会津若松 観光スポット18選!鶴ヶ城や東山温泉など魅力名所まとめ

あそびのジャンル
タグ

会津若松の観光スポットといえば難攻不落の名城と謳われる「鶴ヶ城」や、奥羽三楽郷のひとつ「東山温泉」などが有名です。そのほかにも、白虎隊自刃の地として知られる「飯盛山」や、大河ドラマ「八重の桜」のロケ地となった、会津藩家老西郷頼母の屋敷を中心とした博物館「会津武家屋敷」など、数多くの魅力溢れる観光スポットがあります。ここでは、温泉や歴史、観光をはじめとした、会津若松のおすすめ観光スポットをご紹介します。ぜひ、会津若松を観光する際の参考にしてみてください。

会津若松の歴史を感じられる観光スポット7選!

戊辰戦争終焉の地として有名な「鶴ヶ城」や、世界的にも珍しい建築様式を採用している「さざえ堂」など、数多くの文化財や史跡が残る会津若松市。ここでご紹介するスポットは、どこも風情溢れる場所ばかりなので、福島へ観光に訪れた際はぜひ足を運んでみてください。

鶴ヶ城

福島県会津若松に位置する鶴ヶ城は、戊辰戦争の際に新政府軍の猛攻を前にしても落ちなかったと言われる難攻不落の城として有名です。1384年に築城されてから、幾度もの改修を経て、天下の名城となりました。残念ながら明治時代に入った1874年に石垣だけを残して取り壊されてしまいました。多くの人の寄付により、1974年に鶴ケ城本体が蘇りました。天守閣の内部は郷土博物館となっており、会津の歴史にふれることができます。

さざえ堂

会津若松の飯盛山に建つ「さざえ堂」。正式名所は「円通三匝堂」ですが、螺旋状の階段がくるくると続いているさまがさざえ貝を思わせるため、さざえ堂と呼ばれています。

上りと下りが全く別の通路になっている一方通行の構造になっているので、たくさんの参拝者がすれ違うこと無く安全にお参りすることができます。

そんな世界でも珍しい建築様式を採用していることから、国重要文化財に指定されています。

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS