イングランドの丘 コアラにも会える!割引・混雑状況も一挙ご紹介

あそびのジャンル
遊園地・テーマパーク
タグ

兵庫県南あわじ市、淡路島のちょうど中央に位置する自然と動物のテーマパーク「淡路ファームパーク イングランドの丘」。イギリスののどかな田園風景を思わせる丘が広がる広大な敷地の中では、農業体験や酪農体験、手作り体験を楽しむことができます。たくさんの動物ともふれあうことができ、特にオーストラリアから来たコアラに会えるコアラ館は大人気です。ここでは、イングランドの丘の魅力やお得なクーポン情報をご紹介していきます!

淡路島の遊び一覧はこちら♪

イングランドの丘とは?

 

農業振興と地域活性化を目指して、平成13年(2001)年にオープンした「淡路ファームパーク イングランドの丘」。甲子園球場14個分もの広大な敷地の中では、農業体験や酪農体験、パンやバターなどの手作り体験、クラフト体験など、さまざまな体験教室が開かれており、訪れる人に人気です。 

園内は、イギリスの湖水地方をイメージして造られた「イングランドエリア」と、動物とのふれあいを楽しめる「グリーンヒルエリア」に分かれおり、それぞれで違った魅力を楽しむことができます。

「イングランドエリア」では、ジャガイモやさつまいも、とうもろこしなどの野菜の収穫体験が楽しめる野菜畑、イチゴ狩りやトマト狩りを楽しめる温室、イングリッシュガーデンをイメージしたバラ園、夏には満開のひまわり畑となる大花畑などが見所。

 

また、ヒツジやヤギとのふれあいを楽しむことができるエリアや、ゴーカートやサイクルボート、乗馬などが楽しめる広場もこのエリアに作られています。 

「グリーンヒルエリア」には、イングランドの丘で大人気のスポット「コアラ館」をはじめ、様々な植物が生い茂る「大温室」「ロックガーデン」や、パンやバターなどの手作り体験が楽しめる体験教室

 

ウサギやモルモットとの触れ合いを楽しめる「ラビットワーレン」、鳥やリスザルがいる「バードケージ」、色とりどりのインコに会える「いろとりどり舎」など、鳥や小動物が住むエリアが点在しています。

いろんな体験や動物・植物とのふれあいが、とても大きな規模で経験できる「イングランドの丘」。淡路島観光では外せないスポットのひとつです。

イングランドの丘の入園料金

まずはイングランドの丘の入園料金をご紹介していきます。

通常料金

団体割引

15名以上でイングランドの丘を訪れる場合に適応される1人分の料金です。学校行事における引率の先生の入園料は無料になります。

障がい者割引

障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は、本人と介護者の方それぞれ1名まで割引を受けることができます。当日は手帳を持参するか、公式HPから申請書をダウンロードし、記入したうえでお持ちください。

前の記事へ 次の記事へ