有名な絵画の世界に入って探検できる!360度アートに囲まれる新感覚のミュージアムイベントで癒されよう【大阪】

あそびのジャンル
タグ

子どもが持つ自由な感性や考え方がふと垣間見られると、大人は驚かされることがありますよね。「子どもたちの感性をもっと伸ばしてあげたい!」と願うパパママにおすすめの展覧会が、大阪市「堂島リバーフォーラム」にて6月17日(土)〜9月6日(水)まで開催されます。

「Immersive Museum OSAKA(イマーシブミュージアムオオサカ)」は、まるで絵画の世界に入り込んだような体験ができる新感覚のミュージアム。広大な壁と床に絵画が投影され、特別な音響効果に合わせて動き始めます。誰もが知っているモネやルノワールなどの印象派画家が描いた絵画の世界が目の前に広がる、究極のアート体験を親子で体感してみませんか?

「Immersive(イマーシブ)」とは没入感を意味し、最近アートやエンターテインメントのジャンルとして世界的に注目されているキーワードです。イベント会場では高さ6m、約450平方メートルの巨大な空間に絵画の映像を投影し、音響効果を合わせることで名画の世界を忠実に再現。参加者はその空間を自由に歩いたり、座ったりしながら全身でアートを感じる没入体験を堪能できます。

日本開催第1回目となる今回は、印象派をテーマに世界的に有名なクロード・モネの「睡蓮」やドガの「踊り子」、ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」といった、さまざまな名画を映像化。印象派を代表する8名の画家と約80もの作品が登場し、これまでの美術鑑賞とは一線を画した新しいカタチでアートを楽しめちゃうんです。

展覧会では絵画の世界に大きな革新をもたらした作品を、それぞれ8つのテーマに分けて展示します。元の作品をそのまま映像化するだけではなく、作品世界により深く入り込めるように独自の要素も追加。モネの作品「印象、日の出」では、モネが見たであろうフランスのル・アーヴル港を、最新のCG技術を用いて実際の絵画作品と融合させています。

ほかにも制作過程の絵の中に入り込んだような体験ができる「印象派の技法」など、絵画を新たな観点から体感できる内容が盛りだくさん。印象派の画家たちには、どんな風に世界が見えていたのか…ぜひあなたの目で確かめてみて!

<文=宮本沙織>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆東京タワーが4年ぶりに消灯!キャンドルの灯りを眺めながら地産地消マルシェやワークショップを楽しめるSDGsイベントが開催【東京】

◆全国からすてきな雑貨&アートが大集結!ものづくり体験や作家との交流、おいしいフードも楽しめちゃうハンドメイドフェスが開幕【東京】

◆子どもの席が無料になる野球観戦デー!試合直後のグラウンドを歩けるイベントや北海道最大級のアスレチックで遊び尽くそう【北海道】

大阪市福島区(大阪府)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
  • 1
前の記事へ 次の記事へ

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS