山形観光で外せない観光スポット!山形に行く前に知っておきたい観光名所47選

あそびのジャンル
タグ

山形観光する旅行客に人気のスポットをまとめました。蔵王のスキー場や、温泉、さくらんぼや牛肉など、観光地や名産品が多い山形県。ここでは、山形に行くなら外せない、人気の観光スポットをジャンル別に紹介していきます。テレビや雑誌で取り上げられるスポットから、普段メディアにはあまり登場しないコアなスポットまで!山形の魅力がギュッとつまった情報をお届けします。

山形の遊び一覧はこちら♪

山形の温泉にどっぷり浸かる!名湯、秘湯16選

小野小町や伊達政宗など、歴史上の人物が愛した湯として有名な山形の温泉。ここでは名湯・秘湯に限定して、特にオススメの温泉を紹介します。足湯の有名スポットや観光アクセスに便利な場所、果ては幽山深谷に湧き出る天然温泉など全16ヶ所!山形有数の温泉で、心も身体もホクホクに温まっていってください。

銀山温泉

洋風木造多層の旅館が建ち並ぶ、銀山川沿いの温泉地です。川を挟んだ数10軒の旅館は大正末期から昭和初期に建てられた建物で、温泉街をノスタルジックな情景に染め上げています。
各宿では川沿いに湧きでた源泉を使用し、肌当たりのいい乳白色のお湯は「出羽の名湯」として有名です。また、温泉街からは散策コースも設けられ、四季の自然の中でのんびりと過ごせる環境となっています。

蔵王温泉

約1900年前に開湯された日本屈指の古湯、蔵王温泉。「姫の湯」「美人の湯」とも呼ばれ、女性やご家族連れに人気の高い温泉です。歴史ある温泉として知られていますが、付近には旅館やホテル、ペンションなどがあり、今では東北最大級のマウンテンリゾートとして発展しています。
さまざまな温泉施設がある蔵王温泉は、宿泊でも日帰り利用可能。スキー場の麓に立地しますので、冬場にはウィンタースポーツなども楽しめます。

【蔵王温泉のおすすめ日帰り温泉】蔵王温泉大露天風呂

「蔵王温泉大露天風呂」は、蔵王温泉街の一番高いところに位置する温泉です。森林にすっぽりと囲まれる形で、狭い渓流に沿って露天風呂がつくられています。露天風呂は4段あり、上流2段が女性用、下流2段が男性用です。1つのお風呂に200人入浴可能、日帰りで立ち寄れるため、蔵王温泉の中でも人気のスポットとなっています。秋には紅葉、冬には雪景色と、季節ごとに訪れる楽しみもあります。

かみのやま温泉

上山温泉郡とも呼ばれる「かみのやま温泉」。45軒ほどの宿が軒を連ねます。7つのエリアから編成されており、訪れるエリアによってそれぞれ違った情景が楽しめます。
城下町の景観を残す、新湯・湯町。蔵王連邦を一望できる、高松・葉山。いずれも古風な情緒が漂い、保養や散策をするのに適した温泉街となっています。
また旬産旬消の料理や、科学的根拠に基づくウォーキングなどの取り組みを行っており、「質の高い健康保養地」としての一面も兼ね備えます。

小野川温泉

ホタルの里として、環境省から「ふるさといきものの里」に指定されている小野川温泉。小野小町や伊達政宗が愛した湯として有名です。泉質は「美人の湯」として知られ、肌がなめらかになるという効能から大変人気の高いものです。その質の高さから、2003年には「温泉遺産」に認定されました。また食の宝庫としても知られ、地元米沢牛や山菜・伝統野菜など、山形ならではの味を心ゆくまで堪能できます。

【小野川温泉のオススメ宿】河鹿荘

開湯1200年以上の小野川温泉が堪能できる温泉宿、河鹿荘です。小野小町が愛した小野川温泉は、「美人の湯」として有名。河鹿荘では、源泉掛け流しの湯でご堪能いただけます。純和風の広々とした露天風呂や、古代ローマをモチーフした内風呂。また、ご家族で入浴できる貸し切り風呂が備わっていますので、温泉好きに特にオススメしたい宿です。地元米沢の厳選素材を使った料理も自慢で、米山牛や天元豚など、格別の味をご提供しています。

肘折温泉

肘折温泉は出羽三山の一つ、月山の麓にあります。銅川付近に湧きでた温泉で、川沿いには情緒あふれる旅館が建ち並び、閑静な温泉郷を形成しています。どの旅館でもかけ流し式の温泉を用意しており、温泉の効能をしっかりと享受することができます。食についてもこだわりがあり、地元の天然素材をふんだんに使った料理は、まさに格別の一言。また、朝市で購入した食材を楽しめるよう、自炊場を設けている旅館が多いのも魅力的です。

あつみ温泉

出羽の国の名湯として知られる、あつみ温泉。その歴史は千年にもおよび、今では山形・庄内を代表する温泉地となっています。足湯カフェの「もっしぇ湯」や、温海川の目の前にある「もっけ湯」など、さまざまな足湯があることが特徴で、散策がてらにも気軽に利用することができます。また、横光利一や与謝野晶子などの、偉人ゆかりのスポットも付近にあります。観光の際は、偉人の足跡を追ってみるのもオススメです。

天童温泉

天童温泉は将棋駒やラ・フランスの生産地で有名な、山形県天童市にあります。山形の主要観光地へのアクセスが非常に良く、旅行で気軽に訪れるのに適しています。大型宿泊施設が多くあるので、ご家族やグループみんなで観光が楽しめますよ。桜の名所である舞鶴山、将棋駒モチーフのモニュメントなど、見どころ満載の天童市。旅情ある温泉街の雰囲気を味わいながら、のんびりとお過ごしください。

赤倉温泉

赤倉温泉は山形県内有数の「お湯」自慢の温泉です。各旅館ごとに豊富な湧出量の自家源泉を持っており、それぞれが微妙に違った泉質のものとなっています。基本泉質は弱アルカリ性で無色透明、入浴はもちろん、飲泉によってさまざまな病気・症状にいい効果をもたらします。また、美肌づくりにも定評があり、特に女性から人気のある温泉です。

湯野浜温泉

湯野浜温泉は、日本海沿岸・鶴岡市西部に湧きでた温泉郷です。海が近いという立地から、塩分が多い泉質。ミネラルたっぷりのお湯が体の芯からしっかりと温めてくれます。2つの共同浴場や足湯、飲泉所など、さまざまな趣の温泉がありますので、目的に合わせてご利用ください。また、温泉付近には海水浴場や歓楽街、文化財などのスポットも多数あり、観光ついでにふらりと訪れるのに適しています。

赤湯温泉

赤湯温泉は、「あっこポッポ湯」という可愛らしい名前の足湯もあり、人々から親しまれる温泉です。100円で入浴できる施設があり、「汗をかいたら缶ジュースより安い温泉浴場へ」というキャッチコピーを宣伝に用いています。
傷を癒す効果があるとのことから湯治に訪れる人も多いのですが、ワインの里としての一面もあります。湯船に使ってポカポカもよし、ワインを一杯「クッ」とやってポカポカもよし、さまざまな楽しみがある温泉地といえましょう。

 

瀬見温泉

小野川の岸にある瀬見温泉は、義経・弁慶の逸話が残る「伝説の湯」として有名です。沿岸には数件の旅館が立ち並び、どこか懐かしい雰囲気の温泉街となっています。周辺には「弁慶の投げ松」や「奥の院」など、義経・弁慶にゆかりのある場所があるので、瀬見温泉に来たらぜひ立ち寄ってほしいところ。小国川渓谷の代表的な景勝地「瀬見発電所」なども見られ、ゆったりと散策が楽しめるエリアでもあります。

姥湯温泉(うばゆおんせん)

まさに「秘湯」。姥湯温泉 桝形屋は、標高1,300mの地にある秘境感あふれる温泉旅館です。ダイナミックな渓谷美が魅力で、米沢八湯の一つとして知られています。屹立した崖にはりつくように宿があり、滝や絶壁、原生林など、風情ある景観を眺めることができます。その深山幽谷の雰囲気は、全国から毎年1万5,000人が訪れるほど人気です。特に新緑・紅葉の時期がオススメです。

白布温泉

白布温泉は開湯約700年。吾妻連峰の中腹、標高900mに位置する温泉です。奥州三高湯としても知られ、茅葺き屋根の旅館が並ぶ温泉街は、歴史の深さを感じさせる雰囲気。静かな山懐の地という場所柄、雪景色や紅葉などの美しい景観が自慢です。また、ニホンカモシカなどの動物も豊富で、世界でも珍しい白猿の里としても知られています。

湯田川温泉

開湯から1300年。庄内三名湯の一つに数えられる湯田川温泉は、金峯山の麓にある静かな温泉郷です。天然かけ流しの湯が自慢で、泉質の純粋さは全国的に見ても突出しています。景観も美しく、緑あふれる敷地内からは、梅の花が咲き乱れる情景が堪能できます。「梅まつり」や「ホタル観賞」、「湯田川神楽」などのイベントもあり、時期によって楽しみの幅が広がる温泉郷となっています。

松尾芭蕉ゆかりの地も!歴史が灯る、山形のお寺・寺院3選

山形の歴史を満喫するなら、お寺や寺院がオススメ!山形のパワースポットとして知られる数ある山形のお寺・寺院の中から、参拝客が多いスポットを3つご紹介します。いずれもアクセスのしやすい立地ですので、気軽に訪れてみてはいかがでしょう。

山寺(立石寺)

松尾芭蕉も訪れ、名句「閑さや岩にしみ入る蝉の声」を詠んだ山寺。東北を代表する霊山として知られる山寺は、正式名称を「宝珠山立石寺」といいます。豊かな自然に恵まれた山寺では、建築美と合わせ四季折々の情景が眺められます。水蝕や風蝕によってむき出しになった岩肌や、その中に佇む数々の堂塔や句碑など、見どころを巡ってみましょう。歴史を感じさせる荘厳な雰囲気は、圧巻の一言です。時を越え、松尾芭蕉の見た風景をじっくりとご堪能ください。

熊野大社

毎年多くの参拝者で賑わう熊野大社。産業の守り神を祀っていることから商売人をはじめ、観光客などが多く訪れます。
大社の境内に足を運べば、古くから存在する熊野の森と、30柱の神様を見ることができます。また歳旦祭、春参宮、祈年祭など、各種祭りも多くとり行われており、参拝と同時に披露奉納などを見学することができます。
また、本殿の裏には「三羽のうさぎ」が隠し彫りされており、3つとも見つけることができると願いが叶うと言われています。お寺の授与所で2匹目までの見つけ方の手引が配られています。そちらを参考に2匹を見つけ、3匹目は自分で探してみてください。

大聖寺(亀岡文殊堂)

大聖寺は「出羽の亀岡文殊」と呼ばれ、奈良県大和の安部、京都府丹後の切戸と並んで日本三文殊の一つに数えられます。学問の神様が祀られており、3年参詣すると幸福と知恵が授かると言われるお寺です。受験シーズンには全国から多くの受験生が参拝しています。毎年1月25日には伝統行事「星まつり」が行われるので、その時期に合わせて訪れるのもオススメです。

絶景が楽しめる山形の名峰7選!霊山から百名山まで!

「西のお山」である出羽三山や、「東のお山」の蔵王連峰。山形の山は霊山が多いことで知られ、各地からの修験者が多く訪れることからその名を馳せました。数多の修験者が訪れた神秘の山は、今、私たちに何を伝えてくれるのでしょうか。
ここでは「絶景が楽しめる山形の名峰」を7つ紹介します。山形の自然が心ゆくまで満喫できる山々・建物など、いずれもロープウェイなどで頂上まで行けるものですので、体力に自信がなくても安心です。観光のご参考にしてください。

鳥海山

日本百名山の1つ、鳥海山(ちょうかいさん)。山形と秋田の県境に位置する、標高約2,236mの山です。「出羽富士」との別名もある鳥海山は、古くから山麓周辺の守り神として崇められてきました。山頂からは白神山地や佐渡島、太平洋が一望でき、その絶景を求めて多くの方が登山に挑んでいます。また気象の変化が激しく、自然景観が豊かな山でもあります。登山好き、写真好きな方にオススメのスポットです。

月山

湯殿山、羽黒山とともに「出羽三山」に数えられる月山。標高1,984mの頂には月山神社があり、古くから山岳信仰の山として知られています。1年中雪を抱く月山は、高山植物の宝庫としても有名です。通常3,000m級の山々にしか見られない植物が咲き渡り、月山特有の花の種類はおよそ350種と言われています。また各種ガイドツアーも開催され、紅葉トレッキングや新緑登山など、季節ごとにさまざまな催しが楽しめます。

羽黒山

羽黒山は、月山と湯殿山とともに出羽三山の1つに数えられます。標高は414mで、明治時代までは主に修行が行われる山でした。髄神門から始まるコースは全長1.7キロで、2,446段の長い石段は、登山好きには堪らないもの。景勝地としても知られ、大鳥居や国宝である五重塔、静謐な水面の鏡池など、神秘的な景観が楽しめます。山頂までは登山のほか、車や路線バスでもたどり着けますので、ご用途に合わせてご活用ください。

羽黒山五重塔

羽黒山五重塔は東北最古の五重の塔です。羽黒山参道の「一の坂上り口」の杉並木の中にあり、高さ29mの三間五層柿葺素木造となっています。昭和41年には国宝に指定されるなど、非常に歴史を感じさせる雰囲気が魅力です。また、付近には樹齢1,000年、周囲10mの巨大杉の翁杉があり、こちらも見どころです。

湯殿山

湯殿山(ゆどのさん)は、月山・羽黒山とともに出羽三山の1つに数えられています。標高は1500m。古くから「出羽三山の奥の院」とされ、自然崇拝・山岳信仰の場として有名です。山の中腹には湯殿山神社がありますが、本殿・社殿は特に設けられていません。これは山そのものが神であり、人工的な社を作るべきではないとの考えによるものです。

【湯殿山のおすすめスポット】湯殿山神社

湯殿山神社は出羽三山の一つ、湯殿山の中腹にある神社です。「出羽三山の奥の院」として有名で、毎年多くの修験者、観光客が訪れる地でもあります。ご神体は熱湯の湧き出る巨大な岩で、俗世とは切り離された神域ゆえに、お祓いを受けた後でないと参詣は許されていません。神秘の世界に触れてみたい!という方にオススメのスポットです。

蔵王山

山形と宮城にまたがる蔵王連邦の一つ、蔵王山(熊野岳)。東北での山岳信仰が有名で、同じ山岳進行の出羽三山が「西のお山」と呼ばれていたのに対し、「東のお山」として知られています。
標高は1,841m。エメラルドグリーンのお釜や湖沼、四季折々の花々など見どころ満載で、一年を通してトレッキングが楽しめます。山頂までは「蔵王山頂駅」からロープウェイで45分ほど。麓には名湯の温泉地もあり、観光にも便利なスポットです。

山形の遊び一覧はこちら♪

山形土産ならここ!山形ブランドが手に入るスポット3選

さくらんぼ、ワイン、上質な木材。せっかく旅行するなら、上質な名産品をお土産にしてみませんか。ここでは山形ブランドが満喫でき、なおかつ気軽に立ち寄れるスポットとして、厳選の3店舗をご紹介します。ちょっと興味のある方から、品質にこだわりたいと言う人まで、きっと満足いくお買い物ができますよ。

高畠ワイナリー

高畠ワイナリーは毎年多くの観光客が訪れる、人気のワイナリーです。「観光も楽しめるワイナリー」をコンセプトにしており、ワインの製造やぶどう作りの見学が楽しめます。またテイスティングルームを用意しており、試飲しながらオリジナルワインを購入できます。各種コンクールで受賞しているワイン、「まほろばの貴婦人」も販売していますので、ワイン好きにはたまらない観光スポットとなっています。

天童木工

日本で初めて「成形合板」の技術を取り入れた家具メーカー、天童木工。一流デザイナーのデザイン、そして職人による丁寧な手作業を採用し、1点1点上質な家具を生み出しています。その質の良さから、皇室御用達の家具メーカーとしても知られています。安定を生む強度・日常を彩る美しさ・家具の軽やかさ。木工業の本場、天童ならではの製品は、確かな品質を求める方にオススメです。

チェリーランドさがえ(道の駅・寒河江)

東北一の規模を誇る「道の駅・寒河江」は異文化交流スペースとして栄え、山形県内の工芸品・名産品が取り揃えられた複合施設となっています。
その中の1施設である「チェリーランドさがえ」では、さくらんぼ食品やグッズ販売、軽食コーナーサービスを行なっています。軽食では、伸びるアイス「ドンドルマン」、お土産では、さくらんぼが丸ごと入ったゼリー「さくらんぼきらら」が人気です。また、各種イベントが随時開催されているほか、地元のフルーツ狩りの案内や河川敷の利用などの受付までしています。

武将と花見の里!山形オススメの史跡スポット3選

羽州の名城である上山城や、国の史跡に認定されている立石寺など、山形は多くの歴史スポットがあることで有名です。ここでは「武将と花見の里・山形」をコンセプトに、歴史と花見が満喫できるスポットをご紹介します。

山形城(霞城公園)

山形城は、最上氏の祖斯波兼頼が1357年に築城したと伝えられています。奥羽地方では最大の城で、日本では5番目の敷地面積を誇ります。普通のお城と違い、本丸よりも二の丸、三の丸が高く作らるという、全国的にも珍しい構成が特徴です。また、二の丸は霞城公園と呼ばれ、お花見の季節には約1,500本の桜が咲き渡ります。夜にはライトアップがされ、幻想的な情景を映し出します。

上杉神社

戦国武将ファン必見!上杉神社は米沢の藩祖・上杉謙信が祀られていることで有名です。旧米沢城本丸の奥に位置し、堀に掛けられた舞鶴橋には「毘沙門天」の軍旗が掲げられています。境内にある上杉家代々の文化財も見もので、参詣に合わせて歴史的知識も深まる神社となっています。
また神社は岬公園内にあり、春には咲き渡る200本の桜を見ることができます。お堀の水面に映る桜は、まさに絶景と呼べるものです。米沢市で毎年1位になるほどの観光名所。山形観光の際は、ぜひ足を運んでみてください。

上山城

羽州の名城、上山城。江戸の動乱で一度は壊されましたが、1980年に郷土資料館としてよみがえりました。天守最上階からは蔵王連峰と上山市街が一望でき、ため息ものの絶景が堪能できます。
二の丸には桜の名所で知られる「月岡公園」があり、春には約100本の桜が花を咲かせます。蔵王連峰と城との対比も見事で、桜のピンク、または残雪の白とのコントラストは目を見張るほど。上山城には足湯もありますので、のんびりと過ごしたい方にオススメです。

山形ならではの作品を堪能!山形の郷土美術館5選

ぶらりと立ち寄った旅先で、美の世界を堪能!山形県の美術館は、歴史と人との営みが感じられる、地域に根ざしたものが多くあります。歌川広重を記念した美術館や、その地域特有の歴史や郷土が学べる郷土館、大正初期の西洋館など。山形旅行のコースに美術館での芸術鑑賞を加えてみませんか。

山形美術館

山形美術館は民間主導の美術館です。「公立美術館より一段と幅広い県民の美術館」をコンセプトとしています。開設時には日本画主体の美術館でしたが、1985年の新築オープンの際、服部コレクションや吉野石膏からの寄託作品などからフランス近代絵画が増え、今では「東北有数のフランス近代絵画美術館」として知られています。

土門拳記念館

土門拳記念館は、日本最初の写真専門の美術館として誕生しました。名前の由来は酒田市名誉市民第1号である土門拳氏にちなんで。美術館内では土門拳の全作品・約7万点を収蔵し、その保存をはかりながら順次公開しています。
中庭の彫刻も見どころで、世界的彫刻家であるイサム・ノグチ氏の作品が設置されています。美術に関心のある方は一度は訪れておきたい美術館です。

文翔館

文翔館は、大正初期の洋風建築を代表する貴重な建物です。建築物の造りには「英国近世復興様式」を採用しており、その建築美はルネッサンス風な荘厳なものです。館内には展示室が設けられており、復原記録や山形の歴史・文化が紹介されています。見学は自由にできますので、旅の思い出に気軽にどうぞ。

広重美術館

浮世絵師・歌川広重の作品が集められている広重美術館です。有名な錦絵「東海道五十三次」や、天童藩主の依頼によって描いた一連の作品「天童広重」など、貴重な美術品が納められています。歌川広重生誕200年にあたる平成9年にできた、湯のまち天童の美術館。他にも浮世絵の描き方がわかる映像が見られたり、広重の作品・山形の風土を活かしたオリジナル商品の購入などもできます。

山居倉庫

NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケーション舞台にもなった山居倉庫は、庄内米の貯蔵庫です。土蔵造りの倉庫が12棟ならび、裏手のケヤキ並木、倉庫前の船寄せ場とのコントラストが美しいスポットとなっています。倉庫内の1棟は庄内米歴史資料館「酒田夢の倶楽」となっていますので、気軽に訪れてみてください。

ため息が出るほどの絶景!山形を代表する絶景スポット6選

東北地方・山形の大自然は、長い時間をかけて様々な景勝地を生み出して来ました。ここでは代表的な蔵王連峰の御釜はもちろんのこと、あまり知られていない穴場絶景スポットまで、おすすめ景勝地を6つ厳選して紹介します。ため息が出るほどの絶景は、旅行の思い出を素敵に彩ってくれますよ。

御釜

蔵王連峰にあるエメラルドグリーンの火口湖が御釜です。約3000年前の噴火で生まれたとされ、その美しい自然芸術は、樹氷とともに蔵王の代表的なスポットとして知られています。別名は「五色湖」。湖が太陽光の当たり方によりさまざまな色に変化します。
御釜が一望できる展望台には蔵王ハイラインの終点から、徒歩で5分ほど。神秘的な雰囲気の火口湖は、写真撮影スポットとしても有名です。

【御釜を望むおすすめルート1】馬の背

馬の背は、蔵王連峰の熊野岳から刈田岳へ通じる約2キロの尾根です。東側は絶壁になっていますが、蔵王連山の火口湖「御釜」や、その向こうの五色岳の山なみを見ながら進むことができます。自然そのものと言えるような雄大な景観、特に岩壁や雪渓は見事です。天気のいい日には、展望台から遠く太平洋までもが一望できます。なお、火山活動のため、一部侵入が規制されているエリアもありますので、ご注意ください。

【御釜を望むおすすめルート2】蔵王ロープウェイ

蔵王山はトレッキングにも大変向いているスポットですが、より手軽に楽しみたい方には「蔵王ロープウェイ」があります。上から見下ろす山々は大変美しく、春夏は山の息吹、秋は紅葉などが眺められます。冬場はスキー客のほか、白銀の芸術・樹氷を目的に訪れる観光客で賑わっています。

【御釜を望むおすすめルート3】蔵王エコーライン

蔵王エコーラインは山形県と宮城県をつなぐ、約26kmの山岳道路です。日本百名道に数えられる道路だけあり、季節ごとに見られる景観はまさに圧巻の一言です。冬季閉鎖が終わる4月、5月には雪の回路、春夏は茂る新緑、秋には紅葉など。
​特にオススメなのが蔵王の顔である「御釜」です。光の加減により色を変える火口湖の景色は、山形旅行の素敵な思い出になりますよ。蔵王の雄大な景観を眺めながら、快適なドライブタイムをお過ごしください。

白糸の滝

山形県最上郡戸沢村にある白糸の滝は、「日本の滝100選」に選ばれている全国的にも有名な滝です。落差は123mと、最上川48滝の中では最大規模のもの。流れる滝水の白さと木々の緑のコントラストは、まさに最上峡屈指の景勝地といえるでしょう。
白糸の滝は「白糸の滝ドライブイン駐車場」から対岸に眺められる他、ドライブインの乗船口、または最上川での舟下りでも眺められます。

白竜湖

古代の置賜盆地に存在した湖の名残、白滝湖。周辺には大谷地と呼ばれる湿地帯や、のどかな田園風景が広がっています。名前の由来はさまざまあり、「恋を成就できなかった娘が湖に身を投げ白竜になった」、「人身御供として湖に沈められた娘が白竜になった」、さらに「湖から立ち上る水蒸気が竜に見えた」というエピソードまであります。

山形の自然の中で遊べる!テーマパーク&公園4選

山形には大自然を活かしたレジャー施設が満載です。のんびりと過ごせる公園や、サンリオキャラクターがモチーフの遊園地などがあり、いずれも地元民の方に愛されています。1年を通して楽しめるスポットばかりですので、ご家族連れやカップルで足を延ばしてみてはいかがですか。

リナワールド

上山市にあるリナワールドは、東北最大級の遊園地です。幅広い年代の方が楽しめるよう、園内はジョイフルゾーン、ビーチゲート、エキサイトゾーンに区分けがされています。ハローキティのメルヘンランドゾーンもあり、こちらはお子さまや女性の方に人気があります。
アトラクション数は30種類を越え、観覧車やジェットコースターなどの定番ものはもちろん、近年では世界初のアトラクション「Magicミラーワールド夢幻」も好評です。

舞鶴公園(天童公園)

天童市の中心地にある舞鶴公園(天童公園)は、桜の名所として有名です。公園内にはソメイヨシノをはじめ約2000本の桜があり、春には公園一体を美しい薄ピンク色に染め上げます。また山頂の展望広場からは築山、朝日連峰、最上川などが一望できます。山頂の看板には「山形の絵になる風景-天童夜景-」と記されており、山形屈指の夜景スポットとしても有名です。

日和山公園

北川上河口に面する日和山公園は、高さ56mの丘にある公園です。石巻市と酒田市が一望できる場所にあり、天気が良ければ太平洋や松山、遠く蔵王の山々が眺められます。
桜・ツツジの名所として有名で、毎年4月に開催される「酒田日和山桜まつり」には、約400本のソメイヨシノが咲き渡ります。また日本最古級の木造六角灯台や、千石船も見どころです。風情ある景色が楽しみたい!という方にオススメのスポットです。

山形県総合運動公園

山形県総合運動公園は、県民のスポーツ活動や、さまざまなレクリェーション活動の場として平成4年にオープンしました。広域公園として有名で、平成27年の段階ではすでに総面積が約56ヘクタールを越えています。
陸上競技場のほか、テニスコート、野球場、サッカー場などがあり、広場ではお祭りが行われることもあります。気軽に利用できる屋内プールや「いこいの広場」もありますので、ご家族での思い出作りもオススメです。

山形の遊び一覧はこちら♪

前の記事へ 次の記事へ