夜のフラワーパークでうっとり体験。優しい竹あかりに包まれた「HANA・BIYORI」で幻想的な秋の夜を過ごしてみない?【東京】

あそびのジャンル
タグ

風情あふれる日本の秋っていいですよね。静かに鈴虫の音を聞きながら、ひんやりした夜にお散歩なんてロマンチックな過ごし方もできちゃいます。東京都心では秋らしい雰囲気を味わうのってなかなか難しいですが、少し足を伸ばせば自然豊かなエリアが広がっているのはご存知でしょうか。「ちょっと興味があるかも…!」なんて思ったら、「よみうりランド」が運営する新感覚フラワーパーク「HANA・BIYORI」へ足を運んでみませんか?

よみうりランドに隣接する「HANA・BIYORI」では、10月29日から4月9日にかけて木々や花々と光のコラボレーションが楽しめる「HANA・BIYORI×竹あかり『HANAあかり』」を開催します。“竹あかり”とは、竹に穴を開けてこぼれる幻想的な光を楽しむアートのこと。イベント実施に合わせて約1,000本用意され、秋冬、そして春にかけて「HANA・BIYORI」のナイトタイムを明るく照らし出します。

プロデュースするのは、自然との共生を目指す竹あかり集団“CHIKAKEN”。メインとなるパーク内の文化財「聖門」と500本の竹あかりが連なる石畳はまさに美しいの一言に尽きます。竹鞠や竹灯籠もプラスされ、小道の先には神秘的な花曼荼羅(はなまんだら)も登場。時間によって光の雰囲気が変化するなど見どころもいっぱいで、ロマンチックなひとときを約束してくれますよ。

また、和傘と文化財「多宝塔」との光のコラボレーションも実施。17世紀に建造されたと言われる塔の周辺には、和傘100本をデコレーション!ライトアップでいつもとは異なる雰囲気のなかで散策を楽しめます。

さらに500個もの竹灯篭が空中にふわりと浮くエリアも。散策路では「HANA・BIYORI」の名物「フラワーシャンデリア」をイメージした竹鞠も加わり、より華やかな空間演出を堪能できます。

パークのメイン温室「HANA・BIYORI館」では、デイタイムと同様に「フラワーシャンデリア」をゆっくりと鑑賞できます。300鉢を超えるダイナミックなデコレーションは必見。子どもを連れて訪れれば、その迫力と美しさに感動すること間違いなしですよ。

なおイベント期間中は、隣接するよみうりランドにて「よみうりランド ジュエルミネーション」も鑑賞できるお得なタイミング。世界的照明デザイナーが手がけた暖かな光であふれる園内を訪れる絶好のチャンスです!「よみうりランド+HANA・BIYORI ナイトセット券」も販売されるので、一度にふたつのパークを楽しむスケジューリングがおすすめですよ。

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆熱海名物の海上花火が今年も開催決定!秋の夜空を彩る3,000発の花火と温泉でほっこり癒されよう【静岡】

◆冬休みの予定を決めるなら今!氷上ジップラインや氷の滑り台など至高の冬遊び体験が待つ「アイスヴィレッジ」へ行こう【北海道】

◆毒って怖い?だからこそ深掘りが必要!国立科学博物館の特別展「毒」で自然界の身近な毒について学ぼう【東京】

稲城市(東京都)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS