宿一番地では、伊豆でとれた四季折々の山海の味覚をていねいに調理した、極上の料理が堪能できます。 料理に使う食材は、なんと調理長がみずから魚市場に出向き、新鮮な魚貝を吟味して厳選しています。料亭での長年の経験を活かしたこだわりの会席料理には、思わずため息が出てしまうでしょう。

基本料理コースの「伊豆の季味膳」は、伊豆半島の海の味覚を存分に満喫できるコース。湯宿一番地のオリジナル料理「金目鯛のあたみ煮」がメイン料理としてついています。最高級の梅干しを使った特製の煮汁で煮付けた金目鯛は、甘すぎず辛すぎない絶妙な味のバランスが特徴です。まろやかで上品な味に仕上がっており、女性に大人気の逸品となっています。このあたみ煮を目当てに予約する客もいるほどの人気ぶりです。

「金目鯛のあたみ煮」に加えて「和牛の富士山溶岩ステーキ」がつく「グレードアップ会席」は、同旅館の一番人気のメニューです。魚料理と肉料理が同時に楽しめる、贅沢なコースとなっています。また、「海鮮満喫磯三昧会席」は、とにかく海鮮料理を存分に満喫したい人におすすめです。伊勢海老やアワビ、金目鯛など、海の幸をとことん楽しめる最高級コースといえるでしょう。そのほか別途注文で、金目鯛のしゃぶしゃぶや天ぷらの盛り合わせ、湯宿一番地でしか食べられないオリジナル料理なども堪能できます。

また、朝食には熱海の名産である干物やこだわりの手作り豆腐、磯の香りが楽しめる味噌汁など、栄養がたっぷり詰まった献立が用意されています。旬な地産地消の食材と郷土の味にとことんこだわった、心温まる朝食を堪能しましょう。

シーンに合わせて選べる部屋タイプ

湯宿一番地の客室は7つのタイプがあり、旅のシーンや予算に合わせて選ぶことができます。プレミアムスイート「長閑」は2間の露天風呂付きスイートタイプで、湯宿一番地に1室しかない最上級の客室です。こだわりのインテリアを備えた客室と寝室のほか、広々としたウッドデッキがついており、その向こうには四季折々の景色を楽しめる中庭もあります。専用の露天風呂でいつでも温泉を満喫できるのも、嬉しいポイントです。また、露天風呂付きの客室をお手頃価格で楽しめるセミスイート「熱海浪漫」も、プレミアムほどではないにしても、十分贅沢に楽しめる客室ですあります。

スイートまでいかずとも上質な空間を楽しみたいなら、2018年にリニューアルしたプレミアルームがおすすめです。部屋には熱海の美しい景色を楽しみながらお風呂を楽しめるビューバスが付いており、源泉から引いた100%の温泉を好きな時に楽しめます。また、客室に温泉は付いていませんが、ロケーション重視の人のために用意されているのが、海と夜景を一望できるデラックスルームです。2016〜2017年にリニューアルされた和テイストの客室で、最上階や高層フロアの窓からは刻々と変化する熱海の海と町並みが望めます。

女性に特に人気なのが、民芸モダンルームです。日本の伝統にこだわったインテリアやかわいらしい和柄の障子、リラックスソファーなど、女性同士やカップルでの宿泊にぴったりといえるでしょう。そのほか、客室にこだわりがない人であれば、お手頃価格のスタンダード和室やコンパクト和室などもあります。宿泊費を抑えて、食事や観光に予算を使いたい場合にはおすすめです。

熱海の情緒を楽しめる館内施設

館内の共有スペースには、滞在を満喫できる仕掛けがほかにもたくさんあります。熱海の町並みやビーチを眺めながらゆったりとくつろげるウッドデッキは、コーヒーを飲んで一休みしたり、読書をしたりするのに最適です。夜にはナイトラウンジへと様変わりし、雰囲気あるひとときを楽しめます。館内にはおみやげ処も併設されているので、熱海名産の干物やきび餅、温泉まんじゅうなどの人気のおみやげを購入するといいでしょう。湯の花や、昔懐かしい民芸玩具やなども売られています。

湯宿一番地での滞在をより一層盛り上げてくれるのが、レンタル浴衣。館内のおしゃれ処では、色とりどりのきれいな浴衣が用意されています。好みの色柄を選んで、小粋な滞在時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。浴衣と帯の1セットを1000円でレンタルできます。そのほか、カフェ併設のラウンジやカラオケバー、宴会場などもあり、季節によっては的当てゲームやいろいろなイベントが開催されることもあります。いつ訪れても楽しみの尽きない、魅力溢れる旅館です。

湯宿一番地が位置する熱海は、日本有数の観光地です。熱海梅園やローズガーデンといった花見スポットから、歴史あるパワースポット・来宮神社、アートに浸れるMOA美術館など、さまざまな楽しみが点在しています。駅に近い湯宿一番地は、各観光スポットへのアクセスが便利なのも、選ばれる理由の一つといえるでしょう。初夏から秋にかけては、熱海花火大会に合わせた宿泊プランも登場します。夜空いっぱいに広がる花火を客室から見られるという贅沢なロケーションも、湯宿一番地ならではです。

「湯宿一番地」の料金

日帰り入浴料金

  • 内湯・露天風呂:1,400円(バスタオル300円)
  • 貸切露天風呂:3,500円(別途、入浴料1,200円がかかります)"

「湯宿一番地」の割引クーポン

公式HP割引

公式ホームページから申し込むと、日帰り入浴料金が割引になります。

  • 内湯・露天風呂:通常1,400円(バスタオル300円)→1,200円(タオル付き)
  • 貸切露天風呂:通常3,500円→3,000円(ミネラルウォーター、タオル付き)※別途、入浴料1,200円がかかります。

会員特典

湯宿一番地のメール会員登録をすると、毎月末に会員だけのお得な情報や、宿泊時に割引になる「宿泊応援券」が届きます。

湯宿一番地の予約は、公式ホームページからが最低価格保証で1番お得です。また、公式ホームページで予約すると、1回につき1,000円分の館内利用券がプレゼントされます。館内利用券は、売店での買い物や食事処での飲み物・別注料理の代金、ロビーでの飲み物、貸切風呂の利用料金などに使えます。

「湯宿一番地」の営業時間

日帰り入浴内湯・露天風呂

  • 13:00〜18:00

日帰り入浴貸切露天風呂

  • 14:00~、15:00~、16:00~

「湯宿一番地」のアクセス

公共交通機関を利用する場合

  • 東海道新幹線・東海道本線・伊東線「熱海」駅から徒歩約3分

車を利用する場合

  • 国道135号「春日町」交差点から約3分
  • 東名高速「沼津IC」から伊豆縦貫道と国道11号線(熱函道路)を経由して約48分

「湯宿一番地」の駐車場

湯宿一番地には専用の駐車場があります。駐車料金は1泊1台につき1000円です。また、周辺にも駐車場がいくつかあります。

駐車場詳細
名称:熱海駅前駐車場<P9>
住所:静岡県熱海市田原本町地内
営業時間:24時間
駐車台数:70台
料金:00:00〜00:00 30分100円(ただし960分以降60分100円、駐車後16時間最大料金1600円)

名称:熱海駅前広場一時駐車場
住所:静岡県熱海市田原本町地内
営業時間:24時間
駐車台数:19台
料金:00:00〜00:00 30分400円

名称:タイムズラスカ熱海
住所:静岡県熱海市田原本町131
営業時間:06:00~22:00
駐車台数:53台
料金:00:00〜00:00 60分400円(18:00〜08:00 最大料金600円)"

  • 1
前の記事へ 次の記事へ

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS