不思議な深海生物の標本に触れられるチャンス!サンシャイン水族館の「ゾクゾク深海生物2024」で貴重な深海生物に会いに行こう【東京】

あそびのジャンル
タグ

生きものには自分の周りの環境に合わせて、見た目や特性を変える適応能力があるといわれています。とくに水深200mを超える深海では、過酷な環境に適応するために驚きの進化を遂げた生きものが数多く生息しているのだそう。

そんな深海生物たちの生態に迫るイベント「ゾクゾク深海生物2024」が、池袋のサンシャイン水族館にて開催されます。イベントでは1月12日~3月17日までの期間、深海生物の特徴的な姿を生体や標本展示でわかりやすく解説。ほかにも閉館後の水族館でキーワードラリー「ゾクゾク深海クエスト」(有料)が会期中の3日間限定で行われたり、深海生物の生態や標本に直接触れられる「ゾクゾク深海ツアー2024」(有料)を実施したりと、おもしろそうなイベントが盛りだくさん。深海の生きものたちの不思議な姿を見れば、子どもの好奇心もきっと刺激されるはずですよ!

アソビュー!でお得なチケットをチェック

深海とは、わずかな光しか届かない水深200mよりも深い海域を指します。深海に生息する生物は「暗い」「冷たい」「高水圧」といった過酷な環境に適応するため、  独自の進化の道を歩んできました。

サンシャイン水族館では、深海底曳網漁やかご漁の船に乗船し、飼育スタッフ自らが深海生物採集に挑戦!期間中には、運が良ければ展示予定外の深海生物にも会えるかも?深海のアイドルと呼ばれているメンダコをはじめ、オオグソクムシやタカアシガニなど、定番の生物も展示予定です。この機会に生の深海生物の不思議な姿を近くで観察してみましょう。

2023年に行われたイベントでは、サンシャイン水族館が世界7例目のヨコヅナイワシを採集し、冷凍標本が展示されました。今年はなんと、ヨコヅナイワシでは世界初となる「プラスティネーション標本」が登場。生きていたときに近い状態で見ることができる貴重な標本は必見です!

さらに、毎日11:00から各回15名限定で「ゾクゾク深海ツアー2024」(有料)も行われます。普段は入れないバックヤードに入り、深海生物の生体や標本に直接触れられる機会をお見逃しなく!

「もっと深海の世界を冒険してみたい!」という親子には、2月11日、25日、3月10日の通常営業終了後に行われる「ゾクゾク深海クエスト」がおすすめ。館内にちりばめられたキーワードを集めて、深海の世界を破壊する何者かの存在を解明しましょう。

クリアできれば「深海勇者の証」がもらえちゃいますよ。クエストの開催期間には、2019年に販売され大好評だった「深海汁」も数量限定で販売されます。深海性のエビから出汁を取った味わい深い一杯。コクのある濃厚な風味をぜひ体験してみて!この冬は不思議な深海生物の見た目や進化の不思議を学びに、ぜひ親子でサンシャイン水族館へ行ってみませんか?

アソビュー!でお得なチケットをチェック

<文=宮本沙織>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆美しい100万本の蘭の花にうっとり。花のマーケットや著名アーティストの作品も楽しめる「世界らん展2024 花と緑の祭典」へ出かけよう【東京】

◆【小学生はリフト券無料】絶景雪見ゴンドラにゲレンデ花火、親子で乗れるスノーモービルまで!「苗場スキー場」で盛りだくさんの冬イベントを楽しもう【新潟】

◆山々の絶景にバレルサウナ、豪華BBQまで!壮大な星空を独り占めできる赤城山に「GLAMPING HILLS AKAGI」がオープン【群馬】

豊島区東池袋(東京都)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
アソビュー!のアプリをダウンロードして
週末のお出かけをもっと便利に!もっとお得に!
 
  • 1

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS