伊豆アニマルキングダム 歩いて回るサファリパーク!間近で動物と触れ合える

あそびのジャンル
動物園
タグ

伊豆の人気レジャー施設「伊豆アニマルキングダム」。敷地内にはアニマルゾーン、プレイゾーン、スポーツゾーンの3つのエリアがあり、動物園や遊園地、パターゴルフ場などで1日中遊べます。特に今回編集部スタッフが取材に訪れた「アニマルゾーン」は、キリンやライオン、サイなど、普段なかなか近くで見る事のできない動物たちとふれあえる人気スポットです。エキサイティングな体験の数々が待っている、ウォーキングサファリの世界をさっそくご案内していきましょう!

伊豆アニマルキングダムとは?

伊豆アニマルキングダムは、静岡県賀茂郡にある動植物自然公園、サファリパーク、遊園地を兼ね備えたレジャーランドです。施設全体では、肉食・草食動物が45種、鳥類21種の計66種約600匹の動物が展示されています。

飼育されている動物の中には、「あーん」するシマウマや「べー」するゾウがいることで度々世間から注目を浴び、新聞などでも紹介されました。また動物園や遊園地の他にも、5,000坪の敷地に約1,000本の梅が咲くことでも知られており、2月から3月にかけて行われる「梅祭り」には多くの人が足を運びます。

伊豆アニマルキングダムの料金

まずはアニマルキングダムの入園料金から見ていきましょう!

入園料

※障がい者割引を利用される方は、証明となる手帳をお持ちください

お得な割引セット

園内でパターゴルフを楽しみたい方にはコチラのお得なセット割引がおすすめです!

お得な施設利用券

園内では動物の餌やリや遊園地にあるアトラクションで遊ぶ際「とくとくクーポン」を使用するとお得です。また家族やグループで使いまわしもできるので、入園時にはぜひゲットしておきましょう!

園内施設利用料金

園内には「アニマルゾーン」「プレイゾーン」「スポーツゾーン」などのエリアに分かれており、それぞれで楽しいアクティビティが用意されています。ここではその一部をご紹介!

アニマルゾーン

プレイゾーン

スポーツゾーン

※料金は1人料金(4才以上均一料金)です

フリーパス

伊豆アニマルキングダムでは、年間フリーパスを販売しています。料金は3回行けばお釣りがくるほど。さらに、わくわくふれあい広場の入場が無料になったり、ゴルフ練習場でのボール代が特別割引になったりと、嬉しい特典も付きます。動物大好きな方にはぜひオススメです!

伊豆アニマルキングダムのクーポン

ここではアニマルキングダムの割引情報をご紹介します。お得なクーポンを使って楽しく遊びましょう!

【100円割引】伊豆アニマルキングダム 割引入園券

こちらのクーポンでは、最大100円割引でアニマルキングダムを楽しめます。スマホでの事前購入制なので、入園時も入り口でスマホを見せるだけとスムーズです。簡単、楽々にサクッとチケットを購入して、アニマルキングダムを楽しんでください!

伊豆アニマルキングダムの混雑状況

伊豆アニマルキングダムは、基本的にGW・お盆・シルバーウィークなどの連休は混雑が予想されます。人気の動物園・遊園地なのでそれは仕方がない事。

特に、横浜から伊豆アニマルキングダムがある伊豆稲取間は渋滞も発生し、出発時間を間違えれば一日を潰しかねないのでご注意ください。午前中に到着予定したいなら、マツダターンパイク箱根から伊豆スカイラインで伊豆高原に抜けたほうが無難かもしれません。通行料は多少かかりますが、景色も素晴らしいのでドライブも楽しめます。

何もない平日は、ストレス無く快適に楽しめるようなので、混雑が苦手な方は平日を狙ってお出かけしてみてはいかがでしょうか。

伊豆アニマルキングダムの所要時間

伊豆観光と一緒にアニマルキングダムを楽しもうと考えている方が気になるのは、所要時間ですよね。大型連休など、混雑が予想されない平日などは、ウォーキングサファリの所要時間はだいたい1時間30分程。アトラクションも楽しむなら大体3時間ほど見ておくと全体的に楽しめます。なのでお昼から園内を楽しもうと考えている方も大丈夫。予定も組みやすく、立ち寄りやすいのは魅力ですね!

伊豆アニマルキングダムの天気

伊豆アニマルキングダムを訪れる際に気になる要素のひとつに天気があります。雨のお出かけとなると、どうしても気分はちょっと曇りがち。伊豆半島は梅雨の時期や秋には梅雨前線の影響を受けやすく、特に雨が降る日が多くなるので、本当に雨が嫌いな方はこの季節は避けたほうがいいかもしれません。

ですが雨の日は雨の日で伊豆アニマルキングダムを楽しめる要素はあります。まずは餌やリ体験。来園者が少なくなる雨の日には、待つことなくホワイトタイガーなどの餌やリが可能です。また、厳しい自然界を生きる動物たちにとっては雨でも晴でもあまり関係ないのか、普通に外に出てきて姿を見せてくれます。

雨が気にならない方には、絶好の動物園日和になるでしょう!

最寄り駅は伊豆稲取駅!伊豆アニマルキングダムへのアクセス

ここからは、伊豆アニマルキングダムへのアクセス方法をご紹介していきます!

バス・タクシーを利用する

アニマルキングダムへは、伊豆稲取駅からバスかタクシーで向かいます。所要時間は10分ほどで、バスの場合料金は300円です。バスの本数は少なく、1時間に2本ほど。さらに12時台には1本しか運行していないので、タイミングを逃すとバス乗り場でかなり待つことになるので要注意です。

時刻表はコチラ!

 

駅前にはタクシー乗り場があり、タクシーは常時スタンバイ。タクシーを利用する場合は約1,700円です。4人で利用するなら1人あたり約425円なので、バスを逃してしまった場合や、待ち時間がわずらわしい時などに利用するといいでしょう。

電車を利用する

伊豆稲取駅からはバスかタクシーでの移動になりますが、伊豆稲取駅まではどうやって行くんだろう?と思っている方はぜひ参考にしてください。

東京方面から

名古屋方面から

大阪方面から

車を利用する

車を利用する場合のアクセス方法をご紹介します。

関東方面から

関西方面から

伊豆アニマルキングダムの駐車場

伊豆アニマルキングダムには駐車場も完備されているので、マイカーでのアクセスもバッチリです。駐車場の利用料金は1回500円。時間制限は無いので、最初に支払っておけば一日中利用しても料金は変わりません。

次のページ→伊豆アニマルキングダム周辺のランチスポットや宿泊施設

伊豆アニマルキングダム周辺のランチスポット

ここでは、伊豆アニマルキングダム周辺のランチスポットについてご紹介していきます。

伊豆アニマルキングダム内

レストラン アニマルキングダム

アニマルキングダムといえばウォーキングサファリがおすすめポイントですが、もう一つ忘れてはいけない施設があります。それがレストランです。

アニマルキングダムのレストランは、ただのレストランじゃありません。ホワイトタイガーやライオンをガラス越しに眺めながら食事が楽しめるようになっているんです。

座席からの眺めはこのような感じ。大きな窓ガラス越しにホワイトタイガーが近寄ってきます。

食事をしながらこんなに至近距離でホワイトタイガーが見られますよ。

反対側の窓からはライオンもバッチリ!こんな近くで猛獣を鑑賞しながら食事ができるなんて!なかなかできない体験です。アニマルキングダムへ訪れたなら、必ずここで食事を楽しんだほうがいいと、自信を持っておすすめできるスポットです。

オススメメニュー

展望レストラン

こちらも伊豆アニマルキングダムにあるレストランです。東伊豆の高台から見る美しい景色と一緒にランチが楽しめます。繁忙期のみの営業となっているのが残念ですが、営業している時にはぜひ立ち寄ってみてください。

オススメメニュー

伊豆アニマルキングダム周辺

徳造丸 魚庵

こちらは伊豆の有名海鮮料理屋さんです。メディアでもよく取り上げられ、店内には芸能人のサインがズラリ。美味しい鮮魚が味わえるとあって年中多くの人が足を運んでいます。大型の無料駐車場も完備しています。

■スポット詳細

大衆磯料理 磯辺

海鮮丼の美味しさが半端ない!と評判のお店です。昭和な食堂風の店内で、座敷からは海が一望できます。海鮮丼は魚の量も多く、ボリュームたっぷり。伊豆に行くと必ず立ち寄るという人がいるほどの名店です。

■スポット詳細

かっぱ食堂

稲取周辺の地元料理「肉チャーハン」が楽しめるお店です。なんと発祥のお店でもあります!とろみのついた野菜肉炒めがチャーハンの上にのっており、絶妙な濃い味付けとパラパラなご飯がたまらない逸品。伊豆アニマルキングダムを訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてください!

■スポット詳細

伊豆アニマルキングダム周辺の宿泊施設

ここでは、伊豆アニマルキングダム周辺の宿泊施設をご紹介します!

伊豆稲取スポーツヴィラ

伊豆アニマルキングダムから徒歩12分ほどの場所にある「伊豆稲取スポーツヴィラ」。四季を通じて、稲取の自然を満喫できる宿泊施設です。さらに伊豆で最大級の22面のテニスコートも完備されており、スポーツを楽しむ人も多く利用しています。

お部屋の種類は、「コテージ」と「ツインルーム」が用意されています。

■スポット詳細

伊豆に創癒の隠れ郷 水生の庄

伊豆アニマルキングダムから車で約6分の場所にある「伊豆に創癒の隠れ郷 水生の庄」。花や木にふれる癒しの空間が魅力です。全室和室になっており、それぞれに素晴らしい展望や温泉が楽しめます。

日曜日から金曜日の宿泊は2名一室29,500円。土曜日・連休中の宿泊は2名一室32,500円です。またお得なプランも用意されているので、ぜひそちらのほうもチェックしてみてください。

 ■スポット詳細

稲取リゾート

伊豆アニマルキングダムから車で約10分の場所にある「稲取リゾート」。昼間は絶景を、夜には満点の星空と夜景が眺められる露天風呂がイチオシのホテルです。また、わんこ・にゃんことの宿泊も可能となっています。

お部屋は「ツイン」「デラックスツイン」「コネクトルーム」の三種類。1人1泊4,000円のプランの他、お得なプランがたくさん用意されています。

 ■スポット詳細

伊豆アニマルキングダムに到着!さっそく園内へ!

ここからは伊豆アニマルキングダムの園内を詳しくご紹介していきます。

タクシーやバスに乗って10分ほど急な坂道を登って行くと、アニマルキングダムに到着。

まずは入園券売場で入園券をゲットしましょう。さっそく中を探検です!

今回我々を案内してくれるのは「アニマルキングダム」の園長、新宮さん!後々わかるのですが、園内の動物たちを自在に操るすごい人です。

伊豆アニマルキングダムの動物達

園長の案内でさっそく園内へ入っていきます。途中「アニマルキングダムの一番の魅力は何ですか?」と伺ったところ、「とにかく動物との距離が近いところ」とのこと。園長がそこまで言うのなら相当近いんだろうな…と楽しみにしつつ園内を進んでいきます。

ずいずい進んでいく園長を追いかけていくと、ウォーキングサファリの入り口「センターハウス」に到着。ここからウォーキングサファリに入っていきます。

センターハウスを抜けると、まず最初に草食動物のエサが1つ100円で売られています。この後のサファリを最大限楽しむためには、ここで100円を惜しんではいけません。エサをゲットしてからサファリの中へ進んでいきます。

いかにもサファリらしい堅牢なゲートを抜けていくと…

広々としたサファリゾーンがお出迎え!めちゃくちゃ広くて圧倒されます。

まず最初に我々を出迎えてくれたのはシマウマ。「エサくれ」とワイヤーを噛み噛み。

さっそく入り口でゲットしたエサを投げてやります。こんな近くでシマウマにエサがあげられるものなかなかない体験。さっそく興奮が隠しきれません。
我々がシマウマへの餌やりに熱中していると、後ろの方から「ベエエエエエエエ」という人間の雄叫びが…!何事?!と振り返ってみると…

園長が動物を集めていました。掛け声だけで動物を呼び寄せるなんてこの人は何者なんだ?!カッコいい…!話を伺ってみたところ、お腹が空いる時はエサがもらえると思って集まってくるそうです。お腹が空いていない時は全く見向きもしないらしく、「現金な奴らだよ」と笑う園長。

この時ちょうど餌やりの時間だったらしく、後ろから餌やりの軽トラが登場。集まっていた動物たちは一目散にトラックの方へ走って行きました。本当に現金な奴らだった…!

キリンに急接近!キリンに餌やり&タッチ!

ウォーキングサファリにはキリンもいて、もちろん餌やりができます。

園長がおすすめの餌やりポイントを教えてくれました。この位置がキリンにとってちょうど餌の食べやすい場所のようです。

ベロをベロンと伸ばしてエサを食べるのですが、ガッツリ葉っぱを巻き取ってグイグイと引っ張ります。

エサやりだけではなく、この通り直接触ることもできちゃいます。キリンに触れるなんてちょっと感動です。

キリンだけじゃない!ふれあい体験「サイにさわりなサイ」

キリンとふれあって大満足のasoview!スタッフ。しかしアニマルキングダムには、まだまだ驚きの体験がありました。

ウォーキングサファリを進んでいくと、今度はサイが登場!「うおー!でけー!」と興奮していると…

えっ!触れるの?!?!しかも一回100円とめちゃくちゃリーズナブル!これには興奮が抑えきれません。

園長に案内されて、サイとのふれあいポイントまで進んでいく…

いたーーーー!かなり大きくて、テンションがあがります。のっそりと檻の枠に頭を乗せていてかわいい。

もちろん触れます。肌がゴツゴツしていて岩のよう。

こんな至近距離でサイが見られる機会なんてめったにありません。ドキドキします。「サイにさわりなサイ」はかなり人気らしく、連休などには長蛇の列ができるそうです。そのため、サイに触ってみたい方は早めに列に並ぶことをおすすめします。どれだけ混んでいても時間で区切っているそうなので、あまりのんびりしていると触れないまま終わってしまうことも…。気をつけましょう。

まだまださわれる!アニマルキングダムのふれあい広場は動物好きの楽園

ウォーキングサファリを抜けると「わくわくふれあい広場」に到着。ウォーキングサファリでは普段滅多に見ることもないような大きな動物たちとのふれあいが楽しめましたが、ここふれあい広場ではかわいい小動物たちとのふれあいが楽しめます。わくわくふれあい広場の利用料金は、1回100円。4歳以上から料金が必要となりますが、3歳以下のお子さんは無料で遊ぶことができます。

広場に入ってまずお出迎えしてくれるのはコンゴウインコ。「こんちわ!」と喋って出迎えてくれます。年齢は22歳以上!長生きなインコです。

アルマジロも居ました。アルマジロがお腹をこんなに見せるなんてなかなかありません。よっぽど人に慣れているんですね。つぶらな瞳がめちゃくちゃかわいいです。

その横にはハリネズミもいます。この子もまた、人間になれているのか針を尖らせません。触ってみるとわかるのですが、針になっている部分も意外と柔らかく、ぬくもりを感じます。

わくわくふれあい広場のなかでひときわ存在感を放っていたのがミナミコアリクイの親子。普段は寝ていることも多いそうですが、この時はかなり活発に走り回っていました。もちろんこのミナミコアリクイにもさわることができます。上に見えているロープを行ったり来たりしていることが多いそうなのですが、この日は見られず。

ちなみ、この親子常に「おんぶ」の状態で歩き回っています。どうしてなのか広場のスタッフさんに伺ってみたところ、ミナミコアリクイは親が子供をおんぶして過ごす特性があるそうです。しかしこの親子、よくよく話を聞いてみると上に乗っているのがお母さんで、おぶっているのが息子とのこと。園長曰く、何歳になっても上に乗ろうとする、親離れしない息子に乗っかって重みをわからせているのではとのこと。ちなみにこの息子は人間年齢だと大学生くらいだそう。確かにそろそろ親離れしたほうがいいかも…?

動物達とのふれあいを楽しんでいると、広場の中心あたりで「ビィィィッ!ビィィィッ!」とずっと鳴いている生き物が。

メンフクロウでした。取材中ずっと鳴いているのでどうしてか飼育員さんに訪ねてみたところ、メンフクロウは子供の頃に鳴けば鳴くほどお母さんに餌がもらえるようになっているそうです。そのためずっと鳴いているのだとか。

もちろん、ふれあい広場の定番モルモットも!

カピバラも…と思ったら、この子はマーラ。珍獣とも言われるこのマーラは、足の長いカピバラのようです。何を考えてるかわからないこの表情、かわいい…。

カピバラに会いたい方はこちら!広場の奥にはカピバラが暮らす「カピバランド」があります。

中に入ると、ちいさなカピバラ達が足元にすりよってきます。エサはないんだ…ごめん…。

大きいカピバラもいます。ゴロンと横になって全く動きません。

触ってみても無反応。起きてるかい…?

【番外編】アライグマの取り扱い

わくわくふれあい広場でのふれあいを満喫したあと、広場の左側に目をやると…

編集部員「たぬきだ!」
園長「アライグマだね」

アライグマがいました。

そんな間抜けなやり取りをしていると、突然園長がアライグマたちの暮らすスペースの壁をバンバンと叩き始めました。

するとアライグマ集合。

わらわらと集まってきます。

編「すごいですね!これ壁叩けば誰でも呼べるんですか?」
園「一回は呼べますね。ただ、エサを持ってないとわかるともうこない。」
編「アライグマまで現金なんですね…」

試しに編集部員も見よう見まねで壁を叩いてみましたが、ノーリアクションでした。

犬猿の仲!?園長VSトラ

園長と一緒に園内を歩いていると…

トラ。しかもなぜかすでに臨戦態勢。獲物を狙う準備に入っています。

園長「あいつ俺のこと嫌いなんだよ」

狙いは園長だったか…

園長がトラをうまく誘導して、迫力のある写真を撮らせてくれようとしたのですが

こちらに向かって突っ込んできたトラに怯んで決定的瞬間を逃す始末。映っていたのは後ろ姿だけでした。

気を取り直して園長が再びトラの気を引こうとします。

檻の隅っこに行ったり

鍵でジャラジャラとおびき寄せてみたりと、様々な作戦を使ってみますが、じっと狙いを定めていて微動だにしません。

そこで園長がある作戦にでます。

トラに向かって背中をむけて座ってみると…

次第に間合いを詰め始めました。

そして完全に油断したところに…

 

きたー!一気に園長めがけて飛び込んできます。この後、トラの檻を離れて遠くへ向かう際にもじーっと園長の方を見つめているトラ。動物にも人間の好き嫌いがあるんですか?と園長に訪ねてみたところ、相性はあるとのこと。このトラも、他のスタッフにはこんな態度はとらないのに園長にだけはこのような感じなのだとか。

伊豆アニマルキングダムのアトラクション

伊豆アニマルキングダムでは動物だけでなく、アトラクションに乗って遊ぶこともできます!

大観覧車

420mの高さから伊豆の雄大な自然を楽しめます。

スカイジェット

家族で空中ツーリングが楽しめます。ちょっとドキドキしながら当たりの景色を眺めましょう。

銀河鉄道

汽車のアトラクションです。直に線路の感触が伝わってきて、小さなお子さんは大興奮!

メリーゴーランド

遊園地定番のアトラクション。これに乗らずには帰れません!

サンディークリーク

砂漠の砂を水に浸して、宝石堀の体験ができますよ!

伊豆観光ではマスト!アニマルキングダム

アニマルキングダムは、実際に遊びに行ってみると想像以上に動物との距離が近い動物園でした。園長がおっしゃるように、どの動物も距離が近く、普通の動物園ではけして味わうことのできない初体験の連続があなたをまっています。アニマルキングダムには、今回ご紹介したウォーキングサファリ以外にも、観覧車やゴーカート、お化け屋敷などが楽しめるプレイゾーンと、パターゴルフが楽しめるスポーツゾーンもあります。

前の記事へ 次の記事へ