高千穂神社

宮崎県 日向・延岡・高千穂
  • 神社・仏閣

基本情報

名称

高千穂神社


タカチホジンジャ

住所

〒882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037


地図を見る
アクセス方法 ・高千穂バスセンターから徒歩で15分 【タクシー・車で5分程度】
連絡先 問合せ先 電話番号:0982-72-2413
ホームページ http://takachiho-kanko.info/

別称十社大明神。垂仁天皇時代の創建と伝えられる。安永6年(1778年)に延岡藩主内藤政脩(まさのぶ)により造営されたものです。毎年旧暦12月3日に、神楽の始まりとされる「猪掛祭り」がある。春の例祭は毎年4月16日で高千穂峡への浜下り神事がある。

詳細情報

文化財 国重要文化財 鉄造狛犬一対【昭和46年6月22日に国の重要文化財に指定】 国重要文化財 本殿【平成16年7月6日に国の重要文化財に指定】
祭神 ニニギノ 高千穂皇神として、日向三代(ニニギノミコト、コノハナサクヤヒメノミコト、ヒコホホデミノミコト、トヨタマヒメノミコト、ウガヤフキアエズノミコト、タマヨリヒメノミコトを祀り、また、十社大明神として、神武天皇の兄弟神ミケイリノミコトを祀る。
ご利益 縁結び 夫婦円満、諸願成就。境内の夫婦杉を手を繋ぎ時計回りに3周すると、円満になるといわれております。
植物 スギ 境内には樹齢800年の秩父杉や、根本は一つで幹が二つの夫婦杉がある。御神木と言われる“メアサ”という杉の木も立派です。

周辺のスポット