栃木観光 日帰り・子供連れも堪能できる名所98選をシーン別にご紹介

あそびのジャンル
タグ

日光東照宮やバンダイミュージアムが有名な栃木県ですが、ほかにも見るべき観光スポットはたくさん存在します。世界の建造物や世界遺産を25分の1のスケールで再現した東武ワールドスクウェア、幻想的な雰囲気で映画やPVにも使われる大谷石資料館、日本三大瀑布に選ばれた華厳の滝など魅力いっぱいのスポットが満載です。ここでは、テーマパークや温泉、パワースポットなど、目的別にまとめて栃木の観光スポットをご紹介します。栃木観光の参考にしてみてはいかがでしょうか。

栃木の遊び一覧はこちら♪

ここへ行けば間違いない!栃木のテーマパーク14選

観光旅行の際にはやっぱり行きたいテーマパーク。栃木には定番の遊園地のほか、あらゆる種類のテーマパークが数多く存在します。まるでタイムスリップした気分になれる江戸村や満開の花が咲き誇るフラワーパーク、不思議な体験ができるトリックアート館など、個性あふれるテーマパークがいっぱいです。一緒に観光する相手や季節・天候に合わせて足を運んでみてください。

日光江戸村

栃木県は徳川家康ゆかりの日光東照宮があり、江戸文化と関係の深い土地柄。そんな栃木県で最も江戸文化を感じることができるテーマパークが日光江戸村です。関所街道、宿場町、商家街など江戸の街並みが再現されており、一歩足を踏み入れるとまるでタイムスリップした気分が味わえます。ちょんまげのお侍さんや商人に出会えます。江戸人変身や職人体験、忍者体験、弓道体験など実際に楽しめる体験も盛りだくさんです。

那須ステンドグラス美術館

栃木県那須高原とどこか似た雰囲気がある、英国・コッツウオルズ地方の貴族の館「マナーハウス」をモチーフに作られたのが那須ステンドグラス美術館です。ステンドグラスの柔らかな光、美しい造形は日常から離れた穏やかな空間を演出します。館内ではクラシックのコンサートやステンドグラスの体験教室が開催されています。

あしかがフラワーパーク

1968年に栃木県足利市に「早川農園」として開園、1997年に都市開発のため現在の場所に移転し「あしかがフラワーパーク」として再オープンしました。四季折々にあわせた数多くの花々が咲き誇っています。園のシンボルは樹齢100年をこえる「250畳の大藤」。大藤4本と80mに及ぶ白藤のトンネルは栃木県天然記念物に指定されています。夏には花火大会、冬にはイルミネーションが行われ、年間100万人以上が訪れる栃木を代表する人気観光スポットです。

施設の紹介記事はこちら!

【2019年最新版】あしかがフラワーパークの魅力とは!

那須ハイランドパーク

那須ハイランドパークは栃木県北部にある那須高原の大自然に囲まれた東日本最大級の遊園地です。ジェットコースターなど約40種のアトラクションの他、魚釣りや足湯ができるアウトドアエリア、コテージタイプの宿泊施設を揃えています。日本最大級6層仕立ての巨大迷路や日本初の水系回転アトラクションなどの新アトラクションが次々と誕生しています。

ツインリンクもてぎ

栃木県にあるツインリンクもてぎは、オーバルコースとロードコースの2つのコースをもつ世界でも珍しいサーキットです。四輪自動車レースの「SUPER GT」や二輪自動車レースの「日本グランプリ」など多くのモータースポーツのイベントが開催されています。レースのない時はコースを走ることができ、モータースポーツファンにはたまらない施設です。
周辺の自然と触れ合えるキャンプ場もあり、夜になれば満点の星空が広がります。

東武ワールドスクウェア

東武ワールドスクエアは世界の建造物や世界遺産を25分の1のスケールで再現したテーマパークです。エッフェル塔や自由の女神など有名な建築物が、建物の細部まで詳しく再現されています。おすすめは45の世界遺産を含む、世界の有名建築物102点を1日で巡る、世界一周の旅。世界を旅行した気持ちになれるおすすめのスポットです。

那須りんどう湖レイクビュー

那須りんどう湖レイクビューのあるりんどう湖は、栃木県那須高原にある農業用のため池です。その周辺は別荘地になっており、キャンプ場やホテルなどが並びます。中でも有名なのが、那須りんどう湖レイクビュー。乗り物、動物、食事など誰もが楽しめるレジャーランドです。手作りアイスクリームの体験やキャンドル作りの体験もできます。

とちのきファミリーランド

栃木県総合運動公園の中にある「とちのきファミリーランド」は、名前のとおり家族で楽しめる遊園地です。入園料は無料ですが、乗り物ごとに料金がかかるのでワンデーパスポートが便利です。ジェットコースター、ナイアガラクルーザーなど本格的遊具のほか、小さな子供でも楽しめるバッテリーカーやメリーゴーランドなどが充実しています。

おもちゃのまちバンダイミュージアム

栃木県下都賀郡のおもちゃのまちにあるバンダイミュージアム。1960年代に街をあげて玩具工場が誘致されたため、おもちゃのまちという地名がつけられており、珍地名としてメディアなどでよく取り上げられます。
バンダイミュージアムは
日本、世界、エジソン、ホビー(ガンダム)の4つのエリアと、抱えきれないほどのプレイエリアで構成された大人も子供も楽しめるおもちゃの博物館。誰もがよく知るヒーローやアニメのキャラクターから貴重な世界のおもちゃなどが多数展示されています。

那須テディベア・ミュージアム

世界中に多くのファンをもつテディベア。那須テディベア・ミュージアムは、「テディベアの家」をコンセプトに造られました。多くの人に愛されてきたアンティークテディベアや、近年の選りすぐりの作家100人によって造られたテディベアを展示した魅力あるミュージアムです。栃木だけでなく全国から多くの観光客、テディベアファンが訪れます。

那須とりっくあーとぴあ

「那須とりっくあーとぴあ」は体感して楽しめる不思議な美術館。トリックアートの館、ミケランジェロ館、トリックアート迷宮館の3つの施設で構成されています。人間の錯覚を利用して、魔法にかかったかのような体験ができます。日本で唯一アトリエ(製作工房)が併設されているので、実際にトリックアートが製作されている様子を楽しめます。

栃木県立博物館

栃木県立博物館は栃木の自然や文化への理解を深めることを目的として設立されました。宇都宮市の中央公園内にあります。栃木の自然とそこで暮らす動植物、そして人々の生活等の資料や文化遺産が展示されています。より理解を深めるために小中学生を対象とした体験学習を行っています。また、栃木の歴史や文化にまつわる映画やアニメの上映も不定期で行っています。

マウントジーンズ那須

首都圏から120分のアクセスのよさが人気、栃木県那須郡にあるスキー、スノーボード場がマウントジーンズ那須です。初心者から上級者まで楽しめる人気のスキー場です。子供や初心者向けのスクーるをHPから予約することができます。スキーが楽しめるのは冬季のみですが、ゴンドラから紅葉といった四季折々の高原の自然が楽しめる季節のゴンドラ営業も人気です。

那須フラワーワールド

栃木県那須高原に広がる巨大なフラワーパークが那須フラワーワールドです。雄大な那須連山を背景に散歩しながら季節の花々を楽しむことができます。一番の見ごろはチューリップが咲き誇る4月末~5月上旬にかけて。そのほかにも夏はマリーゴールド、秋はコスモスなどのきれいな風景が楽しめます。

全国有数の温泉郷!栃木の温泉14選

せっかく旅行にきたんだから、温泉に入ってゆったりと身体を休めたいという方も多いはず。栃木県は全国有数の温泉郷として知られ、鬼怒川温泉や那須温泉など有名な温泉が集中しています。日帰りでも宿泊しても楽しめる、定番の温泉から穴場温泉まで紹介します。

湯西川温泉

壇ノ浦の合戦で敗れた平家の落武者たちが隠れ住んだといわれる温泉郷が栃木の湯西川温泉です。目立たないように暮らしていた当時の名残が今も残っており、「鯉のぼりはあげない」「焚き火はしない」などの風習が受け継がれています。渓谷沿いに民宿や旅館などが並ぶ風情ある佇まいで人気です。湯西川にある旅館のほとんどに渓谷に面した露天風呂があり、紅葉や新緑といった四季折々の風景を楽しむことができます。
地元の川魚や山の幸、みそべらなどを囲炉裏でじっくり焼いた落人料理も有名です。

鬼怒川温泉

鬼怒川温泉は江戸時代に発見され、日光詣の僧侶や大名のみが入湯を許可された由緒ある温泉です。明治以降に一般開放されてからは、鬼怒川渓谷沿いに旅館やホテルが建ち並び関東有数の温泉地として毎年約200万人が訪れます。お湯はアルカリ性単純温泉で、肌にも優しい軟らかな泉質です。やけどに対する効能が優れているとされています。

那須高原・那須温泉

栃木県、那須町北西部の茶臼岳には多くの温泉があり、それらを総称して那須温泉郷と呼んでいます。1300年前に発見され、古くから湯治場として温泉療養に使われてきた温泉で江戸時代の温泉番付では東の関脇に選ばれていました。那須の豊かな自然の中効能、泉質の異なる温泉が楽しめます。

塩原温泉郷

那須塩原市にある1200年誇る塩原温泉郷。11の温泉が点在し、古くは塩原11湯といわれていました。硫黄泉や炭酸塩泉など多種多様な源泉の湧き出る塩原温泉郷は源泉遺産とも呼ばれています。温泉の泉質、ロケーション、効能など選ぶ楽しさが味わえる温泉郷です。宿泊してのんびりするだけでなく、日帰りで気軽に楽しむこともできます。

鹿の湯

栃木県那須郡那須町の開湯1300年の温泉が鹿の湯です。傷を負った鹿が傷を癒すために温泉に入っていたのを狩人が見つけたことから、鹿の湯と名づけられました。ひなびた木造建築の建物は、昔ながらの雰囲気を醸し出します。地下1,700mより噴出する源泉100%の神秘的な翠色の露天風呂は時間とともに色が変わっていきます。ほかにも薬石を使ったサウナや気泡風呂を楽しむことができます。

川治温泉

男鹿川と鬼怒川が合流する渓谷の温泉郷が川治温泉です。約10件の旅館やホテルが立ち並びます。開湯は江戸時代で、源泉の「薬師の湯」には土方歳三が湯治に訪れたといいます。傷、やけど、リウマチ、冷え性などに効果があるといわれている、アルカリ性の温泉です。近くでは龍王峡や平方山の自然を楽しむハイキングが楽しめます。

鬼怒川グリーンパレス

鬼怒川の渓谷の美しい湖畔、関東有数の温泉地にあるホテルが鬼怒川グリーンパレスです。首都圏からの直行バスもあるので栃木以外からも多くの観光客が訪れます。館内の施設は充実しており、2つの大浴場で温泉を楽しんだ後は、無料で大卓球場やカラオケボックス、ビリヤードなどを楽しめます。

喜連川温泉

栃木県さくら市の喜連川は奥州街道の宿場として栄えた歴史を持つ古い城下町。「日本三大美肌の湯」のひとつに選ばれており、塩分を含む弱アルカリ性の温泉です。国内でも有数といわれる良質な泉質を誇ります。街には温泉が点在しており、温泉付きの道の駅や公営の施設ではお手頃に入浴することができます。

加仁湯

加仁湯は栃木県日光奥鬼怒にある、人里離れた自然に囲まれた一軒宿。泉質の異なる5本の源泉を持ち、多くの温泉好きに愛される温泉宿です。男女別の浴場のほか4つの露天風呂や貸切の露天風呂があります。周囲は自然でいっぱいなので、ハイキングを楽しむこともできます。カップルやファミリーにおすすめの、まさに秘湯と言える温泉です。

板室温泉

栃木県那珂川の上流、秋には紅葉が広がる板室渓谷にある温泉が板室温泉です。国民保養温泉地の指定を受けており、神経痛、打ち身、関節痛に効果があるといわれています。古くから「下野の薬湯」と呼ばれる共同浴場には多くの人が訪れました。現在、各旅館には温泉療法の指導ができる「温泉入浴指導員」が常駐しています。

三斗小屋温泉

栃木県朝日岳の西側山腹、1,500mの高地に位置する温泉地が三斗小屋温泉です。日本郵便の交通困難地・速達取扱地域外で郵便は届かず、電力は自家発電です。消灯後はランプが灯るといった、ひなびた雰囲気がたまらない秘境の温泉です。交通手段も徒歩に限られるので、トレッキング程度の準備が必要です。

大丸温泉

標高1,250m、栃木県那須の最奥地にある秘湯が大丸温泉です。眺望は素晴らしく、目の前には那須野が原が広がり、後方には那須岳がそびえます。自家源泉による湯の川をせき止めて、いくつかの露天風呂にした豪快な川の湯が名物です。乃木将軍が毎年湯治に訪れたことで知られており、遺品展示のコーナーがあります。

川俣温泉

渓谷を流れる鬼怒川とそれを囲む豊かな自然に囲まれた温泉郷が栃木県の川俣温泉です。周囲の景観を活かした露天風呂が多く造られています。都会の喧騒を離れ、のんびりと温泉を楽しみたいという方におすすめです。また川俣温泉は平家落人の集落と言われていて、史跡が残っています。新緑の5月と紅葉が見事な10月下旬は特に多くの観光客が訪れます。

間欠泉

間欠泉とは一定周期で水蒸気や熱湯を吹きあげる温泉のことを指します。アメリカにあるイエローストーンが世界的に有名ですが、川俣温泉街の中心にも、勢いよく熱湯が噴き上がる間欠泉があります。約4~50分おきに1~2分間、大きく鳴り響く音とともに白い蒸気を上げて120度の高温泉を噴出します。湯柱の高さは2、30mにも達します。間欠泉は、噴泉橋や間欠泉展望台から見ることができます。

たくさんの動物や植物と触れ合える厳選施設6選!

栃木観光を家族連れで楽しむならやっぱり動物園がおすすめです。栃木では動物と触れ合ったり、間近で観察できる動物園やサファリパークが非常に人気です。また、淡水魚を中心に扱った水族館やアルパカの牧場など普通とは一味違った施設もあります。図鑑ではわからない、大きさやにおいを体感してみてください。

那須どうぶつ王国

栃木県那須高原の東京ドーム約10倍分に相当する広大な敷地で、世界中から集められた600頭もの動物たちが暮らしています。ゾウやキリン、ライオンなど、大型動物や猛獣は飼育しておらず、草食動物が中心です。エサやり体験など動物との触れ合いが楽しめるテーマパークです。動物たちの様々なショーが毎日行われています。

那須サファリパーク

ホワイトライオン、トラ、キリンなど70種、700頭の野生動物が暮らす那須サファリパーク。動物を間近で見学でき、餌やりも体験できる体感型サファリパークとして栃木県でも有数の人気観光スポットとなっています。マイカーで見学することができますが、傷やへこみがつく可能性があるのでライオンバスに乗車して園内を巡ることをおすすめします。夜行性の動物たちを見学できるナイトサファリも人気です。

宇都宮動物園

栃木県宇都宮市北部に位置する動物公園が宇都宮動物公園です。「自然とどうぶつとこどもたち」をコンセプトにした動物とのふれあいが楽しめるテーマパークです。動物との距離が近いことが特徴で、えさやり体験などを通して、動物を実際に見て、触って体感することができます。図鑑ではわからない動物の大きさ、におい、暖かさを感じることができます。列車などの遊具が設置されており、夏にはプールが開かれるなど親子で楽しめる動物公園です。

渡良瀬遊水地

渡良瀬遊水地は足尾鉱毒事件による鉱毒を沈殿させ、無害化させることを目的につくられた遊水地です。埼玉、栃木、群馬、茨城の4県にまたがる3,300ヘクタールもの広大な面積に葦原が広がっており、多数の動植物が生息しています。2012年には、生態圏を守る目的でラムサール条約に登録されました。遊水地内には道路があり、内部に行くことが可能です。生きている自然の博物館として子供から大人まで多くの方に親しまれています。

なかがわ水遊園

栃木県なかがわ水遊園は日本でも珍しい、淡水魚を中心に扱った水族館です。栃木の人に親しまれている那珂川をテーマとし、那珂川の魚を始めとして世界の淡水魚や熱帯雨林、サンゴ礁の魚を展示しています。見るだけでなく体験やイベントも充実しており、釣りやつかみ取りの体験ができます。また水族館の裏側を知るバックヤードツアーなど年間100を超えるイベントを実施しています。

アルパカ牧場 那須ビッグファーム

栃木那須の11万平方メートルの広大な敷地で400頭のアルパカが暮らす「アルパカ牧場那須 ビッグファーム」は日本初のアルパカのための牧場です。もふもふとした愛らしいアルパカの姿は多くの来場客を笑顔にしています。園内ではアルパカとの触れ合いが楽しめるほか、アルパカの毛から作られたオリジナルグッズも販売されています。

栃木の歴史と文化を学べるおすすめスポット4選!

日本一の鉱都・足尾銅山や未知なる空間と呼ばれた地下採掘場など、歴史を感じさせる神秘的なスポットに興味がある方は多いのではないでしょうか。これらの施設は現在では資料館になっており、見学が可能です。なかなか学ぶ機会のない栃木の歴史や文化を楽しみながら学んでみてください。

足尾銅山

400年の歴史を誇った足尾銅山は坑道の長さが1200kmに及び、かつては日本一の鉱都と呼ばれました。1973年に採鉱は終了しましたが、その後は坑道跡を利用して観光施設として生まれ変わりました。トロッコ列車でみる全長700mの坑道はかつての作業の様子が人形などで再現されています。敷地内にある資料館では、選鉱や精錬の過程がわかりやすく展示されています。

大谷資料館

栃木県宇都宮市にある大谷石採石場跡。現在は大谷資料館として一般公開されています。岩山と周辺の緑が相まった独特の景観に特徴があります。資料館では、幻想的でまるで神殿のような空間の中で、大谷石の解説や採掘の歴史などの展示が行われています。さらにコンサートやダンス、演劇などのイベントが不定期で開催されています。
多くの映画やPV、CMで使われる人気の資料館です。

宇都宮美術館

宇都宮美術館は栃木県宇都宮市の市政100周年を記念して作られました。「うつのみや文化の森公園」内にあり、公園施設とともに市民の憩いの場、芸術文化活動の拠点施設として親しまれています。マグリット、シャガール、クレーなど20世紀を代表する作家の作品を約6500点収蔵しています。またテーマに沿った展覧会を定期的に行っているので、足を運ぶ方は公式HPをチェックしてみてください。

平家の里

平家の里は、平家落人の伝説が残る湯西川温泉にあります。平家落人の生活様式を後世に残すため、村内のかやぶき屋根の民家を移築し再現しました。民家の中は資料館になっていて、当時の道具などが展示されています。6月には平家大祭が行われ、鎧兜の武者や雅びやかな姫が湯殿山神社から平家の里までの約2kmの道のりを練り歩きます。

栃木の遊び一覧はこちら♪

滝や湖など水系のおすすめ観光スポット13選!

陸地に囲まれ、海に面していない県である栃木ですが、滝や湖が意外と多いことで知られています。最も有名なのは日本三大瀑布に数えられる華厳の滝。迫力満点の滝とマイナスイオンたっぷりの自然を味わえるおすすめスポットです。そのほか日光だけでも48もの滝が存在します。自然豊かな栃木で四季折々の風景を味わえるおすすめスポットを紹介します。

湯滝

湯滝は、湯ノ湖の南端にある高さ70メートル、長さ110メートルの滝です。三岳溶岩流の岩壁を湖水が流れ落ち、落差は50mに及びます。滝壺に下りられるように整備されており、その近くに観爆台があって迫力ある姿を眺められます。戦場ヶ原から北上するハイキングコースの途中に通る人気スポットです。バス停「湯滝入口」からは徒歩5分とアクセスがよく見学しやすいです。

龍門の滝

栃木県那須烏山市にある那珂川の支流、江川にかかる20mの段差を落下する大滝が龍門の滝です。滝の名前の由来は滝の中程にある岩のくぼみに大蛇が住んでいるという伝説から。遊歩道が整備されているので滝の近くまで降りてみることができます。滝は幅40m、落差20mの2段落としになっており、2段目は滑らかな形状のため、夏には滝すべりを楽しむことができます。さらに、夏季、冬季にはライトアップも楽しめます。

白滝

栃木鬼怒川温泉と塩原高原を結ぶ有料道路「日塩もみじライン」沿いにある滝が白滝です。緩やかなカーブを描き、流れ落ちる水が白い布のように見えます。自然に囲まれた幽玄な雰囲気ですが、中でも紅葉の時期は多くの観光客が訪れます。
白滝は「白滝峠の茶屋ドライブイン」からすぐ。ドライブインの駐車場から散策するのが便利です。

華厳の滝

栃木県日光には48もの滝が点在していますが、中でも最も有名なのが「華厳の滝」です。15,000年前の「男体山」の噴火でできた中禅寺湖から落下する華厳の滝は、高さ97m、幅7mの大瀑布で日本三大瀑布に数えられます。華厳の滝を見るなら、エレベーターで行ける観爆台からがおすすめ。周囲の自然と滝の壮大な眺めが堪能できます。

中禅寺湖

栃木県奥日光の入り口に位置する中禅寺湖は、周囲約25km、最大水深163mに及びます。2万年前の男体山の噴火で渓谷がせきとめられたことによって原型ができたといわれており、穏やかな気候と日光の豊かな自然を楽しむことができます。日本百景にも選定されました。
湖畔には遊覧船が運行されていて、四季折々の風景が楽しめます。特におすすめは紅葉の季節。「紅葉廻りコース」がありますのでゆったりと美しい紅葉を味わうことができます。

五色沼

五色沼は正式には五色沼湖沼群と呼ばれ、毘沙門沼や青沼などいくつかの沼で構成されます。日光火山群の最高峰である白根山と、その東側の前白根山との中間にあります。標高2,175mの高所にあり、豊かな自然と多くの高山植物を見ることができます。
平坦なトレッキングコースが整備されており、1時間ほどで回れるため初心者の方にもおすすめです。見どころは自然を映して1日に5回色を変えるといわれる五色沼の景観。一見の価値ありです。

新川

栃木県宇都宮市および下野市を流れる新川沿いに600mほどの桜並木があり、公園として整備されています。大きなさくらの木が立ち並び、お花見スポットとして有名です。3月末から4月の開花時期には「新川のさくら祭り」が開催されており、夜間にはボンボリが点灯され、きれいな夜桜を見ることができます。

那珂川

栃木県北東部の人口18,000人ほどの町、那珂川町。町の中央を流れる那珂川は関東有数の清流です。那珂川では鮎の漁獲量日本一を誇り、良質な鮎が取れることで知られます。天然鮎のメッカとして鮎釣りに訪れる方も多いです。また、馬頭温泉など美人の湯で知られる温泉や栃木県唯一の水族館である、なかがわ水族館などが周辺にあります。

大沼

栃木県那須塩原市、富士山(新湯富士)の東側に広がる湿原、大沼。トチノキ、ミズナラなどの木々や様々な山草に囲まれ、豊かな自然の景観や生態系を観察することができます。4月のミズバショウ、6月のモリアオガエルの産卵の時期は特に人気です。周辺の遊歩道は車椅子でも通行でき、誰もが快適に森林散歩を楽しめます。

湯ノ湖

湯ノ湖は三ツ岳の噴火で湯川がせき止められてできた湖で、周囲は約3kmあります。湖岸には散策路があり1時間ほどで一周できます。三方を山で囲まれており、湖の周囲には、ノリウツギ、ウダイカンバなどの広葉樹と、コメツガ、ウラジロモミなどの針葉樹の原生林があり、手つかずの自然を楽しむことができます。

中禅寺湖 遊覧船

日光国立公園を代表する美しい湖、中禅寺湖。避暑地として、またキャンプなどで多くの観光客が訪れるスポットですが、山と湖による豊かな自然が満喫できる遊覧船クルーズは特に人気があります。遊覧コースはいくつかあり、新緑や紅葉を巡るコースや二荒山神社史跡を巡るコースなどさまざまです。それぞれ異なった中禅寺湖の魅力を楽しむことができます。

不動の滝

栃木県大田原市の箒川沿いにはいくつもの滝があります。その中でもよく知られているのが不動の滝。かつて滝の近くに石に彫られた不動明王があったことから、この名前がつきました。豊かな水量の滝の迫力と閑静な林の組み合わせが魅力的です。隣の不動神社にはヤマトタケルノミコトが祀られています。

那須フィッシュランド

那須フィッシュランドは、栃木県を流れる那珂川源流域にある自然に囲まれた管理釣り場です。初心から上級者までレベルに合わせて、ニジマス、イワナ、ヤマメなどの釣りが楽しめます。魚釣り以外にも四季折々の自然の中で、バーベキューや温泉施設も用意されています。ファミリーで楽しめる観光スポットです。

道の駅やアウトレットでグルメやショッピングを楽しもう!

せっかく観光にきたら、現地ならではのグルメやショッピングを楽しみたいですよね。そんな方に、ブランド品が格安で手に入るアウトレットモールや栃木名物のイチゴ「とちおとめ」、道の駅でのお土産の情報を紹介します。旅先だからこそ、ちょっと贅沢してお買い物してみませんか。

佐野プレミアムアウトレット

栃木県佐野市の佐野プレミアムアウトレットには国内外のブランド約180店舗が集まります。ファッション、雑貨、化粧品やグルメまで揃っているので退屈することなく楽しめます。アメリカの東海岸をイメージした建物で、遊歩道には子供向けに遊具が設置されています。駐車場も広く、高速道路からのアクセスも便利です。また、新宿や新潟、郡山などから直行バスが出ているので、車を持っていない方もスムーズにいくことができますよ。

いちごの里

栃木の「とちおとめ」といえばスイーツ好きにはたまらない人気のイチゴ。その「とちおとめ」を始め、さくらんぼ、ブルーベリー、ぶどうなどの味覚狩りを楽しむことができる施設がいちごの里です。フルーツを使ったジャム作り体験やケーキつくり体験もできます。洋菓子工房やイタリアンビュッフェといったご飯処もありますので、お食事の際に立ち寄るのもおすすめです。

那須ガーデンアウトレット

栃木県那須塩原市にある那須ガーデンアウトレットは約150の店舗の集まるアウトレットモールです。ファッション、雑貨、スポーツ、アウトドア、雑貨など多くの店舗が集まります。ショッピングだけでなく無料のキッズガーデンやドッグランがあり、ペット入店可の店舗もあります。親子連れの方やペットと一緒でも安心して楽しめるアウトレットモールです。
また毎年11月~2月末にかけてイルミネーションが行われています。ショッピングとともに幻想的な雰囲気を味わうことができます。

湯西川

湯西川は温泉街として有名な日光市、湯西川温泉の入り口にあります。道の駅には、天然の日帰り温泉や足湯、地元の産物を活かした食事、お土産が充実しており、旅行の際には必ず寄りたいスポットの一つです。水陸両用バスツアーが開催されており、ダム湖クルージングなどを楽しむことが出来ます。

アジアンオールドバザール

栃木の那須高原のミニテーマパークがアジアンオールドバザールです。テーマの異なるレストランが3店舗、アジアン雑貨や衣料品を扱うお店が2店舗あり気軽に海外気分を味わえます。バリ、ベトナム、ネパールから仕入れられた雑貨はお土産に最適です。園内は広く、公園もあるので子供連れでも楽しめます。

道の駅 もてぎ

栃木県芳賀郡の「道の駅 もてぎ」は公園、レストラン、地元のお土産などの施設が揃った、1日楽しめる道の駅です。裏手には真岡鐵道が通り、間近で蒸気機関車を見ることができます。ご当地ラーメンや地元食材をつかったデザートやレストランは観光客に人気です。季節ごとに花火大会やパレードといったイベントが行われています。

キャンプやBBQ、ゴルフができるアウトドアスポット8選

身体を動かすのが好きな方におすすめなアウトドアスポット。自然あふれる栃木では、キャンプ場やBBQ場、ゴルフといったアクティブな方必見のスポットが数多くあります。合わせてテニスやプールで遊べたりと一日中過ごすことができる充実の施設を紹介します。お金をあまりかけずに、豊かな栃木の自然のもとアクティブに楽しみましょう。

千本松牧場

栃木県那須塩原市の千本松牧場は自然の中で動物と触れ合ったり、スポーツを楽しめたり、グルメが味わえる牧場です。那須高原の爽やかな空気のもと、牛や馬、ダチョウといった動物と触れ合うことができます。また、テニスやパターゴルフができるスポーツ施設も用意されています。
ジンギスカンのバーベキューや絞りたての牛乳を使ったソフトクリームは一度食べたらやみつきです。温泉施設も完備されていて、一日中いろいろな楽しみ方ができます。

井頭公園

「日本の都市公園100選」のひとつ井頭公園は栃木県を代表する公園のひとつ。豊かな四季の自然の表情を楽しむことができます。園内にある「花ちょう遊館」には全国の高山や熱帯に生息する動物や植物が展示されています。また、夏季のみオープンするのが1万人プールでは、ちびっこプール、じゃぶじゃぶ池など小さい子供向けのプールからウォータースライダーなど大人も楽しめる7種のプールが用意されています。

城山公園

栃木県小山市城山町の思川を望む高台の城山公園はかつて、小山城や祇園城と呼ばれた城跡を整備してつくられた公園です。憩いの場として多くの人に親しまれており、「城山スカイローラー」と呼ばれる長い滑り台は子供たちに大人気です。また桜の名所として知られており、園内の約150本のソメイヨシノを目当てに毎年多くの花見客が押し寄せます。

那須野が原公園

栃木県那須連山に連なる広大な那須野が原の一画、緑豊かな自然を体感できる公園が那須野が原公園です。牧場が隣接していて素朴な雰囲気が魅力です。アウトドアが充実しており、広大な芝生でそり遊びをしたり、本格的なフィールドアスレチックを満喫したりできます。オートキャンプ場もありBBQができたりと、家族で訪れたい公園です。

みかも山公園

みかも山公園は万葉集に登場した三毳山にある栃木県最大の都市公園です。230mの標高に多くの山野草が自生しており、花の山百選に選ばれました。
公園内には子供が楽しめる遊具施設や富士山を眺める絶景ポイント「富士見台」、パラグライダー場などがあります。有料のフラワートレインでの園内散策も観光客に人気があります。

八幡山公園

栃木県宇都宮市の中央にそびえる宇都宮タワーがランドマークの公園、八幡山公園。園内には宇都宮タワーのほか、ゴーカートや遊具施設、動物舎などがありさまざまな目的で使用されます。展望台からは宇都宮を一望でき、自然が豊かな市民の憩いの場になっています。園内には830本の桜や5000本のツツジが植えられており、花見の名所としても有名です。

塩原グリーンビレッジ

塩原グリーンビレッジは栃木の人気温泉である塩原温泉郷のひとつ「福渡温泉」に位置するリゾートアウトドア施設です。ログハウスを借りたり、BBQをしたり、キャンプを楽しんだりすることができます。キャンプは手ぶらでもOKです。日帰り温泉や露天風呂、テニスも楽しめます。夏季には温泉プールが開かれ、川でマスのつかみ取りを行えます。

ロペ倶楽部

栃木県塩原の開放感あふれるゴルフ場がロペ倶楽部です。なだらかな高原に18コースが展開しています。栃木県那須氏にあるゴルフ場「ジュンクラシックCC」の姉妹コースとして1990年にオープンしました。天然温泉のある宿泊施設や和洋折衷のクラブハウス、レストランも完備。一度は訪れてほしいリゾートゴルフ場です。

パワースポットがたくさん!栃木のお寺や神社13選

栃木観光ではずすことのできないスポットといえば、日光東照宮。「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿の彫像で有名な観光スポットです。しかしそのほかにも、栃木には関東の三大師に数えられる佐野厄除け大師など、歴史あるパワースポットと呼ばれるお寺や神社がたくさんあります。栃木観光の際にはぜひとも訪れてみたいですね。

日光東照宮

栃木県にある世界遺産に登録された日光を代表する神社、日光東照宮。徳川家康を祀るために建てられました。現在の社殿群のほとんどは3代将軍家光によって行われた「寛永の大造替」で建て替えられたものです。全国の名工により漆や極彩色がほどこされた陽明門は圧巻です。神に仕える「神馬」の勤務場所である「神厩舎」には数多くの彫刻も飾られ、その中の一枚が有名な「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿の彫像です。

熊野神社

栃木県下都賀郡にある趣のある神社、熊野神社。普段は閑静な佇まいの神社ですが、毎年4月の第2土・日曜日は、子供だけで行われる「ささら獅子舞」が開催されます。棒の演者と獅子の踊り子が全て子供だけで行われる「ささら獅子舞」は山車も登場し、毎年子供達をはじめとした多くの人で賑わいます。

壬生寺

世界三大旅行記とも言われる「入唐求法巡礼行記」を記した慈覚大師円仁誕生の地として伝えられる壬生寺。現在も慈覚大師円仁が生まれた時に産湯として使ったという「産湯の井戸」が残っています。境内の大イチョウは樹齢400〜500年とも言われ、県の天然記念物になっています。厄除けや家内安全などの祈祷で訪れる方も多い歴史のあるお寺です。

日光二荒山神社

日光二荒山神社は栃木県日光市にある神社です。宇都宮市にある二荒山神社との区別のために「日光二荒山神社」と呼ばれています。日光三山(男体山、女峰山、太郎山)を神が宿る山として祀る目的で建てられました。「日光の社寺」の一部として世界遺産に登録されています。
現在では縁結びのご利益で人気の神社で、2本の杉が寄り添う「夫婦杉」などパワースポットがたくさんあります。

円通寺

金沢文庫、足利学校と並ぶ、中世から近世にかけて三大学府のひとつと呼ばれた大沢文庫。その面影を残した建物が円通寺にある一切経塔です。この建物は文庫の倉庫で経律論三蔵の一切経を中心に多くの貴重な書物が保管されていました。表門は県の重要文化財に指定されています。また、裏山には古墳時代後期に造られたといわれる入定塚古墳もあります。

古峯神社

栃木県鹿沼市の古峯神社は別名「天狗の社」とも呼ばれ、神社内参籠室や廊下などあちこちに天狗の面が掲げられています。天狗は災厄消除、開運の力を持つとされ、根深い民間信仰の対象になってきました。全部で16種類の天狗の御朱印があり、御朱印を集めている人たちの間で有名になっています。また、方神社の庭園は25,000坪もの回遊式庭園となっており、有料で入場できます。

御霊神社

源平合戦で弓の名人として名を馳せた那須与一は、今の栃木県の出身といわれています。栃木には那須与一にちなんだ施設や神社がいくつかありますが、この御霊神社もそのひとつ。与一の墓は京都にありますが、兄五郎之隆が分骨を埋葬するため、社殿を作ったのが始まりといわれています。落ち着いた雰囲気の神社で那須家めぐりコースのひとつになっています。

西明寺

栃木県益子町郊外の獨鈷山の中腹にある西明寺。正式名を獨鈷山普門院西明寺といい十一面観音菩薩がご本尊です。本堂厨子、三重塔、楼門などは重要文化財に指定されています。また、お地蔵様の隣で閻魔が笑っている「笑い閻魔」を見ることができます。西明寺のある獨鋸山は豊かな自然に恵まれており、ハイキングコースとしても人気です。

須賀神社(牛頭天王)

栃木小山市の須賀神社の創建は、天慶3年(940年)に京都の八坂神社より御分霊を勧請して祀ったことによります。地元の人々からは祇園さん、牛頭天王とも呼ばれています。徳川家より奉納された社宝の朱神輿は県指定の文化財になっており、獅子頭、四神とともに神社会館内に奉安されています。結婚式や七五三で使われることもある歴史のある神社です。

鑁阿寺

足利氏2代目の足利義兼が邸内に日常的に礼拝する仏像である持仏堂を建て、大日如来を祀ったのが鑁阿寺の始まりだといわれています。その後3代目の足利義氏が堂塔伽藍を建立し、以後足利一門の氏寺となりました。国の史跡に指定されており、日本百大名城のひとつでもあります。春は桜、秋はいちょうが見事で市民に親しまれています。

佐野厄除け大師

栃木県佐野市の惣宗寺は天台宗の名僧慈恵大師を祀ったお寺です。特に厄除け祈願で訪れる人が多いことから「佐野厄除け大師」と呼ばれ、青柳大師、川越大師とともに関東の三大師のひとつに数えられます。年末年始には観光県を中心に多くのCMが流れ、正月には大祭が開催されます。年間を通じて約百万人もの参拝者が訪れる栃木の人気スポットです。

乃木神社

栃木県那須塩原市の乃木神社は、明治時代に活躍した陸軍大将、乃木希典と静子夫人を祀った神社です。乃木希典将軍は、日露戦争で活躍し、その後学習院長として昭和天皇の御養育を担当しました。最期は明治天皇の御大葬の日に、自身も明治天皇を追って殉死しました。
参道には桜が植えられており、季節ごとに自然美のトンネルを演出します。境内には栃木県史跡にもなっている乃木家別邸や遺品などを収めた宝物館があります。

織姫神社

栃木県足利市にある、産業振興と縁結びで親しまれる神社が足利織姫神社です。1,300年の伝統を誇る機業地足利の守護神が祀られています。朱塗りの建物は周囲の緑によく映え、美しい景観を形作ります。夜間のライトアップは見応えがあり、日本夜景遺産の認定を受けています。また、社殿、神楽殿、社務所、手水舎は国の登録有形文化財に指定されています。
周辺は足利県立自然公園になっており、神社の境内はハイキングコースの発着点でもあります。

栃木の広大な大自然の中をハイキング!

近年高齢者だけでなく、若い世代にも人気が高まっているハイキング。植物や野鳥、秋には紅葉を楽しみながら自然の中を歩く時間は心を豊かにしてくれます。豊富な自然が残る栃木でハイキングにトライしてみてはいかがでしょうか。

戦場ヶ原

栃木県の戦場ヶ原はかつて中禅寺湖を巡って男体山の神様と赤城山の神様が争ったといわれる神話の場所です。日光市の日光国立公園内に、湖が湿原化した400ヘクタールもの広大な平坦地が広がります。自然探究路が整備されていて、多くの観光客や修学旅行客が訪れます。約2時間ほどのハイキングコースでは多くの植物や野鳥の姿と湿原の景観が楽しめます。

霧降高原

栃木県日光市の霧降高原は市の北方、女峰山東山麓に広がる高原です。豊かな自然に恵まれハイキング、スキー、キャンプ、ゴルフなどが楽しめます。赤薙山の中腹1300m付近には、霧降高原の自然が楽しめるキスゲ平があります。100種類を超える花が春から秋まで楽しめます。7月のニッコウコスゲは特に有名です。

那須平成の森

1926年に昭和天皇の御静養の場として設置された栃木の那須御用邸。長い間、一般の人は立ち入ることができませんでした。そこに残る多様な自然環境を生かして、2011年に日光国立公園「那須平成の森」は誕生しました。希少種をはじめとした多くの動植物と触れ合える場として開放されています。自由に散策できる「ふれあいの森」とガイドウォーク専用エリアの「学びの森」の2つのエリアで構成されています。

四季折々の自然や紅葉が眺める絶景スポット!

関東有数の紅葉の名所として知られる栃木県。東京から日帰りでいけるのも魅力的ですよね。ドライブしながら眺める紅葉した木々は絶景です。人気の紅葉スポットにはロープウェイも整備されており、手軽に山頂へ上がることができます。

いろは坂

栃木県日光市と奥日光を結ぶ観光道路がいろは坂です。上り専用の第1いろは坂、下り専用の第2いろは坂に分かれています。上下あわせて48箇所ある急カーブを、いろは48文字にちなんで「いろは坂」と名付けられました。カーブごとに「い」「ろ」「は」の看板が現れます。日光の紅葉が楽しめる絶景のドライブコースとして有名で、紅葉シーズンには非常に混雑します。

那須ロープウェイ

那須岳は栃木県那須郡那須町にある茶臼岳の別称で今でも噴煙のあがる活火山。登山客に人気がありますが、そんな那須岳の山頂へ手軽に近づけるのが那須ロープウェイです。9合目までロープウェイで行くことができ、約4分間のロープウェイから関東平野が一望できます。秋の紅葉時には特に人気があります。

金精峠

栃木県日光市と群馬県利根郡片品村の県境にある日光で最も高い峠が金精峠です。その高さは2024mになります。曲がりくねりながら登って行く山々の景色は、見どころが満載。男体山と戦場ヶ原が一面に広がる風景は圧巻です。紅葉の季節には山並みがカエデの紅葉で真っ赤に染まります。
毎年12月下旬~翌4月下旬は雪のため通行止めになるため、ご注意ください。

日塩もみじライン

栃木鬼怒川温泉と塩原高原を結ぶ有料道路「日塩もみじライン」では1,000mの標高を走ります。豊かな自然に囲まれ、紅葉や新緑といった四季の景観を楽しみながらドライブできます。観光客に特に人気が高いのは名前のとおり、紅葉の季節。10月下旬にはモミジ、カエデ、ブナなどが色づきたくさんの方が訪れます。

もみじ谷大吊橋

季折々の景色が魅力的な栃木県の塩原渓谷。もみじ谷大吊橋は箒川下流の塩原ダム湖にかかる全長320mの歩道吊り橋です。無補剛桁歩道吊橋としては本州最大の規模を誇ります。また、2013年にはロマンチックなスポットとして「恋人の聖地」に認定されました。雄大な渓谷の景観を引き立てる大吊橋は塩原渓谷の新しい魅力として観光客に人気のスポットです。

明智平

紅葉の名所として有名な栃木県のいろは坂。その第2いろは坂を登りきったところにに明智平はあります。明智光秀がその名前をつけたと言われており、日光でもっとも眺めのよい場所として知られます。食事やお土産ものが買えるドライブインのほか、より絶景が楽しめる展望台へのロープウェイもあります。

栃木が誇る山々で登山やトレッキングしよう!

多くの登山家が訪れる栃木の山々。栃木百名山と呼ばれる100個の山々のほか多くの山がそびえたっています。登山は道具が必要で敷居が高いイメージですが、ここでは初心者でもチャレンジできる山を中心に紹介します。栃木観光を機に、都会を離れ大自然の中を歩く登山デビューしてはいかがでしょうか。

白根山

栃木県日光の日光白根山は多くの登山者が訪れます。主峰は標高2,578mの奥白根山、山頂部がドーム状になっており、目立つ山には見えないのですが奥白根山より北にはこれ以上高い山はなく、関東以北の最高峰です。登山家・深田久弥が書いた「日本百名山」に選ばれています。多くの高山植物、五色沼を見下ろす絶景も楽しめます。

羽黒山

羽黒山は宇都宮市にあり、栃木百名山に選ばれています。地元では親しみをこめて「おはぐろさん」と呼ばれています。山頂にはかつて修験道の道場だった羽黒山神社があり、11月には300年以上の歴史をもつ羽黒山梵天祭が開催されています。
山頂から見える夜景は宇都宮市を一望できます。きれいな星空も必見。遊歩道も整備されています。

男体山

栃木県日光市にある標高2,486mの火山、男体山。日光国立公園に属しており、日本百名山のひとつです。古くから神聖な山として崇拝される、山岳信仰の対象ひとつとして知られました。北側から東側は傾斜が緩やかで、初心者でも登りやすい登山コースとして人気があります。登山口には日光二荒山神社中宮祠があり、山頂には日光二荒山神社奥宮と太郎山神社、二荒山大神像があります。流出口には日本三大瀑布として知られる華厳滝もありますので、あわせて行ってみてはいかがでしょうか。

鎌倉山

栃木県芳賀郡茂木町の鎌倉山は那珂川県立自然公園随一の景観と呼ばれる山です。栃木百名山の100座でもあります。標高は216mほどで、登山道は登りやすく20〜30分で山頂まで行けます。車で山頂へ行くこともできます。山頂からの景観は茂木町一と言われ、県内で唯一那珂川の川霧による雲海の雲海を見ることができます。

殺生石

栃木の那須高原のミステリースポットと言われるのが殺生石です。日光国立公園、那須湯本温泉の殺生石入り口から遊歩道に囲まれた真ん中には、賽の河原と呼ばれる殺伐とした風景が広がり、その先に殺生石があります。周辺には緑が茂っているにもかかわらず賽の河原には草木が生えず、鼻につく硫黄の匂いが広がります。殺生石の近くは硫化水素などの有毒ガスが立ち込めて立ち入り禁止ですが、周辺までは行くことができます。かつては松尾芭蕉も殺生石を訪れました。

那須岳

日本百名山のひとつ栃木の那須岳は別称、茶臼岳とも呼ばれる活火山です。独特の景観と豊かな自然を目当てに多くの登山者が訪れています。歩道も歩きやすく整備されているところが多く、豊富な高山植物を楽しめます。ロープウェイが整備されており、ロープウェイの終着駅から1時間弱で山頂まで行くことができます。初心者が安心して楽しめるおすすめの登山スポットです。

龍王峡

龍王峡は、まるで龍がのたうつような景観が岩と川によってつくられた渓谷です。今から2200万年もの昔、海底火山の活動によって噴出した火山岩が、鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような景観になったといわれています。その景色は川治温泉と鬼怒川温泉の間およそ3kmに及び、起伏の少ないハイキングコースが整備されています。紅葉の時期には特に多くの観光客が訪れる人気の景勝地です。

蓬莱山

日本三蓬莱のひとつ、栃木県佐野市の蓬莱山は日光二荒山を開山した勝道によって約1200年前に開かれました。いくつかの滝があり、中でも高さ45mの高さをほこる三滝は幻の滝とも呼ばれています。遊歩道が整備されており、四季の自然を楽しみながら散策できます。特に紅葉の時期は人気で、多くの人が訪れます。

太平山

栃木県南部栃木市にある341メートルの小さな山が大平山です。見晴らし台からは筑波山や好天時には富士山を見ることができ、日本夜景遺産に登録されています。また地上が霧になると、霧の上から付近の山々が見えることから「霧の松島」と呼ばれています。
太平山遊覧道路の両側には2kmに渡り4000本の桜が植えられ、春には桜のアーチが出来上がります。大平山神社に向かうあじさい坂も人気のスポットです。

古賀志山

古賀志山は、栃木県宇都宮市の北西郊外にある標高600m足らずの低山。周囲にある御岳(標高546m)、赤岩岳(標高536m)をまとめて古賀志山と呼ぶこともあります。登山に訪れる人は多く、穏やか家族で楽しめるハイキングコースが用意されています。春にはヤシオツツジが楽しめます。レジャー施設としても使われており、ロッククライミングの練習場やパラグライダーの発着場としても人気です。

朝日岳

朝日岳は栃木県那須連山のひとつで約1900mの高さがある鋭鋒です。その眺望の素晴らしさと初心者でも挑戦できるスリリングな登山ルートは多くの登山者に人気があります。道中は見晴らしがよく、遠くまで見渡すことができます。両側が崖になった尾根を歩くのはアスレチック感覚で、まるで登山家になった気分を味わえます。

栃木の遊び一覧はこちら♪

【おすすめ21選】栃木県の日帰り温泉まとめ

前の記事へ 次の記事へ