東洋文庫ミュージアムの魅力を徹底解剖! 展示内容やアクセス、レストラン情報など

あそびのジャンル
博物館・科学館
タグ

東京都文京区にある東洋文庫ミュージアムをご存知でしょうか。名前を聞く限り図書館や「本」に焦点を当てた博物館などといったイメージを持つ方が多くいるかもしれません。しかし、東洋文庫ミュージアムの魅力は、そのコレクションだけでなく、展示の仕方に一工夫がされているところ。この記事では、東洋文庫ミュージアムの魅力に迫っていきます。また、気になるアクセス情報や割引情報、レストランの情報も余すことなくご紹介します。

東洋文庫ミュージアムとは?

 

東洋文庫ミュージアムは、2011年10月に東京都文京区駒込にオープンしました。多くの方に東洋学への興味を持ってもらうことがミュージアム開設のきっかけです。開設までの経緯を更に遡ると、その母体は三菱第三代当主の岩崎久彌が1924年に設立した日本最古の東洋学研究図書館である「東洋文庫」の存在があります。

館内はなんと撮影OK!展示内容をご紹介!

「モリソン書庫」や「ムセイオンの泉」など訪れた人をうならせる展示がさまざまあります。しかも展示物は撮影OKという太っ腹ぶり。今や知る人ぞ知る資料館となった東洋文庫ミュージアム。内部はもちろんのこと外装も美しさに定評があります。設計は三菱地所設計が担当し、2013年度グッドデザイン賞を受賞しました。

ここでは、美しい展示物に焦点を当ててご紹介します。

オリエントホール

ここのポイントは、国内最長の展示ケース。その中には世界各国の言葉で書かれた貴重な書物が並んでいます。また『広開土王碑文拓本』と『江戸大絵図』の原寸大のレプリカが天井に掲げられています。そして、東洋文庫の成り立ち約100万冊の蔵書についてまるっとわかる映像を見ることができます。

モリソン書庫

東洋文庫ミュージアムの最大の目玉である「モリソン書庫」。日本一美しい本棚と言われています。この書庫設立のきっかけは1917年。東洋文庫の創設者である岩崎久彌がモリソン博士から東アジアについての書籍や絵画など約24,000点を買い上げたことに遡ります。約100年立った今、貴重なコレクションたちにここで出会うことができます。

岩崎文庫

国宝や重要文化財など貴重なコレクションが展示されています。保存状態を維持するために展示は1ヶ月限定という徹底ぶり。また、展示物の内容を理解してもらいやすくするために、最新の技法が用いられています。

回顧の路

こちらも展示物の保存状態を良くするために、一工夫がされています。照明が極限まで落とされているのです。暗くなっているからこそ展示物に焦点がいきやすくなっています。

文京区の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS