ミキモト真珠島 完全ガイド。海女の実演や展示内容から割引クーポンまで

あそびのジャンル
博物館・科学館
タグ

三重県鳥羽市にある「ミキモト真珠島(しんじゅしま)」は、真珠の魅力に触れて、学べる施設です。「ミキモト」という言葉を聞くと、真っ先にジュエリーを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。日本だけにとどまらず、海外からも高い評価を得る「ミキモトパール」。今回はそんな女性の美を飾るミキモトパールの魅力を、実際の取材を元にご紹介します。

ミキモト真珠島とは?

三重県鳥羽市にある「真珠島」は、ジュエリーブランド「ミキモト」創業者の御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功した島です。現在は「ミキモト真珠島」として、真珠をテーマにした観光施設となっており、「真珠の歴史」や「養殖方法」、さらにはココでしか目にすることができない「海女の実演」など、真珠にまつわる全てを知ることができます。

昭和4年、創業者の御木本幸吉が特定の客人を受け入れる民間外交の場としてオープンした真珠島。その後、昭和26年に一般公開されてから現在まで、5000万人以上の方が島を訪れています。国内はもとより、様々な国から観光で訪れる方が多く、なかには二日連続で訪れる人もいるそうです。また、過去にはあのイギリスのエリザベス女王もお見えになっているのだとか!

それではさっそく、私たちもミキモト真珠島の魅力を知る旅に出かけてみましょう。

ミキモト真珠島の料金

まずはミキモト真珠島の料金をご紹介!【 】内は障がい者割引の料金となっており、介護人もそちらの料金が適応されます。

個人

団体(20名様以上)

学生団体

※引率の教職員は無料

ミキモト真珠島の割引クーポン

次は、ミキモト真珠島で使える割引クーポンや前売りチケットをご紹介していきます。お得なサービスを利用して鳥羽観光を楽しみましょう!

【入場料最大300円引き】ミキモト真珠島 お得な前売りクーポン

こちらは入場料が最大300円引きになるお得な電子チケットです。スマホでの事前購入チケットなので、入場時も入り口でスマホを見せるだけととてもスムーズ!発券の手間などがなく、すぐに利用できるのでぜひご活用ください。

コンビニ前売りチケット

コンビニで購入できる前売りチケットもあります。全国の「セブンイレブン」「ローソン」「ミニストップ」「ファミリマート」「サークルK」「サンクス」で購入可能。価格も通常価格1,500円から1,200円になりお得です。会社帰りや遊びに行く途中などにでも、コンビニに立ち寄って購入できるのが魅力となっています。

ミキモト真珠島の営業時間

ここではミキモト真珠島の営業時間をご紹介していきます。閉園1時間前からは入場できなくなるので注意してくださいね!

2016年営業時間

3月19日~4月28日

4月29日~5月4日

5月5日~8月10日

8月11日~8月15日

8月16日~10月31日

11月1日~11月30日

12月1日~12月12日

12月16日~12月25日

12月26日~12月31日

2017年営業時間     

ミキモト真珠島の所要時間

ミキモト真珠島を全て見て周るのに必要な時間をご紹介!大体の目安を知って、効率よく鳥羽を観光してください。

所要時間

大方の人がこのくらいの時間でミキモト真珠島を見て周りますが、半日ほど滞在する人もいるようです。ご自身の関心度と照らし合わせてお考えください。

ミキモト真珠島のアクセス方法

ここではミキモト真珠島へのアクセス方法をご紹介していきます。少しややこしい箇所もあるので、お出かけの際はしっかりチェックしてしてくださいね。

駅からミキモト真珠島までの行き方

ミキモト真珠島の最寄り駅は、三重県の「鳥羽駅」。近鉄のほか、JRも通っています。

改札を抜け、1番出口を進むと、見渡す限り広大な海が目に入ります。

取材当日は5月ながらも気温が25度前後ある夏日和。しかし、海沿いの街ということもあり、心地よい海風を肌で感じながら、気持ち良く歩くことができました。そして、鳥羽駅から歩くこと約10分。目的のミキモト真珠島が見えてきました。

入口でチケットを購入後、島へと続くパールブリッジを渡ります。

辺り一面に広がる鳥羽湾を目にしながら島へと向かう瞬間は、まさに非日常空間そのものです。

電車を利用する場合

東京方面から

大阪方面から

京都方面から

車を利用する場合

東京方面から

名古屋方面から

大阪方面から

京都方面から

ミキモト真珠島の駐車場情報

車を利用する場合気になるのが駐車場情報。ここではミキモト真珠島の駐車場情報をご紹介します。

3つの駐車場

料金

駐車場を利用する際の注意点

「ミキモトパーキング」へ車を停める場合、鳥羽駅を過ぎて最初の信号を通り過ぎるとコーナーの出口あたりに大きな「P」の看板が出てきます。ここが駐車場の入口になるので、左車線を走行しておいてください。

また、乗用車、観光バス、マイクロバスが停められる「専用駐車場」を利用する場合は、鳥羽駅を過ぎて2つめの信号を右折します。右折する際ガード脇に専用駐車場への案内が出ているの、それに従って進みましょう。ガードをくぐって最初の信号を左折すると、すぐ左側に駐車場があります。

ミキモト真珠島内は自然がいっぱい

ここからはミキモト真珠島の内部を詳しくご紹介していきます。

「WELCOME」と書かれた通路を抜け、まず目に入ってきたのは伊勢志摩の植物が美しいたたずまいを見せる風景。緑いっぱいの島内から見る鳥羽湾は、また違った表情をのぞかせます。

真珠にまつわるモニュメントや石碑などが、至る所に置かれています。

そしてしばらく進むと、大きな「御木本幸吉銅像」が見えてきました。右手に持つ杖は、大正天皇の皇后である「貞明皇后」からの贈呈品。御木本氏は大切なお客様が見えるとき、必ずこの杖を持ってお迎えしたというエピソードが残っています。

真珠博物館を見学しよう!

銅像のすぐそばにあるのが、メイン施設でもある「真珠博物館」です。

ここでは、真珠の養殖方法やネックレスを作るまでの工程、さらにアンティークジュエリーを始めとした貴重な品が展示されています。まずは、真珠の基礎でもある養殖真珠ができるまでの仕組みを学んでいきましょう。

真珠貝は全部で6種類

世界中には10万種類ほどの貝が存在しますが、真珠の養殖に使用される「真珠貝」は主に6種類。

日本で主に使用されている「アコヤガイ」。

黒い光沢があり、黒真珠を作る際に使用される「クロチョウガイ」。

真珠貝の中で一番大きく、南洋珠と呼ばれる大粒の真珠を作る際に使用される「シロチョウガイ」など、6種類すべての貝が実際に展示されています。

では、これらの真珠貝を使い、どのように養殖真珠が作られているのでしょうか。その方法を学んでみましょう。

養殖真珠ができるまで

貝の体内にある「外套膜(がいとうまく)」。これが真珠を作る働きを持っている部分です。

まずは、母貝となる貝に外套膜を移植し、そこに密着させるように貝穀を加工した「核」と呼ばれる物を送り込みます。小さな真珠であれば、ひとつの貝から2~3個ほどできるのだとか。その後、2年ほどかけて貝を管理し、養殖真珠が誕生するのですが、宝飾品として商品となるのは全体の30%ほど。本当に良い物は5%ほどしかできないのです。

さて、無事に核入れが済んだからといって、ただ2年貝を放っておけば良いというわけではありません。その間も、細かい貝の管理が必要なのです。特に養殖中は、海の中を漂う様々な物が貝に付着します。そのまま放っておくと、貝が死んでしまうので、定期的に掃除をする必要があるのです。

道具を使い、一つひとつの貝から付着物を取ったり。

こちらの大型の機械では、ネットに入ったままの貝に勢いの水を当てることで付着物を取り除くことができます。特に夏場は、一週間~十日に1回程度この作業をする必要があります。このような手間暇をかけることにより貝を守るのはもちろん、掃除が良い刺激となり、貝がさらに元気になるのです。

貝からの緊急メールが届く?

また、一風変わったこちらの機械は、貝がお喋りをして海のことを教えてくれる「貝リンガル」と呼ばれる物です。赤潮の発生などのトラブルが発生すると、あらかじめ貝に取り付けられたセンサーが貝の開閉を読み取ります。緊急時は携帯電話などに警告メールが届くようにもなっているのです。

貝から顔文字付きのメール……。緊急事態ではあるのですが、そのかわいらしさに思わずほっこりしてしまいそうです(笑)。

待望の浜揚げの瞬間

そして、2年の月日が経ち、いよいよ待ちに待った「浜揚げ」の作業です。

貝から身を取り、真珠だけを取り出します。この際、貝柱は食用になり、砕かれた身は肥料として再利用されます。

そして、ぬめりをとるため、海水と一緒に置けに入れて取り出したものが、浜揚げ珠。その後、宝飾品としての厳しい選別をされる過程にうつるのです。

ネックレスができるまでの工程

ミキモトの代名詞とも言える、パールネックレス。このネックレスも、様々な工程を経て作られています。

まずは、最初の工程で「良い真珠」と「悪い真珠」に分けます。もしかすると、「せっかく作った真珠を使わないのはもったいない」と思う人もいるかもしれません。でも、安心してください。

使えない真珠は、ミキモト化粧品など別の部分で利用されるのです。

その後、選別された真珠はドリルを使い穴開け作業が行われます。

そして、人の目で一つひとつ真珠を揃えていく連組作業へと取り掛かります。こちらは、最初に基準となる真珠を決め、それに近い色や光沢真珠を揃えていくという作業です。

この作業では、ネックレスにしたとき、色や光沢が揃うように瞬時に真珠を見極める必要があります。ただ、実際に映像で作業風景を見た筆者は、頭の中が「???」状態に。ものすごいスピードで作業を進める様は、まさに職人技! ぜひ、来島した際はこのプロの技をご覧になってください。

実際に体験できるコーナーもありますよ。

展示されたジュエリーを覗いてみよう!

天然の真珠の時代

真珠博物館の中には、様々なジュエリーも展示されています。こちら「天然の真珠の時代」では、その名の通り、天然の真珠が使われているジュエリーが展示されています。

一番古い物は、こちらの紀元前後(帝政ローマ時代)のネックレス。なんと、今から2000年ほど前の貴重な品なのだそう。真珠の歴史って、本当に奥が深いのですね。

他にも、いびつな形をしたバロックパールを動物の体に見立てたジュエリーや、髪の毛を使ったジュエリーなど、一風変わった品がたくさん展示されていました。

ミキモト美術工芸品

「ミキモト美術工芸品」のコーナーでは、無数の真珠を散りばめた美術工芸品が展示されています。

養殖真珠誕生から100周年を迎えた1993年に制作した「夢殿」。

こちらの「地球儀」は、海は真珠、大陸は22金、赤道はルビー、横道はダイアモンドで作られており、銅版には四季折々の草花が彫金されています。

また、昭和12年にパリの万博に出品された帯留「矢車」は、12種類のデザインを持つジュエリー。ドライバー1本で部品の分解や組み立てができ、12通りの使い分けができる多機能ジュエリーなのです。

他にも、奈良法隆寺の五重塔をモデルに制作された「五重塔」や、アメリカの独立宣言で打ち鳴らされた「自由の鐘」を3分の1に縮小した工芸品など、普通ではお目にかかれない貴重な物がたくさん展示されています。

海女の実演を見てみよう!

博物館を見学していると、館内に海女の実演をお知らせするアナウンスが流れました。さっそく「海女スタンド」へと向かうと、実演の瞬間を今か今かと待つ大勢の観光客の姿が目に入ってきました。

真珠の養殖が始まった当初、海女は養殖において必要不可欠な存在でした。今現在は技術が発達し、海女が海に潜る必要性はなくなりましたが、昔ながらの海女の作業を知ってもらうため、真珠島では今も一年を通し海女の実演が行われています。白い磯着姿の海女が見られるのは、今ではここ真珠島だけなのです。

実演の時間になると、「海女船」と呼ばれる船に乗り、昔ながらの白い「磯着」を着た二人の海女が登場しました。

海の深さは6メートル。勢いよく船から飛び込み、海に潜る海女たち。

しばらくすると、貝を手にして海面へと戻ってきます。迫力ある海女の実演は、その場にいる者を虜にする美しさです。

また、実演中に私たちの耳に届いてきたのが、海女がピューと吹く口笛の音。これは「磯笛」と呼ばれます。海底深くもぐり、海面に浮かびあがった瞬間、急に大きな呼吸をすると肺や心臓を傷めるため、磯笛を吹くことで呼吸の調節を行うのです。

この磯笛は「日本の音風景100選」にも選ばれています。まるで鳥たちがさえずるかのような心地良い音色を、ぜひ、実際に聞いてみてください。

「御木本幸吉記念館」を見学しよう!

海女の実演を見終わったあとは、美しい植物に囲まれた庭園を散歩しつつ、島の奥にある「御木本幸吉記念館」へと向かいましょう。この記念館では、ミキモト真珠島の創業者である御木本幸吉の生涯を年代ごとに紹介しており、彼が大成するまでの流れや人間的な側面についても語られています。養殖真珠の原点を知るうえで、欠かせないスポットなのです。

入ってすぐ、目に飛び込んできたのは、忠実に再現されたうどん屋「阿波幸」。ここのうどん屋の長男として誕生したのが、創業者の御木本幸吉なのです。

九人兄弟の長男で、弟妹の面倒もよく見ていた幸吉は、子ども心に「鳥羽でせめて三番目の金持ちになりたい」と夢見ていました。そして、さまざまな商売を経験するなかで志摩の名産だった真珠の魅力に着目したのです。

こちらは、幸吉が真珠に興味を持ち始めたきっかけとなった「ケシ真珠」です。

幸吉はまず真珠の養殖ではなく、貝の増殖から始めます。そして、さまざまな人の意見を取り入れながら、真珠の養殖へと取り組んでいったのです。

途中、英虞湾の貝が赤潮で全滅し、落ち込むこともありました。しかし、家内であるうめ夫人が彼を励ましたことで、現ミキモト真珠島である相島(おじま)で世界初の養殖真珠が誕生したというエピソードも知ることができました。

その他、記念館では10分ほどのアニメーションで子どもたちにわかりやすく幸吉の生涯を紹介するコーナーもあります。また、幸吉がトーマス・エジソンからいただいた手紙や、再現された家の様子など、彼の生涯を余すことなく知ることができます。

なにより、御木本幸吉という人物は野心があり、努力家。とても芯のある人物だったということがわかる場でもありました。

企画展も開催中!

ミキモト真珠島では企画展も開催中。取材時開かれていた企画展をご紹介します。

女性憧れのクラウンが間近で見られる

現在開催中の企画展「CROWN(クラウン)」では、イギリス王室の宝物コレクションのレプリカや、日本さくらの女王やミス・インターナショナルのためにミキモトが手がけたクラウンなどの展示がされています。こちらは、2017年3月26日までの期間限定イベントとなっています。

女性なら誰もが一度は憧れたことのあるクラウン。日常の中でなかなかお目にする機会のないものだからこそ、このチャンスを逃さずに訪れてはどうでしょうか。

お土産やお食事はパールプラザで!

ここではショッピングと食事が楽しめる「パールプラザ」をご紹介します。

鳥羽湾を眺めながら絶品料理が堪能できるレストラン「阿波幸」

 

真珠をモチーフにしたユニークなメニューや、アコヤ貝の貝柱などが魅力のレストラン「阿波幸」。

広々とした店内には大きな窓があり、そこから鳥羽湾が一望できます。晴れた日には濃いブルーをした海が、青い空と重なり絶景が見られるでしょう。

島内を歩き、お腹が空いた頃合いで鳥羽の味に舌鼓を打ってみませんか?

オススメのメニューをご紹介!

真珠うどん \1,000

伊勢うどん、貝柱しょうゆ煮、小鉢、うずらのゆでタマゴがセットになったメニューです。極端に太い麺が特徴的な伊勢のうどんを楽しんでください。

真珠定食 \1,500

伊勢うどん、貝柱しょうゆ煮、貝柱フライ、貝柱うに和え、うずらのゆでタマゴ、貝柱入り 炊き込みご飯がセットになったメニューです。伊勢うどんとアヤコ貝の貝柱をふんだんに使用した一品となっています。

海の幸ピラフ \1,200

貝柱入りシーフードピラフにサラダが付いた一品。阿波幸自慢のアコヤ貝柱を使用し、小さな子供でも食べやすい美味しいピラフです。

パールショップで真珠にまつわるお土産を買おう!

 

パールショップでは、ミキモト真珠島オリジナル商品を始めとした、様々な商品を手に入れることができます。

今現在、ショップ内で一番高い品物はこちらの「シロチョウガイ真珠」。そのお値段、なんと3,400万円!値段はもちろんのこと、その大きさや輝きに思わず目を奪われてしまいました。

また高価なものではなく、ミキモト真珠島を訪れた記念になるお土産も販売しています。ここではそれら一部をご紹介!

オススメのお土産

パールアイランドマドレーヌ(10個入り) \1,512

ミキモト真珠島で人気No.1のお土産がこれです!アコヤガイから抽出したパールシェルカルシウムを配合し、可愛らしいアヤコ貝の形に焼き上げたオリジナルのマドレーヌとなっています。

ドーマン・セーマンアクセサリー \500

キレイに磨いたアコヤガイの貝殻に、この地方に伝わる魔除けのマーク「ドーマン・セーマン」が掘りこまれたアクセサリーです。ひとつひとつ手作業で掘りこまれた、ミキモト真珠島ならではのお土産となっています。

人々の憧れが詰まった場所。それが「ミキモト真珠島」。

国内外問わず、世の女性を長年魅了し続けるミキモトのパールジュエリー。その秘密は、創業者の御木本幸吉が生涯を通して残した努力と功績。そして、貝を大切に扱う養殖技術から生み出されていたのです。

そんな真珠の魅力にくぎ付けになってしまうこと間違いなしのミキモト真珠島は、これからも多くの女性たちを輝かせ続けることでしょう。鳥羽市に来た際は、ぜひ足を運んでみてください。

前の記事へ 次の記事へ