在来種の展示からマニアックな飼育ツアー、クイズラリーまで!サンシャイン水族館で日本の爬虫類・両生類について学んじゃお【東京】

あそびのジャンル
タグ

家族で田舎に帰省すると聞こえてくるケロケロ・ゲコゲコの正体といえば、カエルですよね。都会ではめっきり見なくなりましたが、ふれあいイベントで出会って触ったことのある子どもたちも多いはず。触れた肌の質感はしっとり・ツヤツヤで、手のひらに乗せるとなんとも愛らしい表情でこちらを見てきてたちまちトリコに!飼ってみたいと我が子におねだりされたパパママもいるのでは?

とはいえ、カエルの種類や生態について詳しく聞かれると、思わず「う〜ん…」ってなっちゃいますよね。カエルについてもっと知りたいならば、まずは日本の在来種から学びを深めるのがおすすめです。池袋のサンシャイン水族館では、6月16日から「かえるとかめ~にほんに暮らす愛すべき生き物たち~」がちょうど始まりますよ。

アソビューでチケットをチェック!

今回の主役はカエルやカメ。どちらも田舎や緑の多い都心エリアで見かける身近な生き物たち。日本の在来種代表といえば、モリアオガエルとニホンイシガメですが、彼らはミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)やアメリカザリガニなどの条件付特定外来生物の脅威により、年々個体数を減らしているんだそう。そんな在来種に注目し、魅力とともに今後の棲息環境についても考えるのが本イベントの醍醐味なんです。

会場では、基礎知識として日本のカエルとカメについての知識をおさらい。解説パネルでは在来種の生態や外来種の脅威について解説します。食物連鎖の仕組みもわかりやすく解説し、「彼らの暮らしを守るために、私たちは何をすべきなのか」を家族で考えるきっかけも与えてくれます。

続いては、よりディープな「マニアックツアー」(1,000円)へ。こちらは有料のバックヤードツアー。水族館で暮らす爬虫類や両生類を紹介しながら、プロの飼育スタッフならではの目線から生解説が聞けちゃえます。生き物のことがより大好きになるとっておきの秘密が知れるかも?爬虫類ツアーは6月25日・7月8日、両生類ツアーは6月24日・7月9日開催で、それぞれ約40分間です。

カエルとカメ気分で館内を巡りながら情報を集める「かえるとかめのプロフィール帳」も無料配布。プロフィール帳が完成するころには、前よりもさらに知識が増えているはず。ぜひ我が子と一緒に、生き物を眺めながら空欄部分を楽しく埋めてみて!

館内では不定期でお散歩タイムも実施。バックヤードで暮らすムツアシガメの“ムッちゃん”や、ビルマホシガメがマリンガーデンをゆったり歩く姿を目撃できるかも?ショップには両生類・爬虫類グッズがたくさんあるので、こちらも要チェック。

夜間には館内を使った謎解きイベント 「サンシャイン水族館×リアル謎解きゲーム第4弾『今日だけのカエリミチ』」(1,000円)も実施予定。まさに朝から晩まで生き物とふれあえるサンシャイン水族館。屋内展示が多いので梅雨時期の観光にもぴったりです。初夏の思い出づくりに、親子で1日たっぷり遊んでくださいね!

アソビューでチケットをチェック!

<文=相川真由美>
※掲載されている情報は公開日のもので、最新の情報とは限りません。最新情報は必ず公式サイトでご確認ください。

【関連記事】

◆有名な絵画の世界に入って探検できる!360度アートに囲まれる新感覚のミュージアムイベントで癒されよう【大阪】

◆“埼玉の北欧”で夏至祭が開催!伝統のザリガニパーティーや焚き火、湖畔のマーケットでミッドサマーをお祝いしてみない?【埼玉】

◆子どもの席が無料になる野球観戦デー!試合直後のグラウンドを歩けるイベントや北海道最大級のアスレチックで遊び尽くそう【北海道】

豊島区(東京都)周辺の遊び・体験・レジャー情報はこちら!

家族で楽しめる遊び•体験•イベントの最新情報をいち早くお届け!
Instagram「親子アソビュー!」をフォローしよう
  • 1
前の記事へ 次の記事へ
この記事を友だちにシェアする

おすすめ特集

アソビュー!公式SNS