西郷隆盛像(上野公園)とは?西郷さんの魅力と豆知識をご紹介!

あそびのジャンル
タグ

東京都台東区の「上野恩賜公園(上野公園)」には、幕末の武士であり、政治家、軍人でもあった西郷隆盛を讃えることを目的に建立された、「西郷隆盛像」があります。高さ370.1センチメートルの堂々たる体躯で、しっかりと前を見据える姿は、上野のランドマーク、また東京のシンボルとして人気を集めるスポットとなっています。

「西郷隆盛像」とは?

東京「上野恩賜公園(上野公園)」の西郷隆盛像は、西郷の死後21年が経過した1898(明治31)年の12月18日に除幕式を行い、公表されたものです。製作に先駆けた1889(明治22)年の大日本帝国憲法発布大赦により、明治政府に逆らう「逆徒」としての西郷の汚名が解かれたのをきっかけに、薩摩出身である吉井友実らが中心となって建設が計画されました。1868(慶応4)年の江戸城無血開城により、江戸の町を戦火から救った功績を讃えるため、宮内省からの500円の下賜に加え、全国25,000人を超える有志の寄付金が集められ、荘厳な銅製の彫像が完成したのです。

銅像の西郷隆盛は薩摩犬の愛犬「ツン」を連れて、うさぎ狩りに出かける姿をモチーフとしたとされています。「西郷隆盛」自身の部分は高村光雲、愛犬「ツン」の部分は後藤貞行の手によるもので、鋳造は岡崎雪聲によって行われました。

身長370.1センチメートル、胸囲256.7センチメートル、足のサイズ55.1センチメートルという堂々たる姿は、正面から見ると体に対して少し頭が大きいようにも見えますが、これは地上から見上げた時にバランスよく見えるようにとの配慮によるもの。「上野の西郷さん」と呼ばれて、製作から100年を超える今も多くの人々に愛されています。

「西郷隆盛像」の見どころ

なぜこの姿?

当時、偉人を顕彰する銅像では、多くの場合正装姿がモチーフとされるのに対し、「西郷隆盛像」は浴衣姿で愛犬を連れた庶民的な姿。これは、一切の名利を捨てて山に分け入る姿に、西郷の飾り気のない人物像を投影したものと言われています。元は大将姿の騎馬像を製作する計画もあったようですが、資金不足で叶わず。また、人気の高い西郷の大将服姿の像は、反政府的な機運を醸しかねないという政治的な意図も働いて、日常を連想させるイメージのこの姿が採用されたとされています。とはいえ、公開された像を見た西郷糸子夫人は、このカジュアルな姿に「本来の姿を投影したものではない」と、不平を漏らしたとも言われています。

「西郷隆盛像」は他にもある!?

国民から高い人気を集める西郷隆盛は、日本各地に像を建立されています。中でも有名なのが「上野恩賜公園(上野公園)」、鹿児島県鹿児島市の鹿児島市立美術館近くのもの、同霧島市「西郷公園」にあるものの3体です。
上野の「西郷隆盛像」以外の2体は、鹿児島市のものが1937(昭和12)年、霧島市のものが1988(昭和63)年と、いずれも昭和に入ってから公開されました。鹿児島市の西郷像は正装で直立不動の姿であり、生きていればきっと糸子夫人を満足させるものとなったことでしょう。霧島市の西郷像は西郷隆盛没後100年を記念して京都に建立される予定のものでしたが、完成後に計画が頓挫し、しばらく倉庫に放置されたものが発見されて現在の場所に誘致されたというエピソードも残っています。

前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS