東京大神宮 大人気恋愛パワースポットのご利益を授かる方法!

あそびのジャンル
タグ

東京・飯田橋駅から徒歩5分。ビルが立ち並ぶオフィス街に鎮座する、東京大神宮。〝東京のお伊勢さま〟として親しまれ、格式高い「東京五社」のひとつです。そしてさらに、いま東京で最も縁結びのご利益がある〝恋のパワースポット〟としても人気急上昇中。神前結婚式を初めて行った愛溢れる縁結びの神社・東京大神宮で、最大のご利益を授かる方法をご紹介します!

東京大神宮へのアクセス情報

最寄駅の「飯田橋」は、いくつかの利用できる路線があるので、事前確認をしてから向かってください。各所に案内表示がありますので随時確認しながら向かってください!ちなみに、神社には専用の駐車場がないので、公共交通機関の利用がおすすめです。

JR中央・総武線西口、東京メトロ有楽町線・南北線B2a出口からのアクセス

各出口を出て左方向へと進み、牛込橋を渡り直進します。その後、2つ目の十字路、左側に蕎麦店「小泉」を見ながら左折し、道なりに行くと東京大神宮が見えます。

東京メトロ東西線、都営地下鉄大江戸線A4出口からのアクセス

各出口を出て直進し、携帯電話ショップ「Y! mobile(ワイモバイル)」の角を右に曲がります。その後、2つ目の十字路、左角にあるスイーツショップ「プティボノ」を見ながら左折し、道なりに行くと東京大神宮が見えます。

東京大神宮の「恋活守り」12選

東京大神宮は、とにかくお守りの種類が多いことでも有名です。なんとそのかず40種類以上!今回はその中から〝縁結び〟〝恋愛成就〟のご利益効果が得られる20種類の中から特におすすめの厳選12選を、参拝時に迷わないように一挙にご紹介します。

縁結び鈴蘭守り

「幸福が訪れる」という花言葉を持つ純白の鈴蘭がモチーフの、愛らしい「縁結び鈴蘭守り」。縁結びのお守りの中でも抜群の人気を誇ります!鈴蘭の中には鈴が入っていて、それぞれ2つの鈴の音色が重なり1つの響きになるように、〝自分と相手の心もひとつになれますように〟という願いが込められています。

紐から社紋のプレートが外れると恋が叶うという噂もあり、「すてきな出会いが訪れた」「恋が実った」という口コミも多い話題の縁結びのご利益アイテムです。[700円]

結び札 恋愛成就

木札でできた恋愛成就のお守りです。真ん中から分割でき、片方に自分の名前を書いて神社に納め、もう片方は祈願の証に自分で持ちます。


神様とのご縁が深くなり、恋愛運がアップする!と連日多くの恋活女子が手にする「結び札」。神様に直接願いを届けられそうなロマンチックなストーリーが素敵です。[700円]

こいし守り

災厄をはらい幸せをもたらす霊力が宿るといわれている天然石。こいし守りには、宮城県石巻産の天然石「玄昌石(げんしょうせき)」がつかわれています。多くの玄昌石の中から、特に色の艶が美しいものを選び、〝恋(こい)しい思い〟が実を結ぶことを祈願されたお守りです。[600円]

鈴蘭ビーズ守り

鈴蘭の花が、小さなビーズで表現された愛らしいお守りです。やさしいピンクとブルーのかわいらしく、色違いで大切な方といっしょに身につけられます。[600円]

鈴蘭根付守り

「幸福が訪れる」という花言葉をもつ鈴蘭が描かれた金属製のお守り。強固なつくりになっているので、縁結びの強い味方になってくれることまちがいなしです。[600円]

縁結び幸せ小槌

振れば願いが叶う、と言われる「打出の小槌」をかたどった根付です。2体ひと組になっていて、2体を合わせると凸凹に刻まれている〝幸〟の文字がぴったりと重なる縁起のよい小槌です。大切なパートナーと一緒に持つのもおススメです。[800円]

恋愛成就守り

ピンク色は、女性らしさを引き立て、愛情を深める効力があるといわれています。ピンク色が全面に使われていて女性に大人気。きらりと光る金色の社紋が両面にちりばめられた金属製のお守りです。今にも恋が叶いそうなキュートなデザインです。[700円]

幸せ恋守り

ふたをぴったりと合わせ、二人の心も合わさってほしいという想いが込められ作られた縁結びご利益のお守りです。ふたをあけると、内側には小さなお守りが納められているとっても可愛らしいです。[700円]

桜鈴

日本人に愛され親しまれている〝桜〟。桜の花言葉は「優れた美人」です。鈴の音色で災厄をはらい、心身ともに清らかで美しい人でいられるように、と願いがこめられています。[500円]


恋愛成就 幸せ鍵守り

恋をしている相手の心の扉を開き、真心を受け入れてもらえるようにと願いが込められた鍵型のお守りです。相思相愛の願いを叶える縁起物〝鍵〟がモチーフの幸せ鍵守りは、恋愛成就を祈念したお守りと合わせて持ってばさらなるご利益効果アップが期待されるかも?鍵の先につくハートマークもとってもかわいらしいです。[800円]

縁授守り

縁起の良い木として知られる「えんじゅ」の木の玉が、稀少な「しけ絹」の袋に入ったお守りです。「しけ絹」には、2頭の蚕が奇跡的に出会い、力を合わせて作った繭(まゆ)が使用されています。繭から糸をつむぐように、良縁の糸をつむいで幸せの訪れを願われています。[800円]

心結び 美鈴守り

むかしから、「結ぶ」とは、〝人と人との縁〟〝心と心〟を結ぶおまじないと考えられていました。結びの力が込められた「美鈴守り」は、ご祝儀袋などに使われる「水引」を編み込んで作られています。幸せの祈りをこめて3つの鈴が固くひとつに結ばれた縁結びのご利益があるお守りです。[800円]

とにかくたくさんある〝縁結び〟〝恋愛成就〟のお守り。あまりにも種類が多すぎて迷ってしまいます!参拝のときまでに、目星をつけておくことをおススメします。ほかに、交通安全や学業成就などのものもたくさんあるのでこちらも要チェックです。

東京大神宮の恋みくじと効果

神社内には、全7種類のユニークなおみくじがあります。その中でも一押しの〝恋〟に関係するもの3種類をご紹介します。

縁結びみくじ

授与所でひくことのできるおみくじです。丸い穴からはお花のイラストが顔をのぞかせています。袋をあけるとふんわりとお花の香りが。小野小町などの歴史的に有名な歌人の恋の和歌が記され、色合いもかわいく、読んだあとにはしおりとしても使えます。香りを楽しみながらお持ちください!
このおみくじで「大吉」をひくと、3ヶ月~半年以内に彼氏ができるという話も?

恋みくじ(恋人形付き)

境内においてある箱の中から引く恋みくじには、着物をきた女の子の人形がついています。実はこの女の子、着物の柄や髪飾り、表情までもが微妙に違うんです!よく見て、好みの子を選んでください。

中には、未来の彼氏・彼女の予想が書かれています。血液型や干支、年齢差まで事細かに書かれています。もちろん、恋愛を成就させるための助言も記されていますよ。当たりすぎると評判の恋みくじは、将来の相手を予言されるみたいでどきどきしちゃいます。可愛らしいパワーアイテムに女子釘づけです!

恋文みくじ

恋文みくじは『万葉集』や『古今和歌集』などの歌集にある恋文に秘められた助言を読み解き、良縁へと導いてくれるおみくじです!境内中央の箱の中から引くことができます。

東京大神宮の参拝ポイントと参拝時間

東京大神宮の基本的な拝礼は、伊勢神宮と同じで「二礼・二拍手・一礼」です。
1.二礼 初めに頭を二回下げます。
2.二拍手 両手を胸の高さに合わせて二回拍手します。
     この時、右手を少し下にずらしましょう
3.一礼 最後に深く頭を下げます。

御神徳は実に広大無辺で、家内安全・商売繁昌・厄除開運・交通安全・学業成就にご利益があります。深呼吸をし心を整えて、神様に参拝しましょう!これは、伊勢神宮と同じ参拝方法です。拍手をするときは、右手を下に少しずらして手を合わせて行うのが正式な方法です。参拝時間は、午前8時から夜7時までです。夜7時には閉門してしまうので、ゆとりをもって神社に向かうのがおすすめです!

効果と口コミ

伊勢神宮と同じ参拝効果が得られる東京大神宮ですが、その効果は多岐にわたり多くの人がその参拝後効果を実感しているようです。主に、縁結びや安産のご利益を感じた女性の声の多さも話題に。「参拝したあとすぐに良縁が相次ぎ、結婚できた!」「ずっと子どもができず悩んでいて参拝をしたら、参拝二か月後に妊娠することができた!」など、素敵な口コミが数多くあります。

東京大神宮の御朱印帳と授与方法

東京大神宮では、3種類のオリジナル御朱印帳が授与されています。蝶・桜・うぐいすをイメージした御朱印帳は、どれも淡くやさしい色彩がすてきです。価格は、各800円で販売されています。

「御朱印承ります」と書かれた案内板のある「御祈授与所」の巫女さんに声をかけ、御朱印初穂料(料金)として300円をお納めするといただけます。受付時間は、8時から19時までです。

御朱印はとってもシンプルで印象的です。

神前結婚式はじまりの神社

東京大神宮は、神社の神前で結婚式を挙げる「神前結婚式」を日本ではじめて行った神社です。神前結婚式の歴史は明治33年、当時の皇太子殿下(のちの大正天皇)と九条節子姫(のちの貞明皇后)のご結婚の礼が宮中の賢所(ご神前)で挙式が行われたことからはじまります。このご慶事を記念して東京大神宮では、一般的の人々にむけた神前結婚式を創始し、日本人にふさわしい挙式として普及し始めました。伝統ある神聖な地で挙式をあげたい!という女性も年々増えているそうです。飯田橋にある東京大神宮は、好アクセスなので参列者も訪れやすいのも人気な理由のひとつです。


それ以前の結婚式は家庭で行うのが通例でした。神前で厳粛な雰囲気の中行われる結婚式は、画期的なできごととして当時は多くの注目をあつめたそうです。東京大神宮が縁結びパワー神社として有名になった大きな理由にもなっています。
大正元年に発表された夏目漱石の名作『行人』にも、日比谷大神宮(現在の東京大神宮)で行われる結婚式の様子が克明に描かれています。
現在でも東京大神宮では、神前結婚式が行われており近年巻き起こる「神前結婚式ブーム」の火付け役でもあります。お参りの際には白無垢姿の花嫁さんに出会える可能性もあります!幸せのおすそわけもしてもらえちゃう、恋のパワーで溢れかえる神社で人生の大イベント・挙式をあげたいと願う婚活女子も急増中です。

結婚式を挙げる方法と披露宴会場

東京大神宮で挙式を行う場合、「東京大神宮マツヤサロン」にて準備ができます。披露宴会場は雰囲気の異なる「神路の間」「大和の間」「明日香の間」「吉野の間」の計4会場から選択でき、会場では四季を彩る食材が使われた料理がふるまわれます。神社で行う、神前結婚式だからといって和装だけではありません。ウェディングドレスでも挙式ができます!結婚式会場の詳しい情報はこちらをご確認ください。

東京大神宮 パワースポットでご利益を120%得る方法

都内ナンバー1の恋愛パワースポットには、とにかく縁結びのご利益が得られるポイントがたくさんあります。東京大神宮への恋活女子に告ぐ、120パーセントの縁結びご利益効果を得るための必見ポイントを一挙ご紹介します!

境内のご祈願アイテム。待ち受けにして恋愛成就!

境内には、ぜひ見逃さないでほしい縁結びの祈願アイテムがあります。待ち受けにすると恋が叶う?なんて話題の2つをご紹介します。

境内にちりばめられるハートマーク

神社内のあちこちにちりばめられたキュートなハートマーク。これは、「猪の目」とよばれる、イノシシの目をかたどった伝統的な形で、魔除けを意味しているのだとか。ハートに囲まれた恋愛パワースポットで結婚式を挙げたい!なんて女子がたくさんいるのも納得です。

こちらは神門にある猪の目です。ほかにも拝殿の屋根など、いたるところにあふれるハートマーク。ぜひチェックしてみてください!たくさん探せば探すほど恋愛運も縁結びのご利益もアップしちゃいそうです。

ご神木は樹齢100年!

ご神木付近は緑が多く、とても神聖な雰囲気が漂っています。神社にゆかりが深く、神域にあるご神木は、まさにパワーのかたまり。必見アイテムのご神木は、拝殿右側の少し奥まっている場所にあるので、見逃さないでください。

願い文と縁結び絵馬で神様に願いを!

願い文

その名の通り、願いごとや誓いをつづり〝神様への手紙〟を書くける「願い文」。思いをこめて書いた後、それらが実を結ぶことを願い、紐を結んで封をします。

専用の箱に納めた「願い文」は、翌朝には祈祷してもらえます。好みの色を選択でき、定番の3色に加え、各月限定の1色の全4色から選べます。[500円]

縁結び絵馬(鈴蘭・結び・神話)

東京大神宮には3種類もの縁結び絵馬があります。それぞれ絵柄の意味が異なるので、自分の好みに合った絵馬を選んでください!
「鈴蘭」の絵馬は、手にした人に幸福が訪れるようにと願いが込められたものです。

「叶結び」の絵馬は、願いごとが叶うようにと縁起の良い紐結びが描かれた絵馬です。そして、男神と女神が並んでいる「神話」の絵馬は、最古の結婚の様子が描かれています。

最強の恋愛パワースポットと呼ばれる2つの理由

御祭神はむすびの神様「造化の三神」

伊勢神宮と同じ天照皇大神(あまてらすめおおみかみ)と豊受大神(とようけのおおかみ)、倭比賣命(やまとひめのみこと)が、ご祭神として祀られています。さらに、「造化の三神(ぞうかのさんしん)」と呼ばれる神様もまつられています。

「造化の三神」とは、日本最古の歴史書である『古事記』にも登場する〝むすび〟を司る三柱の神様です。天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、・神産巣日神(かみむすびのかみ)の総称です。

造化の三神が祀られているので、縁結びにご利益のある恋のパワースポットとしても知られ、良縁を願い参拝する方も多くなったそうです。そのほかにも、家内安全・商売繁盛・厄除開運・交通安全・学業成就などのさまざまなご神徳もえられます。

東京大神宮とは

東京大神宮創建の「歴史」

〝東京のお伊勢さま〟と呼ばれ、多くの人に敬われている「東京大神宮」。さかのぼること明治13年、神社の中では比較的新しく、今から約135年前に創建されました。

江戸時代、当時の人びとにとって伊勢国(現在の三重県)にある伊勢神宮への参拝は、生涯かけての願いであり夢でした。「お伊勢参り」は一世を風靡し、大流行していました。そんな古くからあつい信仰を受けていた伊勢神宮へ、東京にいながらお参りができるように「遥拝殿(ようはいでん)」として創建されたのが東京大神宮のはじまりです。ちなみに遥拝殿とは、伊勢神宮へ直接参拝したのと同じ効果を生む建物を指します。

創建当初の名前は「日比谷大神宮」


いまは東京都・飯田橋にある東京大神宮は、最初に神社が創建されたのは東京千代田区にある日比谷。地名に由来して「日比谷大神宮」と称されていました。大正12年(1923年)におきた関東大震災の影響を受け、社殿が焼失。震災から5年後の昭和3年(1928年)に、現在の地・飯田橋に再建、遷座され、以降は「飯田橋大神宮」と呼ばれ、そして戦後に「東京大神宮」と社名をあらため現在に至ります。

週末にはお団子とお茶のふるまい

東京大神宮では、週末になると参拝者にお団子とお茶が振る舞われます。土日にはお団子とお茶、冬場は赤福も楽しめます。夏はわらびもち、春と秋はおまんじゅうなど、季節によって色々と変化があります。東京大神宮は、細やかな心配りが行き届いたステキな神社です。

境内を徹底レポート

東京大神宮は、敷地面積およそ1000坪ほどのコンパクトな境内が印象的な神社です。そんな魅力がぎゅっとつまったパワーに溢れる境内の中をご紹介します!さらなるご利益アップの効果が期待できるような場所もあるので要チェックですよ!

参道・拝殿

鳥居をくぐり、正面に現れるのが参道と、神社のシンボル・社殿です。緑に囲まれた参道の先にたたずむ、堂々とした社殿の姿は、何とも美しくカメラをむける人もたくさん。


ちなみに、紫色の幕に染め抜かれた社紋の中心部にある「花菱」は、伊勢神宮の社紋とよく似ています。伊勢神宮とのつながりの深さが感じられます。遥拝殿ならではのちょっとした見どころにも注目です。神社のいたるところにあるので見つけてみてください!

参道の中央は神様がお通りになるといわれています。敬意をはらい、中央部分をさけて通るのが正式な参道の通り方なので気を付けましょう!

飯富(いいとみ)稲荷神社

境内社として、神門の右側にあるのが「飯富稲荷神社」。お稲荷さんといえば、商売繁盛の神様として知られていますが、この稲荷神社は、歌舞伎役者 9代目市川團十郎が熱心に信仰していた芸能の神様としても有名な社です。市川團十郎は、大衆娯楽だった歌舞伎を文化的に昇華させた功績もある凄腕の役者だったのだとか。


創建当時、現在の東京宝塚劇場がある日比谷付近にありましたが、日比谷大神宮が現在の飯田橋に移される際に、大神宮と共に遷座されました。神社の中にあるもう一つの神社「飯富稲荷神社」は、訪れた際にぜひ合わせて参ってほしい場所の1つです。

ご神木とせせらぎ

拝殿の右側に位置するのが、ご神木とせせらぎです。近年、清らかなエネルギーを感じられる浄化エリアとして注目されています。

奥にあるご神木も、この地に遷座された当時からこの場所にある樹齢100年以上の大木です。このご神木を待ち受けにすると恋が叶う?という噂も。パワーみなぎるこの場所にはぜひ立ち寄ってみてください。

休憩処

境内には、木々に囲まれた休憩スペースまであり、冬場にはうれしいストーブも用意されています。参拝後のひと休みにぜひ立ち寄ってみてください。

授与所

拝殿の並びにある授与所では、お守りや御朱印をいただけます。初詣の時期はとても混雑するため、特設の授与所を設置しますが通常時はこちらで授与していただきます。

参拝ルール

伊勢神宮との大きな違い

東京大神宮と伊勢神宮の大きな違いは、参拝の順序が定められていないことだと言えます。内宮と外宮に分かれている伊勢神宮は、お参りの順序が外宮から内宮へと決められています。東京大神宮は、伊勢神宮のように分かれていないので、一度の参拝で内宮と外宮の両方の神様をお参りできます!

恋活女子・婚活女子に一刻も早く行ってほしい場所、ナンバー1の〝東京大神宮〟。境内は、猪の目のハートマークやご神木、かわいらしいご利益グッズなど、女子心をくすぐる縁結びアイテムで溢れかえっています。女友達と参るのはもちろん、カップルで訪れても楽しめる〝愛〟でいっぱいの神社は、東京・飯田橋にある都内屈指のパワースポットです。

厄払いをするには

前厄・本厄・後厄と、三年間にわたって付きまとう厄年。東京大神宮では、そんな厄年を平穏に過ごせるようにと「厄払い」も行っています!

■受付時間

厄除けのご祈祷は、毎日1時間ごとに行われています。9時から16時半まで受け付けが可能で、平日は予約なしで訪れる人も多いそうです。心配な方は、事前に電話にて「希望日時」「予約の可否」の確認をお勧めします。
年始から1月半ばまでは混雑するので、事前問い合わせをお忘れなく!また、行事や結婚式等でご祈祷を受けられる時間が変更になる場合があるのでこちらも事前にご確認ください。

■ご祈祷のお申込み

当日申し込みの際は、本殿右横の授与所にて「ご祈願申込書」に必要事項を記入し、初穂料と共に申し込みます。厄年の場合は「厄除祈願」、良い厄年でない場合は「厄払い祈願」をお申込みください!

■初穂料

東京大神宮の厄除祈願や厄払い祈願を申し込む場合、個人の場合は1人あたり5000円・法人の場合は10000円から初穂料のお納めが必要になり、希望の予算に合わせて金額を選ぶことができます。収める金額によって、授与されるお札の種類やご祈祷後にいただく「厄払いグッズ」が変わってきます。ちなみに「厄払いグッズ」の中には、お札をはじめ、お神水やお神酒さらには海苔や入浴剤、福財布まで入っていることもあるのだとか!毎年少しづつ中身が変わるそうで、何が入っているのかつい気になってしまいます!

徒歩で行ける!東京大神宮の周辺スポット

神楽坂通り

路地の奥に隠れた名店や老舗が立ち並ぶことで知られる、神楽坂。かつては芸妓屋た遊女屋が集まる区域だったため神楽坂には、今でも独特の雰囲気が漂います。グルメや和物のショッピングを楽しみながら、周辺に残る神社仏閣を参拝するのも楽しいですよ。東京大神宮から徒歩約9分の場所にあるので気軽に立ち寄れる名スポットです。

基本情報
名称:神楽坂通り
住所:東京都新宿区神楽坂3丁目2−16
アクセス:飯田橋駅、神楽坂駅、牛込神楽坂駅より徒歩1分
公式サイトURL:http://www.kagurazaka.in

東京ドームシティ

東京大神宮から徒歩15分ほどの場所にある、東京ドームシティ。友達やカップルはもちろん、家族でも楽しめる遊園地です!休日を中心に連日多くのイベントが行われるので、チェックしてからのお出かけをおススメします。シンボルでもある大観覧車の真ん中を通るジェットコースターをはじめとした人気アトラクションも盛りだくさんです。ライトアップが綺麗な夜は、デートスポットの定番としても大人気です。

基本情報
名称:東京ドームシティ
住所:東京都文京区後楽1−3−61
アクセス:総武線水道橋駅より 徒歩1分
公式サイトURL:https://www.tokyo-dome.co.jp

LaQua (ラクーア)

東京ドームシティの奥にある複合商業施設です!流行を先取りしたショップからレストラン、さらにはスパまで揃う施設内は、ドームシティと合わせてゆっくりと1日時間を過ごせるスポットです。参拝、アトラクションとショッピングを楽しんだあとに、スパラクーアで1日の疲れを癒す極上コースがおススメです。

基本情報
名称:LaQua(ラクーア)
住所:東京都文京区春日1丁目1−1
アクセス:後楽園駅より 徒歩約1分
公式サイトURL:http://www.laqua.jp

東京国立近代美術館

明治時代後期から現代に至るまでの美術品が約9000点も収蔵されている美術館です。美術館と工芸館、フィルセンターから成る美術館にはそれぞれ複数の展覧会が随時開催され、多種多様の展示が楽しめます!普段なかなか触れられない「美の世界」を覗いてみてはいかがでしょうか。東京大神宮から徒歩約20分の場所にあります。歩けない距離ではありませんが、最寄り駅の「竹橋駅」から徒歩3分で到着するのでそちらのアクセスがお勧めです。

基本情報
名称:東京国立近代美術館
住所:千代田区北の丸公園3-1
アクセス:東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分(美術館)
      地下鉄東西線竹橋駅1b出口より徒歩8分(工芸館)
営業時間:10:00~17:00(金曜は〜20:00) 入館はそれぞれ閉館の30分前まで
定休日:月曜(祝日、振替休日は開館、翌日休館) 展示替期間、年末年始
料金:大人430円 大学生130円 18歳、高校生未満無料
    (無料観覧日あり)
公式サイトURL:http://www.momat.go.jp

前の記事へ 次の記事へ